2019年09月18日

言霊の華 第五四六号

『「和」の心と「学習者」意識』


私は若き頃から「お人好し」呼ばわりされてきたものです。きっと現在(いま)でもそうなのでしょう。自らの習性として怒り、憎しみ、恨み続けることなど根っからできません。どんなに怒(いか)ったとしてもそれを持続などできないのです。切り換えが早く、感情をリセットして心に明るさを取り戻します。


禊の世界に身を置くようになってからは更に嫌いな人が皆無となりました。私個人に限らず、総じて日本人とはそう言う人種だと思われます。「水に流す」を信条として「和」を重んじてきたのでした。


縄文来、日本のような共同体で生きてきた人々は助け合い、分かち合い、睦み合いの文化と伝統を見事に作り上げることができたのです。その心性はいまでも日本人の心の奥深くまで息づいているに違いありません。


歴史を見ても凄惨な大殺戮などもなく、勝者が敗者の一族を皆殺しにしたり、奴隷化したりしたこともないのです。中国も中東もヨーロッパも皆殺しなど常習でした。墓まで暴いて死者に鞭打つことまでするのです。


十六世紀、スペインが中南米で働いた暴虐で原住民を約一億人、少なく見積もっても約四、五千万人殺害しました。ハワイ諸島では三〇万人いた原住民が、アメリカが強奪してから五万人にまで減少したのです。日本にはそのような歴史などありません。


それどころか一瞬にして三〇万人が殺された広島・長崎の原爆。一夜にして十万人以上焼き殺された東京大空襲。それなのに戦後、それを赦し、恨むことなく、怒り憎しみ続けることなく、仲良くなってしまうのです。あれだけ鬼畜米英と罵っていたにも関わらずです。


怒りや憎しみに生きられないのが日本民族の体質なのです。お隣の韓国と言えば何故あそこまで怒り憎しみ続けられるのでしょう。それも歴史の事実を曲げ、嘘を捏造してまで。


日本は朝鮮を植民地にしたことなどありません。併合したのです。それは当時、国際条約の元、世界が認めたものでした。


巨額のインフラ政策を推し進め、ダム建設、学校、大学、病院、道路、鉄道、街の整備、農地の土壌開発、港湾整備、建設。工業化の推進。腐敗した官僚組織であるヤンバン制度の解体。奴隷制の廃止。


そればかりではありません。朝鮮の貴族約三百人以上に爵位まで授けたのです。日本はあくまで本国と同等化を推し進めたのでした。このような植民地など世の中にあるわけがないのです。


また、先の戦争では日本は朝鮮と戦争はしていませんし、朝鮮はあくまでも日本国であり日本人だったのです。徴用工も日本並かそれ以上の手当てが支払われていました。慰安所の慰安婦たちも多額な報酬を手にし、実家に送金したり、休みにはショッピングしたりもしました。それなのに何故「性奴隷」呼ばわりするのでしょう。


以前にも述べましたように、朝鮮には数多くの侵略され続けて来た長い歴史の事実があり、恨(ハン)の情念もその中から培われてきたものだと思われます。それが被害者意識の強さとなるのです。


被害者意識は加害者意識に転変し、そして劣等感は優越感に転変します。このような隣人が側近くにいたらさぞかし疲れることでしょう。やがて人は必ず離れて行きます。


成熟した大人は常に被害者意識などを持たず、学習者意識に生きようとし、内省力を高めて行くのです。嘘までついて自己正当化し、自分を守ろうとするのは子どもの証拠でしょう。


韓国を馬鹿にせず、彼(か)の国の為に祈って上げましょう。それが和の国の使命ですから。


合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

-------------------------
【ご案内】
-------------------------

【美し国関西6周年】

★激動の世界と日本の覚悟〜令和の時代をどう生き抜くか〜★

【講師】
・呉 善花
・河添 恵子
・菅家 一比古
・堀内 明日香

【日時】11月10日(日)
講演会14:00〜16:40  懇親会17:00〜19:00

【会場】アートホテル大阪ベイタワー(弁天町駅直結) 4階

【参加費】事前申込・支払制
1)講演会のみ 3,000円(一般・美し国会員共通)

2)講演会+懇親会 10,000円(一般)

3)講演会+懇親会 8,000円(美し国会員)

※学生に限り、講演会の無料招待枠あり(限定50名・事前申込)
注:懇親会の当日申込は承りません。

◆申込・詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/20191110-event/

--------------------------

【美し国経営者連盟】
−志ある真のリーダーとなりえる者たちの研鑚の場−

テーマ:経営者よ、やまとごころを持とう!

ゲストスピーカー:赤塚高仁氏  
赤塚建設株式会社 代表取締役


日時:10月16日(水)19:00〜21:50

会場:神楽坂セミナールーム

参加費:10,000円(食事代込)
経営者連盟会員:無料

=========================

posted by 事務局 at 12:57| Comment(0) | 言霊の華

2019年09月11日

言霊の華 第五四五号

『幸運が幸福になるために』

宝クジに当たった、一流大学に合格した、一流企業に入れた、結婚できた、子どもが生まれた等々。これは確かに幸運であり悦ばしいことです。

しかし幸運が必ずしも幸福に繋がるとは限りません。寧ろそれが仇になることさえあるのです。その幸運をどのように生かすのか。幸田露伴の言葉に「惜福(せきふく)の工夫」があります。福(幸運)を全部使(遣)い果たさないこと。「腹八分目」とあるように福は七分目程度に抑えておくのが無難です。

イエローハットの創業者である鍵山秀三郎先生は常にそのような生き方をされてきました。例えば欲しいと思うものが高級であり高価な物であれば一ランク下げる。食べ残ししないようにあらかじめ分量を減らす。宴会時間が六時から九時であれば、八時四十五分で全て撤収する。その蓄積こそ自分の目に見えない徳となり、財産になると仰います。

兎に角、使い果たすのが良くないのです。

霊能者と言われる人たちの中には、霊的力を使い過ぎたり過信したりして寿命を縮めた方々が多くいます。それは生命を削る行為に等しいからなのです。私の師匠の故中西旭先生はそれを厳しく戒めておられました。

我々の場合、日々禊をしているため、それが惜福に繋がり霊的泉は枯渇などしません。禊こそ最高の下坐行(げざぎょう)と言われている理由(わけ)は、禊の時は大自然生命に対し身を縮め、身を低くして神々に全託できているから。謙虚な姿こそ神が最も愛されるのです。

禊をすることにより魂の岩戸開きがなされ、霊魂(みたま)が目覚め喜びます。霊魂には万徳(よろずのとく)が備わっており、人生の主役こそ霊魂であって肉体などではありません。

神社参拜したり、禊したり、お山登拜したり、愛他行したりするのは、私の中の神、即ち霊魂がそれをさせているのです。

幸運が訪れたなら、それを霊魂の願いが叶うために活用しなければいけません。幸運が幸福に結びつくためには、幸運というご縁を生かし、人のお役に立ち、自己を成長させねばならないのです。

幸運でなくても、試練の連続であったとしても幸福になることはできます。何度失敗しても何度も挑戦できる。自分の可能性を信じ、自分の価値を認めている人。たとえ達成できなくとも悔いはない。このような人は味わい深い人生を生きており、常に「幸福感」を持っているのです。この人こそ「成幸者」と言えるでしょう。

幸福感は所有物の豊かさや、地位や環境で決まるものではありません。「霊魂を生きている」。どんなに貧しくとも魂の願いに生きようとする人は、たとえ生活上の勝利者でなくとも人生上の勝利者となるでしょう。生活と人生は違います。

イエスも仏陀もマザー・テレサも、良寛和尚も決して生活上の勝利者ではなく、それは人生上の勝利者でした。生活上の勝利者を目指すことも必要です。しかし私の主人公は誰か、人生の主人公は誰なのか、それは魂です。

その願いに生きてこそ、幸福感を味わえる真の成幸者と言えるでしょう。


合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

-------------------------
【ご案内】
-------------------------

いよいよ今週土曜日!

【なでしこオピニオンの会】

★葛城奈海と行く!国防ツアー横浜編★
〜海上保安庁資料館(ランチ付)〜

講師:葛城奈海 やおよろずの森代表

●北朝鮮工作船の展示を見学
●同時に回収した兵器、通信機器なども展示 解説あり
●臨場感があり好評です!
●赤レンガ館のレストランで葛城さんを囲んでランチ会

【日程】9月14日(土) 10:20 現地集合  

集合場所:「海上保安資料館 横浜館」入口前
神奈川県横浜市中区新港1-2-1
(赤レンガパーク隣)
最寄:JR「桜木町駅」、みなとみらい線「馬車道駅」など
    

参加費:美し国会員4,500円 / 一般 5,500円

【ツアー内容】
10:20 資料館入口前 集合
10:30 資料館見学(解説付き)
11:15 赤レンガ倉庫レストランへ移動
11:30 葛城奈海さんのお話&ランチ会
13:00 解散

申込・詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/20190914-event/

-------------------------

【美し国関西6周年】

★激動の世界と日本の覚悟〜令和の時代をどう生き抜くか〜★

【講師】
・呉 善花
・河添 恵子
・菅家 一比古
・堀内 明日香

【日時】11月10日(日) 
講演会14:00〜16:40  懇親会17:00〜19:00

【会場】アートホテル大阪ベイタワー(弁天町駅直結) 4階

【参加費】事前申込・支払制
1)講演会のみ 3,000円(一般・美し国会員共通)

2)講演会+懇親会 10,000円(一般)

3)講演会+懇親会 8,000円(美し国会員)

※学生に限り、講演会の無料招待枠あり(限定50名・事前申込)
注:懇親会の当日申込は承りません。

◆申込・詳細→ 
https://www.umashikuni.co.jp/20191110-event/

posted by 事務局 at 11:32| Comment(0) | 言霊の華

2019年09月05日

言霊の華 第五四四号


『先人たちを身近な存在とするために』

世の中で一番身近な存在は家族だと多くの人は答えるでしょう。誰よりも多く接しているし、語り合っているからだとも言えます。しかし「いつも想っている」「いつも考えている」対象は家族だけではない筈。恋人であっても知人友人であっても師弟であってもそうです。

私の場合、それに加えて神々、自然、偉人や英霊たち等も身近な存在だと言えます。日々のお風呂場での祈りと禊。滝、海、清流での禊や数々のお山登拜では神々、大自然生命を身近に捉え、感動と感謝の連続でした。

偉人たちに憧れ恋をし、由縁(ゆかり)の地をどれだけ歩いたことか。そうすることによって、より一層身近な存在となって行ったのです。


戦蹟慰霊鎮魂の旅では英霊たちの魂が身近に迫り、それまでの観念でしか捉えていなかったものが吹き飛んでしまいます。パラオの鎮魂慰霊は二度に及んでいますが、二度目の時は一度目の時とはまた違う新たな氣づきと深い感銘をもたらしました。

訪れれば訪れる程、祈れば祈る程、英霊たちの想いや願いが鬼氣迫ってくるのです。「俺たちが信じた日本、俺たちが愛し願った日本、いま、それがどうなっているのか」とお叱りを受けているような氣さえしてくるのです。そこにははっきりと英霊たちの息遣い、氣配とまなざし、メッセージを感じ取ることができるのです。


八月の終戦記念日前後、多くのテレビ番組で毎年恒例の戦争特集が放映されます。今年もそうでした。中にはただ戦争の悲惨さだけを強調する偏向番組もありました。しかし一方でドキュメンタリー的な番組もあり、それらを録画したものを夏休中に家で観ていました。そして何度も涙したのです。

日頃から英霊たちを想い鎮魂慰霊をし続けている者にとって、それは他人(ひと)事ではなく自分の事としか思えません。私にとって英霊とは最も身近な存在なのです。


49年前、市ヶ谷で自刃(じじん)された三島由紀夫先生もそうでした。自ら「英霊の聲(こえ)」という映画を自主製作した程です。生前三島先生が日本の将来を案じ予言されていたことのほとんどが的中しています。

作家 司馬遼太郎は亡くなる前、「このまま行けば、日本は滅ぶのではないか」と夜中うなされていたと言います。

魂の高い人だからこそ判るのです。その危機感が迫ってくるのです。現在(いま)その危機感をどれ程の日本人が感じているのでしょう。「止むに止まれぬ大和魂」を共有し、救国に動いたのが幕末に出現した勤皇の志士たちでした。危機感がそうさせたのです。


あまりにも騒々しい現代文明。安楽、快楽、享楽に明け暮れ、「自分さえ良ければいい、今さえ良ければいい」とばかり燥(はしゃ)ぐ現代日本人。私はそのような世相にこの頃空(むな)しさを感じてならないのです。誰がこの日本を繋ぐのか、しかも美しい、立派な日本として。

先人たちの想いを冷静に受け留め、祈り、感謝し、少しでも世の中や国家のお役に立てられる人財に育つよう「志」と「誓い」を持たねばなりません。

それが美し国、菅家廊下翔塾の使命なのです。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

-------------------------
【ご案内】
-------------------------

【菅家廊下・翔塾 ベーシック講座】

★日本蘇りを担うリーダーの育成塾

【日程】9月21日(土)〜23日(月・秋分の日) 2泊3日

会場:湘南国際村センター
神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39
TEL 046-855-1800

アクセス<電車>JR逗子駅または京急新逗子駅からバス(30分) タクシー20分
<車>横浜横須賀道路・逗子インターより、逗葉新道路経由で約15分

【受講料】169,600円(宿泊費・食事代含む)

※カード決済・分割納付可能。

申込・詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/20190921-23-event/

-------------------------

【なでしこオピニオンの会】

◆残り5枠となりました。お早目にお申込みください!

★葛城奈海と行く!国防ツアー横浜編★
〜海上保安庁資料館(ランチ付)〜

講師:葛城奈海 やおよろずの森代表

●北朝鮮工作船の展示を見学
●同時に回収した兵器、通信機器なども展示 解説あり
●臨場感があり好評です!
●赤レンガ館のレストランで葛城さんを囲んでランチ会

【日程】9月14日(土) 10:20 現地集合  

集合場所:「海上保安資料館 横浜館」入口前
神奈川県横浜市中区新港1-2-1
(赤レンガパーク隣)
最寄:JR「桜木町駅」、みなとみらい線「馬車道駅」など
    

参加費:美し国会員4,500円 / 一般 5,500円

【ツアー内容】
10:20 資料館入口前 集合
10:30 資料館見学(解説付き)
11:15 赤レンガ倉庫レストランへ移動
11:30 葛城奈海さんのお話&ランチ会
13:00 解散

申込・詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/20190914-event/

-------------------------

【美し国経営者連盟】

★メンバーミーティング・交流会★

日時:9月18日(水)19:00〜22:00

会場:神楽坂セミナールーム

経営者連盟会員:無料

経営者連盟とは→
https://keieisyarenmei.com/

posted by 事務局 at 09:53| Comment(0) | 言霊の華