2021年07月21日

言霊の華 第六三四号

『大きな国力、それは「母」』

成功(幸)者の中に劣悪な生活環境を体験したと云う人が多くいます。とくに幼少年期の苦労の経験が、その後の人生に大きな影響を与え、人間性、人格や思考に深みをもたらします。経済的困難、家族間での葛藤、例えば父親が働かないで一日中酒を飲んで、妻や子らへの暴力が絶えない。よくある話です。

以前NHKの朝の連ドラ「おちょやん」のモデルとなった、「大阪のお母ちゃん」こと喜劇役者で大女優だった浪花千栄子さんの父は見事なダメ父でした。しかし結果的に、国民的人氣の大女優をこの世に送ってくれたのです。

経済的貧困、ダメ父の風景は、一昔前の日本に多くありました。それにより、子ども等は逞しくも育ったことは事実でしょう。その陰には「母」の存在と苦労があり、「お母ちゃんを楽にさせてやりたい」と云う子どもたちの切なる願いや想いが働いていたのです。

日本人にとって「母」と云う存在はエネルギーの源であり、「良心」の源でありました。絶対私を裏切らない、最後の城であり砦であり、それは神にも似た存在です。

これは、今日まで日本の大きな国力を占めていた筈です。試練や逆境の時、心の底に流れ聞こえてくる母のメロディ。現在(いま)も尚、私を信じ励まし続けるそのメロディが流れ聞こえて来る限り、たとえ横道に逸れた私でも再び原点に帰ることができるのです。

「こんなことしたらお母さんが悲しむからできない。」それは昔より多くの日本人が抱いてきた「心性」であり、それが「お天道様が見ている」「ご先祖様が見ている」と重なり、日本人の倫理、規範精神となりました。

日本では「母」をテーマにした文学、小説、詩歌、お能の類(たぐい)は、「父」のそれを圧倒しています。芥川龍之介の小説「杜子春」は、死んでもなお杜子春を愛し見守ってくれている母がおり、それを知った杜子春が俗世の欲から解き放たれ、爽やかに旅立っていく様子が描かれています。

爽やかに生きる、穏やかに生きる、軽やかに生きる。真実の愛、無償の愛を知った者たちに共通する姿と言えましょう。

間もなく終戦(敗戦)記念日が参ります。特攻隊や御英霊たちが渾身の力を振り絞って戦い、散華して逝った時、多くの若者が天皇陛下萬歳の後に「お母さーん」と叫んで散りました。それは宇宙の大海原の懐に回帰して行く姿であり、キリスト教で言う「アーメン」であり、仏教で言う「南無」に匹敵したものでしょう。

「お母さん」とは、即ち宗教そのものなのです。無私無欲、公益無私、則天去私なる精神は、儒教の産物などではなく、太古の昔より日本人が築き上げて来た「母なるもの」からもたらされた伝統的精神だったのです。

現代日本、母としての深い存在的意義は薄れ、国民から公益無私の姿が乏しくなってしまいました。日本共同体を繋ぐ要は「母」です。共同体の基本は家族です。

巷では「自助」「公助」をよく耳にします。「自助」から「公助」に行く前に大切なのは「共助」であり、自助、共助があってこその公助であるべきでしょう。貧しかった頃の日本は助け合うことが当り前でした。常にそれを示してくれたのが「母」です。

日本の伝統的絆の衰退は、母性の低下により求心力が失われ、利己主義が蔓延(はびこ)ってしまった結果起きている出来事であります。日本共同体が弱体化してしまったのです。今起きているオリンピック騒動もワクチン騒動も、さ迷っている日本の姿そのものなのです。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

-------------------------
≪7月イベントのご案内≫
-------------------------
【吉野お山登拝と禊ワンデー】

☆日程:令和3年7月25日(日) 10時〜17時(予定)

☆集合場所:小仲坊
住所:奈良県吉野郡下北山村大字前鬼30

菅家一比古による禊指導と禊の御作法の講義も予定しています。
※登拝は、約1時間を予定。

☆満席となりました。

-------------------------
≪8月以降イベントのご案内≫
-------------------------
【美し国経営者連盟 第25回定例会】

7大陸最高峰世界最年少登頂記録を樹立した
アルピニストが語る!

野口健氏講演会&経営者交流会
21世紀に生きる日本人に捧げる!
『自然と国家と人間と』

講師:野口健
アルピニスト/美し国 副代表

☆日時:令和3年8月2日(月) 19:00〜

☆参加費:経営者連盟会員 無料/一般13,000円

☆会場:美し国 神楽坂セミナールーム

☆詳細・お申込みはこちらから
https://umashikuni.co.jp/event/20210802/

-------------------------
【靖国神社参拝と禊会】
☆日時:令和3年8月15日(日)
☆詳細・お申込みはこちらから
https://umashikuni.co.jp/event/210815/
-------------------------
【瑞牆山・金峰山登拜】
☆日時:令和3年8月22日(日)〜24日(火)
☆詳細は美し国事務局までお問い合わせください。

-------------------------
≪9月イベントのご案内≫
-------------------------
【美し国経営者連盟 第26回定例会】

サンマリノ共和国特命全権大使
マリオ・カデロ閣下講演会&経営者交流会

『世界が愛する日本』
〜世界はこんなにも日本が好きだった〜

講師:マンリオ・カデロ閣下 
サンマリノ共和国特命全権大使 駐日外交団長

☆日時:令和3年9月14日(火) 19:00〜22:00

☆参加費:経営者連盟会員 無料/一般13,000円

☆会場:ロイヤルガーデンカフェ青山
東京都港区北青山2-1-19
    アクセス:東京メトロ銀座線「外苑前」or「青山一丁目」より徒歩5分

☆詳細・お申込みはこちらから
https://umashikuni.co.jp/event/20210914/

-------------------------
≪11月イベントのご案内≫
-------------------------
【神道・古神道の源流を訪ねて「宮古島・大神島・西表島 禊研修」】
☆日時:令和3年11月9日(火)〜11月13日(土)
残り1名となりました。
ご希望の方はお急ぎください。
☆詳細・お申込みは美し国事務局までお問い合せください。

=============
【お申込み・お問合せ】
美し国 事務局
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 13:36| Comment(0) | 言霊の華

2021年07月14日

言霊の華 第六三三号

『日本を支えてきた沖縄、宮古の霊性』

宇宙は謎だらけです。しかしよく考えてみれば、この地球だってその宇宙の一員なのであり、「宇宙の謎は地球の謎」とも言えます。科学的、論理的に突き詰めて行っても、やはり「死後の世界」などを解明するのには限界があります。

生きているもの一切は必ず死を迎えるのに、肉体消滅以後のことは宗教に委ねるしかありません。しかしその宗教で説き、教える死後の世界、目に見えない世界は「科学的でない」と言われれば、空想や仮説の域を出ないことになるのです。

でもそれがいくら仮説であったとしても、それを信じる人々にとって、それは「真実」であり、「事実」を遥かに凌駕してしまいます。斯(かく)して神話の世界、物語、昔話、御伽噺(おとぎばなし)が誕生するに至り、民族や国家の霊性や文化と言った行為への衝動が生まれるのです。

日本の敗戦後、GHQがとった占領政策は徹底した歴史の否定であり、それを顕(在)らしめた神話と神道の否定でした。日本民族のアイデンティティがそこにあるのを知り、それを破壊することによって、二度と欧米白人種に刃向かえないようにするためでした。

しかし縄文来の日本人のDNAを、完璧に消滅させることなど出来る訳がありません。万世一系の天皇、御皇室はしっかりと存在し、未だ宮中祭祀に明け暮れているではありませんか。

全国10万社に上る神社では、春秋の例大祭、1日、15日に行われる月次祭(つきなみさい)、10月の神嘗(かんなめ)祭、11月の新嘗祭、6月、12月の大祓、元旦の歳旦祭、その他地鎮祭、七五三の行事等々。日本神話は営々と続いており、それにより文化や霊性が保たれて来たのです。

神話とは事実を述べたものではなく、それは寧ろ真実を述べたものであり、目に見えない国や民族の生命(いのち)の型、原像が直観(感)されたものです。

今年5月宮古島を訪れ、奥の院である神秘の島、大神島に渡りました。かれこれ、10回目くらいになると思います。7、8年程前に行った時、島のオバァ(ノロ、ユタ)達10人程が集まり、懇談する機会に恵まれました。

その後、島の中心であるノロとユタしか入れない御嶽(ウタキ)でご神事があり、私も同行しましたが、勿論中まで入ることなどできず、入口の所で正座して祭祀を見守っていたのでした。

オバァたちが何千年にも亘り受け継いで来た大神島の秘密、秘儀は、オバァたちだけしか知らず、決して家族にも島内外の人にも口外してはならないのです。大神島の秘密、大神島の大神の正体。私はそれを偶然にも知ってしまったのです。懇談中に傍にいたオバァが私に喋りはじめ、我に返って「アッ」と言った後、口を手で覆いました。それは言わされたのです。

あれから7、8年が経ち、今回島に行った時、生き残っていたオバァは3人だけ。ご神事できるオバァはたったお一人だけとなってしまったのです。立入厳禁、男子禁制のあのご神氣の強い御嶽をこの先、誰が守るのか。

祭祀が途絶えるのは間もなくです。後 1年と言われています。30年前沖縄本島の奥の院、久高島の最も重要な「イザイホー」の祭祀が途絶えました。神主の資格に該当する島の女性がいなくなったからです。

日本の根源的霊性を支えて来た南からの守りと力は、間もなく終わろうとしています。それと同時に起きて来ているのが、尖閣と台湾問題です。これは決して偶然とは言えないでしょう。


合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

-------------------------
≪7月イベントのご案内≫
-------------------------
【吉野お山登拝と禊ワンデー】

☆日程:令和3年7月25日(日) 10時〜17時(予定)

☆集合場所:小仲坊
住所:奈良県吉野郡下北山村大字前鬼30

菅家一比古による禊指導と禊の御作法の講義も予定しています。
※登拝は、約1時間を予定。
☆詳細はお問い合わせください。

-------------------------
≪8月以降イベントのご案内≫
-------------------------
【美し国経営者連盟 第25回定例会】

7大陸最高峰世界最年少登頂記録を樹立した
アルピニストが語る!

野口健氏講演会&経営者交流会
21世紀に生きる日本人に捧げる!
『自然と国家と人間と』

講師:野口健
アルピニスト/美し国 副代表

☆日時:令和3年8月2日(月) 19:00〜

☆参加費:経営者連盟会員 無料/一般13,000円

☆会場:美し国 神楽坂セミナールーム

☆詳細・お申込みはこちらから
https://umashikuni.co.jp/event/20210802/

-------------------------
【靖国神社参拝と禊会】
☆日時:令和3年8月15日(日)
☆詳細・お申込みはこちらから
https://umashikuni.co.jp/event/210815/
-------------------------
【瑞牆山・金峰山登拜】
☆日時:令和3年8月22日(日)〜24日(火)
☆詳細は美し国事務局までお問い合わせください。

-------------------------
≪11月イベントのご案内≫
-------------------------
【神道・古神道の源流を訪ねて「宮古島・大神島・西表島 禊研修」】
☆日時:令和3年11月9日(火)〜11月13日(土)
定員を20名に出来ました。若干まだお席がございます。
ご希望の方はお急ぎください。
☆詳細・お申込みは美し国事務局までお問い合せください。

=============
【お申込み・お問合せ】
美し国 事務局
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 12:04| Comment(0) | 言霊の華

2021年07月07日

言霊の華 第六三二号

今回の言霊の華は、堀内明日香がお届けします。

『大自然に包まれて〜西表島〜』

八重山諸島の中で最も大きく、島の90%が亜熱帯性のジャングルに覆われた西表島へ、今年5月10日行って参りました。偶然にも、それは世界自然遺産に西表島の登録がほぼ確実とユネスコの世界遺産委員会の諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)が発表した日でした。

長い年月をかけて造り出された圧倒的な大自然は、エネルギーみなぎる生命の宝庫で、太古の大自然そのものを感じます。日本最大のマングローブ(紅樹林)や、全島を覆う亜熱帯雨林の植物、そこに住む生き物たち、手つかずの自然が織りなす絶景。

その大自然の中に、神々がここへ集まり、島の創世について話し合いをしたという伝説が残るカンピレーの滝があります。西表島でも第一級の聖地として今も大切にされており、その滝で日本の伝統行である禊を斎行して参りました。

太古の大自然の中で、禊の作法をすると霊魂(みたま)が強く揺さぶられ、日本人のDNAが目醒めるのがはっきり感じられます。普段都会に身を置く中で、眠りかけていた魂の扉が啓かれ、日頃の身体の疲れもふっ飛び、大自然からエネルギーをいただき元気になるのです。

そこで思ったことは、脳波の周波数のことでした。脳波の周波数「f分の1ゆらぎ」は、リラックス効果と情緒が安定すると言われています。「f分の1ゆらぎ」は有機的な物で、例えば波の感覚、雨音など、自然界には多くの「ゆらぎ」が溢れています。

いずれも一定のようでいて、実は予測できない不規則なゆらぎがあり、「規則的」なものと「不規則」なものが調和した状態が、「f分の1ゆらぎ」。これにより人は、心地よい気分になります。

皆様も海の波音や川の水の流れる音を聞くと、何だか心が落ち着かれたことはありませんか。そのメカニズムも「f分の1ゆらぎ」です。

人間は有機的なものに触れると、脳波もベータ波からアルファ波(安らぎ)になると言われています。ちなみにシータ波になると時間と空間に変化をもたらし奇跡が起きやすくなると、近年、定説となっているそうです。

マネジメントを発明したピーター・ドラッカーは、若い頃仕事で疲れるとしばしば美術館へ行って、日本の水墨画に見入っていたそうです。ドラッカーは「正気を取り戻し、世界への視野を正すために日本画(水墨画)を見る」とまで言っています。

これほどまでにドラッカーを魅了し、ドラッカーの正気を取り戻した「水墨画」の世界にあるものとは、一体何でしょう。水墨画の墨の原料は炭ですが、それは自然の木そのもので出来ており、水墨画はしなやかな濃淡で描かれます。ドラッカーも水墨画を見ながら、大自然の中に包まれているような「f分の1ゆらぎ」を感じていたのでしょう。

芸術や大自然に秘められている力は、人間に叡智と無限のエネルギーを与えてくれると心から感じます。

かむながらありがとうございます

菅家廊下翔塾 堀内明日香


-------------------------
≪7月イベントのご案内≫
-------------------------

【美し国経営者連盟 第24回定例会】

日米関係最前線で活躍し続ける
アメリカ海兵隊太平洋基地政務外交部の元幹部が語る!

ロバート・D・エルドリッヂ氏講演会&経営者交流会
『日本再生の鍵』〜日本の国際的地位と発言力を高めるために、真のインテリジェンスを身に付けよう!〜

講師:ロバート・D・エルドリッヂ
政治学者/エルドリッヂ研究所 代表

☆日時:令和3年7月13日(火) 19:00〜

☆参加費:経営者連盟会員 無料/一般13,000円

☆会場:美し国 神楽坂セミナールーム
東京都新宿区神楽坂6丁目42 神楽坂喜多川ビル5F
アクセス:東京メトロ東西線「神楽坂駅」1a出口よりすぐ

☆詳細・お申込みはこちらから
https://umashikuni.co.jp/event/20210713/

-------------------------
【吉野お山登拝と禊ワンデー】

☆日程:令和3年7月25日(日) 10時〜17時(予定)

☆集合場所:小仲坊
住所:奈良県吉野郡下北山村大字前鬼30

菅家一比古による禊指導と禊の御作法の講義も予定しています。
※登拝は、約1時間を予定。
☆詳細はお問い合わせください。

-------------------------
≪8月以降イベントのご案内≫
-------------------------
【美し国経営者連盟 第25回定例会】

7大陸最高峰世界最年少登頂記録を樹立した
アルピニストが語る!

野口健氏講演会&経営者交流会
21世紀に生きる日本人に捧げる!
『自然と国家と人間と』

講師:野口健
アルピニスト/美し国 副代表

☆日時:令和3年8月2日(月) 19:00〜

☆参加費:経営者連盟会員 無料/一般13,000円

☆会場:美し国 神楽坂セミナールーム

☆詳細・お申込みはこちらから
https://umashikuni.co.jp/event/20210802/

-------------------------
【靖国神社参拝と禊会】
☆日時:令和3年8月15日(日)
☆詳細・お申込みはこちらから
https://umashikuni.co.jp/event/210815/
-------------------------
【瑞牆山・金峰山登拜】
☆日時:令和3年8月22日(日)〜24日(火)
☆詳細は美し国事務局までお問い合わせください。

-------------------------
≪11月イベントのご案内≫
-------------------------
【神道・古神道の源流を訪ねて「宮古島・大神島・西表島 禊研修」】
☆日時:令和3年11月9日(火)〜11月13日(土)
定員を20名に出来ました。若干まだお席がございます。
ご希望の方はお急ぎください。
☆詳細・お申込みは美し国事務局までお問い合せください。

=============
【お申込み・お問合せ】
美し国 事務局
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp
posted by 事務局 at 12:46| Comment(0) | 言霊の華