2016年02月12日

言霊の華 第三六五号

『無情から無常へ −自問自答のすすめ−』

人はどんな悲しみの淵の中にあっても、
食べなければならない。
睡眠もとるし、排泄もする。
新聞も読むし、テレビも観る。
仕事もしなければならない。笑いもする。

結局、悲しみや苦しみの中に埋没しては
生きては行けないのです。
それを抱(いだ)き、噛み締めつつ生きるしかありません。

その時、自問自答、死者との対話を
繰り返している自分に氣がつきます。
そして漸く無情から無常に昇華するのです。

自らとの対話とは
自らの魂への問いかけに違いありません。
死者との対話とは死者の魂への問いかけでしょう。

「無情」は肉体的自我意識が感じ思うことで、
「無常」とは魂が捉えた世界のことを言うのです。
深く鎮(しず)かに、時に強く激しく自問自答を繰り返す中、
遂に魂の扉が啓く時が来るのです。

自問自答とは、肉体的自我の自分が、
魂である霊的実在の自分へする問いかけなのです。

魂は全てを知っています。人生のナビゲーターなのです。
同行二人とは
魂と共に生きる様を言っているに違いありません。

これをソクラテスは“ダイモニオン”または“プシケー”と言い、
イエスは“アドナイ”、仏陀は“ナータ”と言ったのです。

常にこの実在なる霊魂(みたま)に
問いかけていたのでした。

現代人はいま、著しく自問自答の力を失っています。
だから暴走し、失敗を繰り返し、
時に犯罪を犯してしまうのです。

魂の声を聴こうとしません。

人間が内省(自問自答)指向に向かう為には、
「無情」体験を何度も経験したらいいのです。
悲しみと苦悩の中に自問自答を繰り返し、
遂に「何故?」から「何のために?」に至るのです。

この時、無情が無常に変化しております。
即ち魂意識が目を覚ますのです。

魂は時間、空間の三次元世界の住人に非ず。
それを超越した高次元なる存在で、
無常感は魂からのメッセージです。

「執着から離れなさい」
「掴んでいるものを手放しなさい」
という、天からの愛のメッセージに他ならないのです。
その為に幾度か試練という学びが訪れます。

合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

---------------------------
【行事案内】
---------------------------
【東京】
★菅家一比古代表・池田整治副代表と語る会★ 

テーマ:欧米の無明・日本の光明
日 時: 平成28年3月6日(日)
 受付開始 13:00  講演会 13:30〜16:00 

場 所: 美し国 神楽坂セミナールーム 
 東京都新宿区神楽坂6−42 神楽坂喜多川ビル5階
 ※地下鉄・東西線「神楽坂」駅「出口1」から徒歩すぐ

参加費: 一般3,000円 / 美し国会員2,000円
    ★事前振込制 【先着40名様】
※申込締切・参加費のお振込みは 2/26(金)迄 
※当日は一律4,000円[受付にて承ります]
※講演会後に同会場にて講師を囲んだ「茶話会」を
  予定しております。

★お申込みはこちらから⇒
http://kokucheese.com/event/index/368045/

------------------------- 
★堀内明日香 講演会★ 
全国で大人気講師の登場!!

テーマ:ドラッカーのマネジメント論から読み説く
    「宝塚歌劇団」の人材育成

講 師: 堀内明日香(元宝塚女優)

日 時: 平成28年3月9日(日)
    受付開始 18:00  講演会 18:30〜20:30 

場 所:美し国 神楽坂セミナールーム 
  東京都新宿区神楽坂6−42 神楽坂喜多川ビル5階
 ※地下鉄・東西線「神楽坂」駅「出口1」から徒歩すぐ

参加費:一般3,000円 / 美し国会員2,000円  
   ★事前振込制  【先着40名様】
※申込締切・参加費のお振込みは 3/4(金)迄
※当日は一律4,000円[受付にて承ります]

★お申込みはこちらから⇒
http://kokucheese.com/event/index/368013/

---------------------------
【春分の日の禊】
★早割特典あり!お早めに!!
<伊勢神宮の参拝と五十鈴川でのみそぎ研修>
●日 程:3月20日(春分の日)10時 外宮神楽殿前集合

詳細・お申込み ⇒ 
http://kokucheese.com/event/index/368069/

●参加費:早割価格(2/29締切)
 美し国会員:10,000円
 一   般:12,000円
 学   生: 5,000円
---------------------------
posted by 事務局 at 11:20| Comment(0) | 言霊の華

2016年02月05日

言霊の華 第三六四号

『説明には限界がある 
−「さかしら」と「あげつらい」−』

国会で政府と野党のやりとりが
テレビや新聞等で目にしたり、耳にする度にやるせなく、
空しくなります。

「問題」の説明責任を野党がこぞって追求し、
どんなに説明しようが納得いかない、
絶対に幕切れさせないと執拗に攻撃します。
そしてメディアに過剰に露出し世論を煽ります。

説明百回したところで納得などできないでしょう。
それは自分たちの考え、思惑、主義・主張に
そぐわないものは全て納得いかないことだからです。
既に固有の色メガネがガッチリ固定化し
装着してしまっているので、透明に物事が見えない。

「新安保法制」の国会審議、論争が
どれだけ行われたことか。
それでも説明が足りないと。
余程国会議員もマスコミも国民も
知的レベルが低いと言うしかないでしょう。
国会はまるで裁判闘争の場の様相です。

検事(野党)は何とか有罪に持っていきたい。
弁護士(政府)は無罪に持っていきたい。
そこで国民感情に訴えます。
この場合、検事(野党)が有利に働きます。

国民感情を煽るのは
左翼マスコミ、学者、文化人だからです。
皆、色メガネのフィルターで物事を見ている人々。
だから「説明」には既に限界があるのです。

昔より日本人は、“さかしら”“あげつらい”を嫌ってきました。
それはとってもみっともない、恥ずべきことで
「潔し(いさぎよし)」としなかったのです。
勿論、国政やその他の大切なことは
大いに議論、説明が必要です。

しかしそれが納得できるか、できないかは
最後はその人の豊かで高き感性、知性、直観、
洞察力、倫理観が決定するのです。

国会議員よ“さかしら”“あげつらい”に
尊き時間を無駄にすることなかれ。
“日本人としての誇り”が希薄だからそうなるのです。
もっと自分の内面を磨き「志」を涵養すべし。

合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

---------------------------
【行事案内】
---------------------------
【大阪】いよいよ明日開催!

★第9回「美し国関西」理念と心を学ぶ会★

テーマ:「惟神(かむながら)の道と日本精神」
講 師: 菅家一比古 美し国代表

■日時:2月4日(木)18:30〜21:00(受付18:00〜)

■会場:エートス・ステーション
大阪市北区西天満3‐14‐16 西天満パークビル3号館1階

■参加費:★一般:2,000円 ☆美し国会員・学生:1,000円

★詳細・お申込み ⇒
http://kokucheese.com/event/index/359477/

--------------------------
【紀元節の禊研修】募集中!

●日程:2月11日(木・祝祭日)

●集合:午前11時 葉山公園駐車場 
     (神奈川県三浦郡葉山町下山口)

●参加費:3,000円(交通費別)

●申込:美し国事務局 水石まで

---------------------------
【春分の日の禊】早割特典あり!お早めに!!

<伊勢神宮の参拝と五十鈴川でのみそぎ研修>

●日程:3月20日(春分の日) 10時 外宮神楽殿前集合

詳細・お申込み ⇒ 
http://kokucheese.com/event/index/368069/

●参加費:早割価格(2/29締切)
 美し国会員:10,000円
 一   般:12,000円
 学   生: 5,000円

---------------------------
【美し国 推薦図書 DVD】
---------------------------
■『天皇さまが泣いてござった』
         1,800円(税込)

■えほん『衣食住の神さまシリーズ』
  作:森 日和  2,160円(税込)

■『ヤマト人への手紙』
  赤塚 高仁 著  1,620円(税込)

■DVD『現代人のための古神道講座』
  講師:中西旭  15,000円(税込)

※いずれも送料は「美し国」負担

■ご注文方法…お名前、ご住所、電話番号、商品名、注文数を明記のうえ、ご返信ください。

★【完売】ご注文できません
 『聖なる約束』(赤塚高仁 舩井勝仁共著)
posted by 事務局 at 15:01| Comment(0) | 言霊の華