2016年05月26日

言霊の華 第三八〇号



『天変地異とは霊的地殻変動』その2

古来より日本では、地震は一種の「振り魂(ふりたま)」と捉えられて来ました。日本では災害は禊(みそぎ)だったのです。振り魂として訪れる地震は、国全体の覚醒を促す作用そのもの。

それが振り魂を通しての禊であるため、その後に訪れるものは人々の意識の変革です。その意識の変革こそ時代を変えるエネルギーとなったのです。


天変地異や災害は人々をして神や仏、死者に廻行(えこう)する大きなきっかけとなり、宗教的エネルギーをもたらすのです。

そして時代を動かし、時代は変わります。平安後期、鎌倉初期もそうでした。私はこれを第二次霊的ルネッサンスと呼んでいます。

愈々(いよいよ)貴族の時代が終焉し、武士の時代の到来を告げる頃、それを促すかのように巨大地震と大津波が襲いました。

永長(えいちょう)の大地震(1096年11月24日マグニチュード8〜8.5)、このわずか二年後、康和(こうわ)大地震(マグニチュード8〜8.3)が襲い、これによって貴族や民衆の間では浄土信仰が大きく広がって行きます。

そして政治の権力はやがて、貴族から平氏へと移行し時代は一変するのです。


そして極めつけは、文治(ぶんじ)大地震(1185年7月9日)です。京の都の大被災は「平家物語」、鴨長明の「方丈記」、九条兼実の「玉葉」、中山忠親の日記などに多く記されております。

そして、空也、一遍に始まり、鎌倉の祖師たちの出現を果たします。法然、親鸞、栄西、道元、日蓮、明恵上人等々。まさに綺ら星の如くです。日本史の奇蹟と言っていいでしょう。最も日本的霊性が働いた時代だとも言われております。


さて話を現代に戻します。この二十年余りで相次ぐ巨大地震。北は東日本大震災、そして南は今回の熊本大震災。中央西では阪神淡路大震災。共に震度七以上。

そしてどうしても氣になるのは、中央東(首都圏、東海)と南海地方です。巨大地震が予想されています。これによって東西南北が繋がるのです。日本の禊、振り魂ラインとして。そして日本の大きな変革が訪れるでしょう。

第五次霊的ルネッサンスがもう始まっているのです。来たる巨大地震に備えなければなりません。

そうそう、今回の熊本大地震の際、いま古神道と禊に目覚め、燃えている元タカラジェンヌの堀内明日香さんが何故その日、その震源地にいたのか。偶然では済まされないのです。


合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古


---------------------------
【行事案内】
---------------------------
★龍神の滝 禊研修★

日時:6月2日(木)
   
場所:龍神の滝(東京都檜原村数馬)

集合:久我山菅家宅 午前9時
   JR武蔵五日市駅 10時30分
   現地11時30分

研修費:3,000円(交通費別)

道彦:菅家 一比古 美し国代表

お問合せ:美し国事務局 

---------------------------

【平成菅家廊下・翔塾】

「総合人間力」の向上とリーダー育成

■第1回勉強会とガイダンス

日時:6月13日(月) 18:30〜20:30  

会場:神楽坂セミナールーム

参加費:3,000円

---------------------------
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778 FAX:03-5227-1772 mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp
posted by 事務局 at 10:19| Comment(0) | 言霊の華

言霊の華 第三七九号



『天変地異とは霊的地殻変動』

この二十年間で震度六〜七の大地震が頻発しております。

阪神淡路大震災、釧路沖大地震、中越大地震、宮城県内陸(栗駒岳山麗付近)大地震、鳥取西部大地震、東日本大震災、そしてこの度の熊本大震災と続く異常事態です。熊本ではいまなお震度3〜4の余震が毎日続き、住民の不安と恐怖は続いております。

私は二十年前の阪神淡路大震災がおきた時、愈々(いよいよ)日本は「霊的地殻変動期」に突入したと直感しました。神戸直撃でした。神の戸(扉)が開いたのです。それも神話の島淡路島のイザナギ神宮近くから始まり、神戸、西宮へと一直線に地震が龍の如く奔(はし)ったのです。


私は以前から古神道講座や美し国「理念と心を学ぶ会」等で、日本霊的ルネッサンスの話をしております。日本は二十世紀末から二十一世紀中頃及び末頃迄、第五次霊的ルネッサンスに突入していると訴えているのです。

この考えや直観(感)は三十代前半から私にあり、禊の世界に入ってからこの直感は益々、あらゆる所で適中し始めているのです。

天変地異、あるいは人災も含めて世の中が大きく変わる時、霊的地殻変動が必ず起きているのです。即ち「日本的霊性」が活発に動き始めている証拠なのです。


神は天変地異を通して、時に人災も含め日本人の魂を激しく揺さ振り、覚醒を促しているのです。第三次霊的ルネッサンス(幕末〜明治)を迎えた安政の六年間の大地震は凄まじい。

安政東海大地震、安政南海大地震、善光寺大地震、小田原大地震、飛騨越後大地震、安政八戸沖大地震、伊賀上野大地震、豊予海峡大地震、そしてフィナーレは江戸直下型の安政大地震。そしてこの間(かん)数度も押し寄せた大津波。

幕末のこの六、七年間に八連発の大地震が発生したのです。国の内政ではこの安政時代、ペリー率いる黒船、ロシアのプチャーチンの黒船が来航し、日本に圧力をかけます。


そして安政の大獄で勤皇、攘夷派の武士、大名、学者が処刑されたり、投獄されたり、蟄居(ちっきょ)されたりしました。そして桜田門外の変で井伊大老が暗殺されました。

またコレラが大流行し多くの人が亡くなったのです。「ええじゃないか」の気狂い騒動は全国に広がり、国民の不安と異常さは沸騰点に達したのです。

次号に続く

合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古
posted by 事務局 at 09:53| Comment(0) | 言霊の華

2016年05月11日

言霊の華 第三七八号



『劣情を煽る近代文明』

前回、あなたはいま、何を見(観)ていますかと問い、いま見(観)て、聞いて、触れて、話して、付き合っているもの、それが全てだと申し上げました。

観(見)ることは創ること、観る力は創る力です。現象に地獄を観る人は地獄が現れます。

しかし、どんなに現象(現実)が悲惨であったとしても、それは迷いの姿であり、消えゆく姿だと知り、現象の奥に光を見い出す人もおります。その人は美や、霊魂(天国)を見続けている以上、その天国世界が必ず顕現されるのです。

見たり、感じたり、思ったりした通りの世界が必ず現象化するものなのです。それが宇宙の真理。

近代文明は人間の「劣情」を煽(あお)るもので満ち溢れています。人間の中には無明(生きようとする盲目的意思)も併存しているのです。だからついつい欲望に流されてしまいます。

私も若き頃はよく失敗していました。三十代半ば過ぎから禊(みそぎ)の世界に入ってから、変わって行ったのです。

「鎮魂(ちんこん)」が進んだのだと思います。だから劣情を煽るものを見たくない、聞きたくない、触れたくない、その場に居たくないと、強く思い感じるようになりました。美しいものを見続けたい、触れ合いたいと。


劣情の欲望とは、自らを破壊し、他者に悪影響(迷惑)を及ぼします。性欲も、食欲も、愛欲も、金銭欲もあって当然なのですが、方向と使い方です。劣情から出発したものなのか、即ち自家撞着(利己的・エゴイズム)からなのであれば、いずれ自他を破壊に向かわせます。

例えば、世の中、旨い儲け話を作り上げたり、それに乗ったりする人の何と多いことか。そこには世の為、人の為という「志」などありません。「劣情」即ち、利己的愛(エゴイズム)から出発しているため、いずれ破壊を招き、トラブルが起きるのです。

劣情を刺激するものを見ないこと、聞かないこと、触れないこと、そして早くその場から立ち去ること。「劣情」から発する行動から、「鎮魂」から発する行動へと早く切り替えることです。その為にも、祈りと禊をくれぐれも大切にすることです。


合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古


---------------------------
【行事案内】
---------------------------

【神戸】

『池田整治 神戸三宮勉強会(初回)』

〜真実を知れば生き方が変わる〜

5月:今、一番知らせたいこと
(地震等サバイバル3.3.3の原則等)

(美し国共催/ピュアーライフ後援)


●日時:5月20日(金)
 
@昼の部 15:00〜17:00(開場13:30)

A夜の部 18:30〜20:30(開場18:00)

 *13:30頃から会場(サロン)で懇親会を予定

場所:ワコーレ神戸マスターズレジデンス207号

   神戸市中央区加納町3丁目1−25
  「三ノ宮」駅から新神戸駅方面へ徒歩5分
    
当日連絡 堀 090-1771-0118

●参加費:3,000円
(美し国・ピュアーライフ会員2,000円)

---------------------------
【東京】 

第四回 菅家一比古先生と華そう会 (さくら倶楽部主催・女性限定)

日時:5月24日(火)10:00〜12:00
 
会場:新宿エルタワー 新宿駅西口駅前 
 ※お申込みの際に、詳細をお知らせします

参加費:1,000円  

懇親会:2,000円 12:30〜  
 ※お申し込みの際に、ご参加の有無をお知らせください


---------------------------

★龍神の滝 禊研修★

日時:6月2日(木)
   
場所:龍神の滝(東京都檜原村数馬)

集合:久我山菅家宅 午前9時
   JR武蔵五日市駅 10時30分
   現地11時30分


準備物:タオル、サンダル、かんむり、ふんどし等
     (お持ちでない方には販売しております)

研修費:3,000円(交通費別)

道彦:菅家 一比古 美し国代表

お問合せ:美し国事務局 

posted by 事務局 at 12:04| Comment(0) | 言霊の華