2016年07月29日

言霊の華 第三八九号



『バカモンGO ―滅びの道を突き進む近代文明―』


つい先日、作家浅田次郎の講演を聴く機会を得ました。「日本の運命について語ろう」というテーマです。浅田次郎は元自衛官。母の実家は御嶽(みたけ)神社の神職です。

講演の中で語られていたことは、
(一)お米をもっと食べましょう。健康のためお米を抜くというのは本末転倒である。二千年間に培われてきた食習慣や食文化を変えるのは、かえって健康のために良くない。
(二)畳の部屋を大切にしよう。
(三)着物をもっと着よう。
全て日本文化の要となる内容でした。

以前から浅田次郎は縦書きの手紙を書く、読書を大切にする、と言うようなことを言っていました。「このままいくと日本は大変なことになる」と思っていたのでしょう。

現在(いま)世間を騒がせているポケモンGO騒動に乗せられる人々。あのハローウィンのバカ騒ぎに巻き込まれていく人々。果たして魂が喜んでいるのでしょうか。

日本人としての慎み、恥じらい、矜恃(きょうじ)は魂の輝きがもたらしてきたもの。そこに健全で豊かな知性、品性、霊性が働き、日本を日本たらしめてきたのです。

古代日本の言霊信仰から発生した和歌の成立。乞食でも農民でも遊女でも、その文化の一員となり、和歌を詠んでいました。驚くべきことです。かな文字の発明、そのあとに来る百花繚乱の女流文学の出現。全て高き霊性、そこから磨かれた高き知性の成せる技です。

行き過ぎたバカ騒ぎ、醜悪な霊性がもたらすもの。それは滅びです。

英国の天才科学者ホーキング博士の予言が正しいとしたら人類の消滅まであと百年と言われています。滅びの道をまっしぐらに突き進む人類。それを救済するのが日本の使命なのに、日本自身が滅びの道を突き進んでいるとはいかにも情けない。

メディアに知性はありません。滅びの道を促進するかのように大衆を誘導していくのです。騙(だま)されてはいけません。

我々美し国が行くべき道、それは「滅びの道」と真逆の「美しい道」「光りの道」「弥榮の道」なのです。

この原稿を書いている頃、神奈川県相模原市で凄惨な事件が発生しました。関東の深刻な水不足、頻発する地震、梅雨いまだ明けず。そして今回の事件、立ち上がるのは今なのです。

合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

---------------------------
【行事案内】
---------------------------
★富士山登拝研修★

日時:8月14日(日)〜15日(月)
集合:14日 13時 5合目

参加費:15,000円(宿泊2食付) 交通費別

初めての方は装備品、心得など下記HPをご参照ください。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/

登山靴、ヘッドランプ、杖、防寒具は必携です。

ご興味ある方には詳しい行程表などをお送りいたしますので、お気軽にお問合せ下さい。

★山小屋は人数制限がありますのでお申込みはお早めに 

締切:8月5日(金)
申込み:美し国事務局まで

--------------------------

【平成菅家廊下・翔塾】

「総合人間力」の向上とリーダー育成

菅家一比古先生による本格的な指導者育成講座が、いよいよ始まりました。その名も「平成・菅家廊下 翔塾」

スキル(技術、技能、知識)アップを目的とした学びではなく、いかに魂の扉を啓き、人格の向上を計り、世の中を照らす人財となるかを主眼とした心の「学びの場」であります。

「人に、社会に、国家に影響をもたらす、有為な人財となること」を目的とした、菅家一比古先生が全身全霊をかけて受講生と語らいながらリーダーを直接指導・育成する勉強会です。

ご興味ある方はぜひご参加ください。

■第3回 勉強会

日時:9月5日(月) 18:30〜20:30  

会場:神楽坂セミナールーム

参加費:志(3,000円程度)

お申込み:美し国事務局まで

---------------------------
【さくら倶楽部】
「菅家先生を囲んで華そう会」

日時:9月13日(火) 10:00〜12:00  

会場:新宿エルタワー

参加費:1,000円
懇親顔:2,000円(希望者のみ)

お申込み:美し国事務局まで


posted by 事務局 at 10:30| Comment(0) | 言霊の華

2016年07月20日

言霊の華 第三八八号



『見えない所が光る人』


人間の真実の姿(現在(いま)の本当の姿や運氣)は実は前面の姿に現われるのではなく、後姿や背中に正直に現れると言われます。

前面、表面はいくらでも装うことができます。どんなに美人に見せようが若づくりしようが、立派ぶろうが、善人ぶろうが、決して後(うしろ)は誤魔化せません。

そして人は後姿だけは自分で見る事ができません。寝顔もそうです。苦悩をいくら隠しても、寝顔には、無意識に正直に現れています。一流の役者は後(背中)で語る。演技すると言われます。


一昔前、女優の田中絹代さんは、後の演技が超一流と言われ、多くの後姿のシーンが残っています。偉人と呼ばれた人々は後姿が立派であったろうと推察されます。背中も寝顔も足の裏も見えません。一流とはこの見えない部分が光っているのです。

そしてこれは一朝一夕では生まれてきません。長い間の心の持ち方、言動、行為が習慣となること。神向きの心、公益無私、祈り、・・・そして「沈黙」がそうさせるのです。沈黙は霊力の泉を満たしてくれます。

神仏、ご先祖、英霊を前に沈思黙考(祈り、瞑想)することにより、叡智が生まれます。叡智が訪れないのは、真剣ではないからです。

キリストや、仏陀や、如来、菩薩の後光(ごこう)は、背後に現われております。人類(他者)救済、他者貢献、誓い、それが本氣であり、真剣だから本モノだから、後(うしろ)に光が射してくるのです。

そして足の裏まで光が出るようになるのです。あなたの後姿は決してウソをつけません。



合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

---------------------------
【行事案内】
---------------------------
【大阪】

★天神祭講演会★
 『日本蘇りへの提言』

講師:菅家 一比古氏
   表 博耀氏

日時:7月25日(月)15:00〜
   
会場:ワールドビジネスセンター10階(ロータスライト)
   大阪市北区菅原町9-16  天神橋北詰付近

参加費:6,000円(食事付)
 
連絡先:06-6316-8521

--------------------------

★富士山登拝研修★

日時:8月14日(日)〜15日(月)
集合:14日 13時 5合目

参加費:15,000円(宿泊2食付) 交通費別

初めての方は装備品、心得など下記HPをご参照ください。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/

登山靴、ヘッドランプ、杖、防寒具は必携です。

ご興味ある方には詳しい行程表などをお送りいたしますので、お気軽にお問合せ下さい。

★山小屋は人数制限がありますのでお申込みはお早めに 

締切:8月5日(金)
申込み:美し国事務局まで

--------------------------

【平成菅家廊下・翔塾】

「総合人間力」の向上とリーダー育成

菅家一比古先生による本格的な指導者育成講座が、いよいよ始まりました。その名も「平成・菅家廊下 翔塾」

スキル(技術、技能、知識)アップを目的とした学びではなく、いかに魂の扉を啓き、人格の向上を計り、世の中を照らす人財となるかを主眼とした心の「学びの場」であります。

「人に、社会に、国家に影響をもたらす、有為な人財となること」を目的とした、菅家一比古先生が全身全霊をかけて受講生と語らいながらリーダーを直接指導・育成する勉強会です。

ご興味ある方はぜひご参加ください。

■第3回 勉強会

日時:9月5日(月) 18:30〜20:30  

会場:神楽坂セミナールーム

参加費:志(3,000円程度)

お申込み:美し国事務局まで
posted by 事務局 at 15:32| Comment(0) | 言霊の華

言霊の華 第三八七号



『日本の幼稚化(反知性)現象』


現代日本はどうしてここまで白痴化してしまったのでしょう。即ち知性劣化、知性低下が著しいのです。

メディア、左翼市民平和団体挙げての舛添叩き、舛添おろし、想定外の知事選費用の出費が50億円。これは全て都民の税金から出ています。そして、都知事選候補者選びの混乱。

「知の巨人」田中美知太郎先生(京大名誉教授・文化勲章受章)が、「メディアが一丸となって何かを主張し始めたり、攻撃し始めたりするのは要注意である。そこには真実は無い」と私の学生時代に仰っていたと以前、言霊の華で申し上げました。先生は結局、知性欠乏を見抜かれていたのです。


今回の参議院選挙で思うことは、民進党がまるで旧社会党(現社民党)と同じことを主張し、進歩も発展もしていないということでした。

国防費のことを「殺人予算」と堂々とテレビ討論会で言い切る、反知性的政党である共産党と手を握り合う姿は、まさに「社民党」のお株を奪っています。当の社民党はお陰で「風前の灯」です。


そしていま巷では参議院選挙終了を境に、都知事選挙がメディアを賑わせております。そしてここにも知性の劣化、反知性現象が露わに出ております。

石田純一を野党統一候補として実現させるために動いた一部の民進党、そして左翼市民平和団体の多くと、マスメディアがいたことに驚いております。

都政を何だと思っているのか。地方行政のこと、政治のことをどれほど学び、経験しているのか。呆れるばかりです。そして日本国民の民度の低さにただ失望しそうになる自分が居ります。


私の言っている「知性」とは、「叡智」と、高き「霊性」を備えた知性のことです。その声は「荒野で呼ばわる者」の声かも知れません。時の民衆が快楽、安楽、享楽に溺れ、平和のぬるま湯にふやけ切り真実が見えないでいる姿。

それに対し警鐘を鳴らすのはいつも少数派なのです。「物事(ものごと)の本質を射通す眼」の持ち主、「魂で判断する叡智の力」の持ち主。菅家廊下の学びはそこにあるのです。

人間の幼稚さは「生命」「魂」の緊張の無きところから始まります。何と幼稚な人々が世の中を牛耳っているのか。早く目を醒ますべきです。

合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

posted by 事務局 at 15:28| Comment(0) | 言霊の華