2018年01月26日

言霊の華 第四六四号

『 雪と日本人 』 

太郎を眠らせ太郎の屋根に雪降り積む
次郎を眠らせ次郎の屋根に雪降り積む

これは三好達治の詩です。中原中也が嫉妬を覚えた程と云う有名な詩なので、ご存知の方も多いことでしょう。中原中也が嫉妬する程とは、余程日本人の琴線に触れるものがあるに違いありません。

この詩の舞台はきっと北国か雪国でしょう。太郎も次郎もしんしんと降り積もる屋根の下、雪の持つ浄化力で安息の眠りについています。

雪がまるで清めの塩であり、白い花となって人の心や生活の上に舞い降りて、癒しと浄化をもたらしているかのようです。


ここに日本の源流である「縄文」の匂いを感じずにおれません。北国は縄文文化の発祥の地です。スッポリと雪に閉ざされた数ヵ月の間、人々は家の中で暮らしていました。家族の団欒から生まれる絆は深まっていきます。

家族は家の中でじっとしていたわけではありません。男は山や森に狩りに出ることもあったでしょう。女性(妻)は家で「モノづくり」です。勿論、男(夫)も多いに関わります。

農具の製作、改良、発明。機織り機、家具、衣類、土器、お酒、茣蓙(ござ)、毛皮類、お箸、木や石でできた皿、子どもたちのためのおもちゃ等々の制作に励んでおりました。ここに世界に冠たる日本のモノづくり大国の原点があります。

自然にスッポリと融け込み、身を任せ、順応しながらも創意工夫を重ね、生活文化は発達し続けました。日本人にとって、まさに冬とは「殖(ふ)ゆ」だったのです。


日本の文化の大きな柱の一つは、冬の季節と雪、国の風土が生んだものに違いありません。日本は冬(殖ゆ)によって力を蓄え、雪によって浄化と安息を得、家族の「絆」の愛によって穏やかで相手を思いやる「心性」「情感」が生まれたのです。縄文来、日本とはそのような国でした。

雪と「日本史」は、重要な繋がりを持っています。忠臣蔵の早朝の討ち入り、桜田門外の変の井伊直弼の暗殺の朝、西南戦争の西郷軍の出立の朝、二、二六事件の朝、皆、大雪に見舞われております。早朝の血生臭い事件の時に。縄文の母神が荒(すさ)んだ心を癒し浄化でもするかのようです。


二十二日の昼から降り始めた雪は、時間と共に激しさを増していきました。この日は「なでしこオピニオンの会」で、山田宏先生と杉田水脈先生のコラボ講演の予定でしたが、急遽取り止めになったのです。

当日は八十名程の申し込みがありましたが、夜、九時の終了時は帰宅できない人も出てくるに違いないという判断から中止になりました。

そしてこの日は通常国会が始まる開会式の日でもあったのです。今、国会は内外の諸問題を討議する、今迄以上の重要な国会になる筈。まるで日本を浄化するかのような大雪が降り始めたのです。何か大きな国家の命運がかかっているように思われてなりません。


そして一月二十二日は我が師である中西旭先生の「命日祭」でもあります。なでしこオピニオンの会と重なったため変更となり、今年は一月二十四日に斎行します。

一月二十二日とはそのような重要な日なのです。それを象徴するかのように清めの雪が降り続いた日でした。

山田宏先生、杉田水脈先生の使命の大きさ、重たさを益々感じずにいられない雪の日だったのです。

合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】
--------------------------

【なでしこオピニオンの会】

先日中止となりました「杉田水脈議員と山田宏議員のトークショー」は、
日程が決まりましたら改めてご案内申し上げます。

--------------------------

【紀元節の禊】
2月11日(日・建国記念の日)
神奈川県 葉山一色海岸

午前10時30分 葉山公園集合
参加費:会員3,000円
    一般5,000円

---------------------------

【伊勢研修】
3月21日(水・春分の日)
三重県 伊勢神宮の参拝と禊

★3月2日振込までは特別価格!

詳細・申込→ http://kokucheese.com/event/index/504023/

※お申込みは下記まで

==========================
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772 mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 10:16| Comment(0) | 言霊の華

2018年01月19日

言霊の華 第四六三号

『 涙は力也 ― 昭和陛下の涙と浄化力 ― 』

一月七日は昭和陛下がお隠れになられた日です。今年も恒例の武蔵野御陵参拜を有志の方々と斎行いたしました。二十九年間欠かさずお参りさせて頂いております。

忘れもしない昭和六十年、昭和天皇陛下御在位六十周年が日本国技館で行われ、その時、カメラマン達が捉え、フォーカスされた画像には、一筋の涙が陛下の頬を伝っていたのです。昭和陛下は泣いておられたのでした。

後日、私はそれを写真週刊誌で拜見しました。それを見た時私は、身体の底から涙が込み上げ、止まらなくなったのです。昭和陛下の涙の立体的意味を直観的に知りました。


昭和の御代がどれだけ過酷であったか。昭和陛下はまるで重い十字架を背負うが如く国民に寄り添い、堪えて生きて来られたのです。

その写真を見た後、私は「昭和陛下に謝りたい」と言う想いに駆られたのです。そして更に誓ったのでした。「美しい日本の再建」を。陛下の涙は私を浄化し、力を与えて下さいました。必ず御恩返しをしようと、今日迄その想いは途切れることなく続いております。


武蔵野御陵参拜は、美し国、日本蘇り運動の原点回帰として行われているものです。決意と誓いを新たに、一年の活動をスタートさせているのです。武蔵野御陵で私はよく泣きます。泣けてくるのです。その涙で私の心は浄化され、力となり、しっかりと歩んで行くことができます。

「涙は力也」。昭和陛下の涙を見てしまった以上、私は揺れ動いたり、迷ったりなどしません。私にとって泣けてくる場所は他にも色々あります。世田谷の松陰神社、靖国神社等、とくにそうです。


松陰神社は私が二十代の頃、失意の中で百日間の参拜を行いました。石畳の上に正座してです。毎回泣いていました。やがて力が溢れてきて、失意から脱出したのです。とくに裏にある松陰先生の墓所ではよく泣いていました。現在でも正月三ヵ日には必ずお参りし泣いています。

何故泣けるのか。それは深い感謝や、感動があり、それに加えて自らのいたらなさを深く反省し、お詫びするからであります。


靖国神社参拜もそうで、深い感謝、感動、反省を取り戻せる原点となる聖地なのです。きっとご先祖や父母の供養、墓参りもそうでしょう。自分を原点に戻し、深い反省と感謝をもたらし、謙虚にして下さる聖地なのです。

私にとって、とても幸せなことは、そのような聖地をいくつも持っていることです。


泣けてくる所、聖地を持ちましょう。悩んだり迷ったりしたら一人でそこに出かけ、ひとしきり泣いたらいいのです。母の懐に跳び込んで泣いて甘えて下さい。浄化されます。そして「力」となります。

昭和陛下のお隠れ日が一月七日ですので、元旦禊に続いて一年をスタートするのに、武蔵野御陵参拜はどれだけ私どもに「力」を与えて下さっていることでしょう。

今回御陵で昭和陛下の御製を朗詠しました。

降り積もる 深雪(みゆき)に耐えて 色変えぬ
松ぞおおしき 人もかくあれ

昭和陛下の祈りが今も私の中に鳴り響き、止むことはありません。

合掌 かむながらありがとうございます
菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】大好評企画!
--------------------------
来週月曜日開催!
残りのお席もわずかです。
お早目にお申込みください。

★なでしこオピニオンの会

『世界に伝えよう!日本の流儀』
 
トークショー
★山田 宏(参議院議員)
★杉田水脈(衆議院議員)

日時:1月22日(月)18:30〜20:30  

会場:神楽坂セミナールーム
 東京都新宿区神楽坂6-42
 神楽坂喜多川ビル5階
(東西線「神楽坂駅」出口1から徒歩1分)

参加費(事前振込):
一般 :    3,000円
美し国会員: 2,000円
当日 一般4,000円 美し国会員3,000円

●下記サイトからお申込みください。ご入金をもって申込完了となります。

http://kokucheese.com/event/index/500379/

--------------------------

【紀元節の禊】
2月11日(日・建国記念の日)
神奈川県 葉山一色海岸

午前10時30分 葉山公園集合


【伊勢研修】
3月21日(水・春分の日)
三重県 伊勢神宮の参拝と禊

詳細
http://kokucheese.com/event/index/504023/

※お申込みは下記まで

==========================
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772 mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 09:58| Comment(0) | 言霊の華

2018年01月11日

言霊の華 第四六二号

『 元旦禊、それは原初からのメッセージ 』

今年も毎年恒例の元旦禊が斎行されました。第二十八回目です。二十八年間海の中で元旦の初日をお迎えし、拜み続けて来たのです。世の中で最も美しいお正月を迎えようと誓い、それが恒例行事となりました。

水平線上からオレンジ色に輝くお日様が顔を出した瞬間、言葉には表わせないほどの感動が全身を包み込みます。多くの道友が涙を流す一時であります。


私は何度も神秘体験を重ねて来ました。顕在意識がみるみる低下し、魂意識が浮上し、「我ならぬ我」が顕れます。これが本当の「実在」の我であり、永遠の生命、霊魂(みたま)そのものの我なのです。

私はお日様に向かい、両手を高々と広げ叫んでいるのです。「大神さまー、大神さまー、日(霊)の本(元)の男(お)の子、ここに在り!」それは絶叫に近いものです。

「大神さま、日の本にはまだこのような日本人がおります。どうぞ日本をお守り下さい!」と云う意味での絶叫であり、祈りなのであります。


何故、元旦禊を始めたのか。時々自らに問う時があります。勿論、最も美しいお正月を迎えたいと云う一念からですが、二十八年間続いている理由(わけ)とは何か。きっとそれは原初からのメッセージに喚ばれているからだと思います。

一年で最初に上ってくるお日様を海の中で迎えるとは、「日の光も、海の中も、共に原初からの生命誕生の原風景そのものなのではないか」と云うことです。

遠い遠い太古の昔の生命誕生の記憶がDNAに刻み込まれ、その記憶が復活する瞬間こそが元旦禊であり、生命の源流、原点だったのです。


だから元旦禊とは新たに生まれ変わる瞬間であり、これをもう三十年近くも続けていると云うことは、日の大神(アマテラス)様に間違いなく喚ばれていて、やらされていたのだとつくづく思えてならないのです。

それは我々の「美し国 日本蘇り」の為の象徴的行為だと言えるでしょう。国家国民を代表してさせて頂いていたのです。


日本は禊立国です。イザナギの大神が筑紫の日向(ひむか)の橘の音戸(おど)の阿波岐原(あはぎはら)で禊をして、日の大神である天照大神様が誕生しました。その日(霊)の御子こそ天津日継(天皇陛下)です。

ルーツを辿れば禊から始まったのです。だからこそ天皇陛下御(おん)自ら、元旦早朝禊をし、真っ暗な中、四方拜を執り行い、そのまま歳旦祭へと入られるのです。宮中祭祀で最も重要とされる新嘗祭の時も、必ず禊斎(けいさい)が行われ儀式に入られます。


我々美し国の元旦禊、紀元節の禊、春季皇霊祭(春分の日)のお伊勢参拜と五十鈴川での禊、その他日本全国での様々な禊は、まさに禊立国日本の理念の力がそうさせているに違いないでしょう。

今年の元旦禊も日の大神様が微笑んで下さいました。神より選ばれし総勢四十名の方々の雄叫びが、海に鳴り響いていたのです。

合掌 かむながらありがとうございます
菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】 募集中!
--------------------------

★なでしこオピニオンの会

『世界に伝えよう!日本の流儀』
 
トークショー
★山田 宏(参議院議員)
★杉田水脈(衆議院議員)

日時:1月22日(月)18:30〜20:30  

会場:神楽坂セミナールーム
 東京都新宿区神楽坂6-42
 神楽坂喜多川ビル5階
(東西線「神楽坂駅」出口1から徒歩1分)

参加費(事前振込):
一般 :    3,000円
美し国会員: 2,000円
当日 一般4,000円 美し国会員3,000円

★懇親会:講演会のあと、希望者で懇親会も行います。(要予約・定員制・6,000円)

●下記サイトからお申込みください。ご入金をもって申込完了となります。

http://kokucheese.com/event/index/500379/

--------------------------

【紀元節の禊】
2月11日(日・建国記念の日)
神奈川県 葉山一色海岸

【伊勢研修】
3月21日(水・春分の日)
三重県 伊勢神宮の参拝と禊

※お申込みは下記まで

==========================
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772 mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 09:46| Comment(0) | 言霊の華