2018年01月05日

言霊の華 第四六一号

『自己(魂)実現に向かうとき、時間が発生する』 

今年も残すところ五日間となりました。駆け足のように過ぎ去って往く月日に呆然としてしまうこの頃です。

目的や夢、志を持って生きる人ほど時間が発生し、時間が過ぎるのが速いと実感します。 それとは逆に無氣力であったり、志がなく、情熱も信念も無い人は時間は発生しないのです。


人間が何かに夢中になっている、無心になっている時は自我意識を超えています。この時、没我、或いは没個我状態となり、魂(神道では霊魂=ミタマ)が目醒め、魂が動き始めるのです。

そして魂時間が発生します。時間とは生命の成長のためにあるのです。人間が自己実現に向かった時、初めて時間が生じるのです。


自己実現とは、その人固有の使命のことであり、魂の願いのことであると言えるでしょう。自己実現に向かわない人に時間は発生せず、就業時間が長く感じたり、常に時間が経つのが遅く感じたりするのです。 

没個我状態に入ると、あっという間に時間が過ぎ去ります。この時の脳波はアルファ波か、シータ波に変化しており、シータ波になると一秒間が三〇〇年分に匹敵するとも言われています。 


あの世(心霊世界)には時間も空間もありません。この世のためのみ時間と空間が存在しているのです。

恰度(ちょうど)種を地中に蒔かなければ、種のままであるように、そこには時間は発生しておりません。それがひとたび地に蒔かれたなら、芽が出て、茎が伸び、花が咲く。これは時間が発生した証拠です。


倉庫に眠っているリールに巻かれた映画フィルムもそうです。そのままでは何ら時間が発生しておりません。

それがやはりひとたび上映でもするなら、スクリーンには過去・現在・未来が流れて行きます。やはり時間が発生したのです。

あなたは現在(いま)、自己実現の道を歩んでいますか? 即ち魂の願いに生きていますか? あなたは何モノですか、何故この時代、この日本に「生」を享けたのでしょう。自己実現に向かうために先ずこの問いを充たす必要があるでしょう。


私が主宰する菅家廊下では、この事を徹底的に学びます。「自己(魂)」との出会いを果たし、魂の声を聴き、魂の願いに生きる。そうすることにより、常に時間が発生し、私を自己成長、自己実現へと導いてくれるのです。

我ら元旦禊から始動します。魂が喜ぶ、魂が打ち震える、感動の禊から一年が始まるのです。

菅家廊下一門は成長します。偉大なる霊性をきり啓き、世の中の輝ける光の天使となり、美し国、日本蘇り運動の強力な推進者となって行くことでしょう。

合掌 かむながらありがとうございます
菅家 一比古

<事務局より>
本年もご愛読ありがとうございました。来年の言霊の華は1月10日より配信いたします。それでは皆様、良いお年をお迎えください。

--------------------------
【ご案内】
--------------------------
【年末年始の休業について】

事務局は12月27日(水)〜1月4日(木)まで休業させていただきます。

新年は1月5日(金)9:30から業務が始まります。

ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

★休業中の緊急連絡先
090-7833-2745 水石まで

-------------------------

【武蔵陵参拝】

1月7日は昭和天皇のご命日です。菅家代表をはじめ関係者で毎年武蔵野陵(多摩御陵)を参拝しております。

ご都合のつく方はぜひご一緒にいかがでしょうか。

集合:平成30年1月7日(日) 午後1時

場所:武蔵陵入口付近

アクセス:JR中央線「高尾駅」北口から徒歩15分程度
(タクシー10分以内)

お車での来場も可能です(駐車場あり)

【地図詳細】
http://www.kunaicho.go.jp/ryobo/guide/124/index.html

(解散は午後3時頃を予定)

--------------------------

★なでしこオピニオンの会

『世界に伝えよう!日本の流儀』
 
トークショー
★山田宏(参議院議員)
★杉田水脈(衆議院議員)


日時:1月22日(月)18:30〜20:30  

会場:神楽坂セミナールーム
 東京都新宿区神楽坂6-42
 神楽坂喜多川ビル5階
(東西線「神楽坂駅」出口1から徒歩1分)

参加費(事前振込):
一般 :    3,000円
美し国会員: 2,000円
当日 一般4,000円 美し国会員3,000円

★懇親会:講演会のあと、希望者で懇親会も行います。(要予約・定員制)

●下記サイトからお申込みください。ご入金をもって申込完了となります。

http://kokucheese.com/event/index/500379/

posted by 事務局 at 09:49| Comment(0) | 言霊の華