2018年11月29日

言霊の華 第五○七号

『我々は愛されていた』−愛への氣づきが幸せをもたらす−

十一月二十三日は新嘗祭(にいなめさい)でした。宮中祭祀で最も重要とされるもので、この一年で穫(と)れた山の幸、海の幸を天照大神を始め神々にお還(かえ)し、捧げ、来年の豊作を祈願し、それをもたらすために成されます。

天皇陛下が禊、潔斎をされた後、夜の六時から宵の儀、夜の十一時から暁の儀、それぞれ二時間ずつ行われる重労働の祭祀です。先の大戦の敗戦までは、国家行事として、全国の神社によって懇(ねんご)ろに行われていました。

この新嘗祭によって国家、国民が享受する恩恵は計り知れません。国民が飢えないで生活できるのは、まさしく天皇陛下の新嘗祭のお蔭なのです。


十一月二十三日、我々は菅家廊下の二泊三日のベーシック(基礎編)のセミナーのため、神奈川県葉山町の国際村研修センターにおりました。夜の十一時頃、酒を酌み交していた一同は「あっ!いま、暁の儀が始まった頃だ」と言い、皆で「弥栄!」と叫んでいたのです。


天皇陛下が祭祀をどのような想い、願いの下で行われていらっしゃるのか。我々国民にとって、それは親の姿を慮(おもんばか)る子どもの如くでなくてはいけません。

目を閉じて静かに親の祈り、想いを察する、その波動を感知すること。我々は祈られていた、愛されていた、赦されていた。その愛への氣づきこそが、「幸せ」をもたらします。


何故靖国の杜で頭を垂れるのか。何故沖縄や、鹿児島の知覧を訪問するのか、はたまたパラオのペリリュー島や数々の戦跡を訪ねるのでしょうか。

それは私の場合、原点に立ち帰(還)るためです。勿論、鎮魂慰霊のためですが、それと共に「私は愛されていた」に氣づくためでもあります。父母の祈り、とくに母の祈りと涙は愛の復元力が働きます。

どんなに横道に逸れたとしても、失敗をしでかしたとしても、愛の法則である復元力に因って元に戻るようになっているのです。これが愛された者の強み、祈られた者の強みなのです。


日本には太古の昔より神と人とを取りなす、自然と人とを取りなす天皇がおられ、その祈りである宮中祭祀によって守られ、導かれ続けて来たのです。この愛、この大恩を皆さまは感じておられますか?


陛下のご譲位が近づいています。御上皇になられる今上陛下はこれまで同様、いえ、これまで以上に「祈り」に専念されると伺っております。

ですから決して「退位」ではありません。「御譲位」なのです。引退して楽になるのではなく、国家安寧、世界人類の平和の祈りに徹せられるのです。陛下はただの一度も自らのことを「退位」などとは言っておられません。

我々は愛されていた。陛下から、英霊から、先祖、先人、父母からも。そして大自然から、神々からも。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

===========================

【2018 望年会のご案内】

お陰様で多くのお申込みをいただき、お申込みは締め切りました。誠にありがとうございます。

★男性はジャケット着用でお願いします。

【日時】12月3日(月)19:00〜21:30 (開場18:30) 

【会場】Q.E.D CLUB 恵比寿
    目黒区中目黒1-1-29 JR「恵比寿」駅西口より徒歩7分

〈1部〉19:00〜19:30  美し国・年間活動報告

〈2部〉19:30〜21;30
    なでしこオピニオンの会メンバーとの大交流会
杉田水脈、呉善花、河添恵子、赤尾由美、葛城奈海、佐波優子、他

〈歌〉堀内明日香(元宝塚女優)
   ディズニー『アラジン』より 〜A Whole New World〜
   『坂の上の雲』より 〜主題歌 Stand Alone〜  など

---------------------------
【その他のイベント】

★おもちつき★
12月28日午前10時から、杉並区久我山の菅家代表の自宅にて、お正月にお供えする鏡餅を搗きます。参加者にはお土産もございます。

★元旦禊★
元日午前6時30分から南伊豆の弓ヶ浜で行います。

12月31日に現地近くで前泊も出来ます。希望者はお早目にご連絡ください。一緒に年越しをしましょう!

★歳旦祭★
元日午後4時より、杉並区久我山の「みすまるの宮」(菅家宅)にて年初の祭事を行います。その後新年会もございますので、お時間ある方はぜひご参列くださいませ。


参加費、詳細については美し国事務局にお問合せください。

posted by 事務局 at 10:22| Comment(0) | 言霊の華

2018年11月21日

言霊の華 第五○六号

『ワン・ボイス・チルドレンズ・クワイアと、ミス・インターナショナル』

ワン・ボイス・チルドレンズ・クワイア(以下、ワン・ボイス)が来日し、東京での初公演を美し国が主催できたことは、何と光栄な出来事であったでしょう。私個人としては、11月6日、7日、9日と三回も天使の歌声を聴かせていただきました。

6日は美し国主催、7日は飯田橋のカナルカフェ百周年でのイベント。9日はミス・インターナショナルでの特別ゲスト出演。9日のミス・インターナショナルは、7日のカナルカフェで「お仏壇のはせがわ」の長谷川裕一会長のお誘いを頂き、急遽実現したものです。それもS席の中でも最上席で「かぶりつき」状態。

大変高価な席で一瞬躊躇もしましたが、一生に一度の体験だと思い、行って参りました。別所哲也さんの司会で、DA PUMP(ダ・パンプ)の歌と踊りで会場内は大いに盛り上がっていました。


その中でもワン・ボイスの歌に観客は別の感動に包まれていたのです。大会中三度ステージに上がり、最後はミス・インターナショナルの美女たちをバックに歌い、観客を魅了したのです。現在(いま)では世界No,1の合唱団と言われているワン・ボイスです。そのミス・インターナショナルへの出演がどれ程までに大会に華を添えたことでしょう。

四才から十八才までの子どもたち、それも数多くの人種、民族の子らが四〇才の若者の日本人福田真史(Masa)に育てられ、成長を遂げ、一流に変貌して行くのです。私は身も心もすっかりワン・ボイスの虜になってしまいました。


さて、肝心のミス・インターナショナルですが、日本代表はTOP8に選ばれました。この選ばれた八人による三分間スピーチで、上位三人とグランプリが決定します。そしてグランプリは、南米ベネズエラの代表が選ばれたのです。

準ミスや、ベストウォーキング賞や、ベスト民族衣裳賞やその他の賞に、ついに日本代表は選ばれませんでした。とても綺麗だったのに。何故グランプリはベネズエラ代表だったのか。それはそのスピーチにありました。そしてそのオーラにありました。


彼女は「祖国ベネズエラを心より愛しています。しかし今祖国ベネズエラは貧困に喘ぎ、麻薬にまみれ、犯罪が絶えません。私のグランプリ受賞が実現したら、どれだけ国に勇氣と希望をもたらすことができるでしょうか。私は祖国を愛しています。祖国の復興のため、私はここに立っています・・・」とスピーチしたのです。

その華麗な姿の向こうにある、中南米、祖国ベネズエラの生きるための厳しい現実。「この女性は国を背負って来ているのだ」と実感したのです。中南米や、アフリカの黒人女性たち皆そうです。生きるための厳しい生活の現実があるのです。


日本代表のスピーチは国家が全くなく、ほぼ自分の事しか話しませんでした。このような華麗な場に参加している美女たちも、それぞれ国の事情があり、厳しい現実の中で生きることに一所懸命なのだと知らされたのです。

生きることへの真面目さ、真剣さ、緊張、それはその人のオーラとなって現われてくるのです。ハロウィンや、クリスマス、バレンタインデーで浮き足立つ日本の若者たち。

生きるための真剣さ、国家がある喜び、幸せ、感謝を噛みしめて欲しいとつくづく思うのです。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

===========================

【2018 望年会のご案内】

12月3日(月)に東京・恵比寿にて「美し国 2018 望年会」を開催します。


「なでしこオピニオンの会」の顧問、世話人の方々と参加者との交流。
菅家廊下・翔塾を受講された方、ご興味ある方。
その他美し国に関わる方々、
どなたでもご参加いただける懇親パーティー(着席)です。

元ハンガリー大使公邸を改装した素晴らしい一軒家レストラン。
美味しいお食事とお酒を囲んで、平成の御代最後の年の瀬を楽しみましょう。
そして、平成という御代を振り返ると共に、新しい時代に向けて大いに語り合いましょう!

【日時】12月3日(月)19:00〜21:30 (開場18:30) 

【会場】Q.E.D CLUB 恵比寿(元ハンガリー大使公邸)
    目黒区中目黒1-1-29 JR「恵比寿」駅西口より徒歩7分

【参加費】美し国会員10,000円 / 一般12,000円

【お申込み】美し国事務局 → https://www.umashikuni.co.jp/event-h301203/

【締切】11月26日(金)  定員84名まであと10席です!

〈1部〉19:00〜19:30  美し国・年間活動報告

〈2部〉19:30〜21;30
    なでしこオピニオンの会メンバーとの大交流会(立食パーティー)
    杉田水脈、呉善花、河添恵子、赤尾由美、葛城奈海、佐波優子、他

〈歌〉堀内明日香(元宝塚女優)
   ディズニー『アラジン』より 〜A Whole New World〜
   『坂の上の雲』より 〜主題歌 Stand Alone〜  など

どうぞお誘いあわせてお申込みください。お楽しみに!

---------------------------
【その他のイベント】

★おもちつき★
12月28日午前10時から、杉並区久我山の菅家代表の自宅にて、お正月にお供えする鏡餅を搗きます。参加者にはお土産もございます。

★元旦禊★
元日午前6時30分から南伊豆の弓ヶ浜で行います。

12月31日に現地近くで前泊も出来ます。希望者はお早目にご連絡ください。一緒に年越しをしましょう!

★歳旦祭★
元日午後4時より、杉並区久我山の「みすまるの宮」(菅家宅)にて年初の祭事を行います。その後新年会もございますので、お時間ある方はぜひご参列くださいませ。

posted by 事務局 at 14:31| Comment(0) | 言霊の華

2018年11月15日

言霊の華 第五○五号

『平成の御代の最終章に思う』

    
「天皇の神格化を否定する。」戦後民主主義はそれが大前提として始まったように思います。天皇主権を否定し、国民主権と大声で謳(うた)われ、誰もが戦後民主主義、即ち国民主権こそが常識であると信じるようになったのです。いつから日本人はそんなに偉くなったのか、あなたはいつこの国を造ったのか。


戦後七〇年の日本が本当の日本なのでしょうか。とんでもありません。三千年近くにわたって「天皇国家日本」だったのです。これが日本の常識です。我々の遠いご先祖たちや先人たちは、天皇、皇室を中心に、国家建設、国家運営に血と涙と汗を流し続けて来たのです。誰一人として「天皇国家日本」を疑った人はいないのです。


日本の悲劇は明治維新以降、天皇国日本、神話の国日本が近代国家の仲間入りを果たすため、西洋合理主義の近代化に軸を置いたことです。また、大東亜戦争敗戦によって、日本の古き良き伝統、文化、歴史、精神を否定したことです。


先ほどの天皇の神格化の話に戻します。柿本人麻呂(七世紀)、大伴家持(八世紀)は、この時代既に天皇を神として詠(うた)っています。この時代、急に神に成ったのではなく、神武建国以来、天皇の神格化ではなく、「神格」として日本の民草(たみくさ)の心に有り、眼に映っていたのです。


数千年前から古事記の口伝による伝承は続き、天武天皇の時代(在位六七三〜六八六)稗田阿礼(ひえだのあれ)の口誦を太安万侶(おおのやすまろ)が筆録し、ここに初めて文章化したのです。今年は皇紀二六七八年です。しかし実は日(ひ)の本(もと)は神武天皇建国以前から既に在ったのです。


では、一体何処に在ったのか。それは目に見えない世界、在(顕・有)らしめてやまない世界、高天原に在ったのです。高天原世界の神々は、自分達の現(映)し世を観て喜びたかったのです。それが日の本でした。


現(映)し世がそれによって天皇(天津日継)を中心に大和楽(わらく)を創出、形成し、それを観ている神々は大歓喜に包まれます。ですから、高天原と日の本(現世)の関係は、大歓喜、大和楽となるのです。


日本とは宇宙の眼に見えない姿、形、エネルギー、法則、システム、奥義、秘法が全て含まれ、再現化、または体現化されたと言ってよいでしょう。それが封印されているのが神道なのです。


神道、古神道を紐解けば、日本文化の本質が明らかになり、日本の世界的使命が観えてきます。その中心霊性として現れたのが、日本国天皇です。日本は正真正銘、天皇国家なのであり、天皇を神格化したのではなく「神格」そのものだったのです。


昨日(十三日)妻、真知子が美し国皇居勤労奉仕団の団長として、皇居で天皇皇后両陛下の御会釈を賜り、奉仕団を代表し聖寿萬歳をさせていただきました。十一月十一日の私の「一」の連鎖のシンクロニシティが続いた二日後のことであります。


何か大きな足音が迫ってきているように思えてならない今日この頃なのです。


合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

--------------------------
【イベント案内】
---------------------------

◆菅家廊下・翔塾 本講座(ベーシック)◆

講師:菅家一比古 翔塾塾長 美し国代表
   堀内明日香 講師(助彦) 元宝塚女優

日程:11月23日(金・祝)〜25日(月) 2泊3日

会場:湘南国際村センター
   神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39
   TEL 046-855-1800

アクセス<電車>JR逗子駅または京急新逗子駅からバス(30分) タクシー20分
    <車>横浜横須賀道路・逗子インターより、逗葉新道路経由で約15分

【受講料】169,600円(宿泊費・食事代含む)

※カード決済可能。
※現地までの交通費は含まれません。

お申し込み:美し国事務局まで 

===========================

【2018 望年会のご案内】

さて、今年も残り少なくなりました。年末のご予定はお決まりですか?

12月3日(月)に東京・恵比寿にて「美し国 2018 望年会」を開催します。


「なでしこオピニオンの会」の顧問、世話人の方々と参加者との交流。
菅家廊下・翔塾を受講された方、ご興味ある方。
その他美し国に関わる方々、
どなたでもご参加いただける懇親パーティー(着席)です。

元ハンガリー大使公邸を改装した素晴らしい一軒家レストラン。
美味しいお食事とお酒を囲んで、平成の御代最後の年の瀬を楽しみましょう。
そして、平成という御代を振り返ると共に、新しい時代に向けて大いに語り合いましょう!


【日時】12月3日(月)19:00〜21:30 (開場18:30) 

【会場】Q.E.D CLUB 恵比寿(元ハンガリー大使公邸)
    目黒区中目黒1-1-29 (JR「恵比寿」駅西口より徒歩7分)

【参加費】 美し国会員10,000円 / 一般12,000円

【お申込み】 美し国事務局 → https://www.umashikuni.co.jp/event-h301203/

【締切】11月26日(金)  定員84名

〈1部〉19:00〜19:30  美し国・年間活動報告

〈2部〉19:30〜21;30
    なでしこオピニオンの会メンバーとの大交流会(立食パーティー)
    杉田水脈、呉善花、河添恵子、赤尾由美、葛城奈海、佐波優子、他

〈歌〉堀内明日香(元宝塚女優)
   ディズニー『アラジン』より 〜A Whole New World〜
   『坂の上の雲』より 〜主題歌 Stand Alone〜  など

どうぞお誘いあわせてお申込みください。お楽しみに!

posted by 事務局 at 10:12| Comment(0) | 言霊の華