2019年04月11日

言霊の華 第五二四号

『皇室は日本の良心と良識の府』

日本を顕(在・あ)らしめてやまないもの、皇室を顕らしめてやまないものとは一体何か。そこに目に見えない生命(いのち)の働きがあります。一系の元首(国王・帝王)が二千数百年に亘って続いているのは世界の奇蹟です。しかも神話の世界が現実に生き続けているのです。

アインシュタイン博士が来日し、日本を離れる時に残された有名なメッセージの中に「世界は戦うだけ戦って疲れ果てる時が来るだろう。その時それを救う盟主なる国が現われる。その国は世界で最も家柄が古く、最も格式が高くなければならない。私は神に感謝する。日本という国を残しておいてくれたことを」とあります。


神々の御意思、大宇宙の摂理がなければこうはなりません。日本に働いているもの、天皇、皇室に働いているものとは何か。日本神話は神話に非ず。それは次元を超えたノンフィクションストーリーなのです。

イザナギとイザナミが天の浮き橋に立って天沼矛(アメノヌボコ)をこうろこうろと掻き混ぜて、滴(したた)り落ちた塩でできたのがオノコロ島です。イザナギとイザナミは陰陽調和で結び。塩はシホで水と火。ひっくり返すと火水、即ち神です。

オノコロとは「自ずから転がる」で、自転を意味していますから地球のことです。太古の昔、何故地球が自転していることが判ったのでしょう。それは霊感と直感で判ったことなのです。だから次元を超えたノンフィクションストーリーと言ったのです。


天皇、皇室とは大宇宙中心の理念継承者であり、地球生命体の象徴なのです。何故、天皇、皇室が存在し日本国が存在しているのか。皇室は大宇宙中心から流れ来たる天津真清水(アマツマシミズ)を受けとめる美しい器なのです。

天津真清水は美しい濁りの無い澄み切った生命(いのち)の流れそのもの。それを受け止めるには、決して器を汚してはならないのです。「器を汚す」とは皇室の世俗化のことを言います。

皇室は日本の良心、良識の府です。理念そのもの。愛と慈悲の中心。御皇族方はよくヨーロッパに留学されます。それは大変結構なことですが、皇族方が真に学ぶべきことは欧米などではなく、日本そのものなのです。


天皇皇后両陛下が何故国民から深く愛され慕われているのか。それは両陛下の祈りと愛の復元力が働いているからです。国民は両陛下が「懐かしい」のです。嘘、偽りの無い真実の愛と慈悲を持ち、示して下さるからです。これが歴代天皇の伝統であり、皇室の伝統と文化なのです。

将来、皇族方は果たして国民から懐かしがられる存在でいられるのだろうか。皇室の世俗化と堕落は日本国の衰退、頽廃(たいはい)を象徴しているのです。皇室の世俗化を国家と世界のためにも喰い止めねばなりません。


私は決して皇室を軽んじてはいません。それどころか重んじるあまりの発言なのです。何卒失礼の段お赦し下さい。

本日は天皇皇后両陛下のご結婚60周年の記念日にあたり、都内で開催される「天皇陛下即位30年奉祝感謝の集い」に美し国を代表し参列させていただきます。

合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

★次週の言霊の華は海外出張の為お休みします。

---------------------------
【ご案内】 経営者交流会
---------------------------

「日本の理念と心から学ぶ成功哲学」

日時:4月24日(水)19:00〜21:30

会場:神楽坂セミナールーム

ゲストスピーカー:山下哲司 
(リハコンテンツ株式会社 代表取締役社長)


申込・詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/20190424%E2%80%90event/

---------------------------

「美し国経営者連盟 発足記念式典」

日時:5月13日(月)19:00〜21:30

会場:ロイヤルガーデンカフェ 飯田橋(サクラテラス2F)

ゲストスピーカー:長谷川裕一 
(お仏壇のはせがわ 相談役)

申込・詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/20190513%E2%80%90event/


==========================

posted by 事務局 at 10:05| Comment(0) | 言霊の華