2019年10月23日

言霊の華 第五五一号

『変えていいものと変えてはならないもの』

昨日、無事に即位礼正殿の儀が終了しました。午前中大雨に見舞われていた東京でしたが、開始時間頃、雨は上がり晴れ間も見え、虹までかかったのです。

この日の早朝、我等の同志、東京菅家廊下、東京美し国経営者連盟の代表幹事、京谷達矢先生の有志が葉山の御用邸前の一色海岸で禊をされたのです。氣温の低い雨の降る寒い中、新しい日本の門出を祈り、天皇、皇后両陛下、ご皇室の弥栄を願い、我等美し国、国家を代表して神々様に捧げたのでした。


義と誠の人ここに在り!です。流石(さすが)に私自身、それを思いつきませんでした。と言うのも前夜、呉善花先生の誕生会があり、私も京谷先生を始めとする我等一門も夜遅くまで共に過ごしていたからです。翌日禊の写メールが送られてきて、その事実が判りました。

義なる人々の出現そして育成こそ菅家廊下翔塾の使命と思い、願い続けてきた私の胸に熱く込み上げてくるものがありました。


令和の御代となってから災害に見舞われ続ける日本列島。日本の禊を促すかのように次々と襲来する台風。日本及び日本人が劣化の一途を辿る中、それを覚醒し、修復、改善しようとされる神々。即位の礼までに台風十五号、十九号が日本を禊し、洗い浄めたかのようです。台風十九号で百名近くに及んだ死者数は近年稀に見る被害をもたらしました。

そして思ったことは、「日本人は何か間違った方向、選択をしているのではないか」と言うことでした。その一つは十一月に斎行される大嘗祭のために建てられている大嘗宮の屋根のことです。日本の伝統はこれまで茅葺(かやぶき)の屋根でありながら、経費の節減を主張した秋篠宮様を始めとした宮内庁の意見に因り、板葺きに替えられてしまいました。


一億円の経費節減のため伝統が覆させられたのです。たった一億円程度で二千年以上の伝統を破壊するとは狂気の沙汰です。今回の台風十九号が日本に及ぼした被害額は数兆円に上ります。多くの家屋は水没し破壊されました。伝統を無視したしっぺ返しが起きたと思われてならないのです。

変えてもいいものと変えてはならないものがあります。変えてはならないもの、それが「伝統と型」。日本で最も重要で尊いものこそ宮中祭祀であり、その中で一番大切な祭祀こそが大嘗祭です。それを斎行する建物が大嘗宮であれば、大嘗宮こそ日本で一番大切な建物であるはず。それを犯すことに神々は決して黙ってはいません。


日本人が伝統と文化、精神を劣化させればさせるほど自然の猛威、神々の怒りは止むことはありません。若しこの先、男系天皇から女系天皇に替わることがあるならば一体どうなることか。

日本の伝統を破壊しようとする輩(やから)は何も左翼政党に限りません。宮内庁の中にも、外務省をはじめとする中央省庁の中にも、NHKを筆頭とするメディアの中にも多く存在しているのです。彼等は用意周到なる戦略、戦術の元に動いています。

その手段として女系天皇を持ち出し、ヒューマニズムに訴え、自由、人権、男女平等と誰もが反対できないような主張を繰り広げ、世論を誘導するのです。この罠を見破らなければなりません。


災害に心を痛めておられる天皇、皇后両陛下、そして上皇、上皇后両陛下。全て私たち国民の責任です。その肩に背負われているその重荷は国民が作り上げたもの。我々国民こそその重荷を背負うべきなのです。

この先、伝統の破壊が更に著しくなることでしょう。日本の滅亡の足音がすぐそこまで近づいているのが私には判ります。生命(いのち)を懸けて、我々はそれを喰い止めなければならないのです。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

-------------------------
【ご案内】
-------------------------
◆懇親会受付は25日まで!

【美し国関西6周年】

★激動の世界と日本の覚悟〜令和の時代をどう生き抜くか〜★

【講師】
・呉 善花
・河添 恵子
・菅家 一比古
・堀内 明日香

【日時】11月10日(日)
講演会14:00〜16:40  懇親会17:00〜19:00

【会場】アートホテル大阪ベイタワー(弁天町駅直結) 4階

【参加費】事前申込・支払制
1)講演会のみ 3,000円(一般・美し国会員共通)

2)講演会+懇親会 10,000円(一般)

3)講演会+懇親会 8,000円(美し国会員)


※学生に限り、講演会の無料招待枠あり(事前申込)

【当日券】講演会のみ:4,000円

注:懇親会の当日申込は承りません。

◆申込・詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/20191110-event/

-------------------------

【なでしこオピニオンの会】

★対馬ツアー報告と東アジア情勢★

【講師】呉善花・松浦芳子

対馬の歴史、国防問題、韓国人の現状など、10月の対馬視察ツアーの報告と朝鮮半島問題について掘り下げます。

【日時】11月22日(金) 18:30〜20:30

【会場】神楽坂セミナールーム (美し国事務局)

【参加費】
美し国会員 2,000円 / 一般 3,000円 /
当日券 4,000円

懇親会:別途6,000円(定員20名)

申込・詳細→事前申込制
https://www.umashikuni.co.jp/event-20191122/


posted by 事務局 at 12:33| Comment(0) | 言霊の華

2019年10月16日

言霊の華 第五五〇号

『対馬を守ることが日本を守ること』

先日、美し国主催で十月七日から九日までの二泊三日「対馬視察ツアー」に行って参りました。団長は美し国顧問、なでしこオピニオンの会代表、拓殖大学国際学部教授の呉善花先生です。

日韓関係が悪化しているこの時期、韓国人が溢れかえっているはずの島に韓国人はほとんどおらず、日本人観光客もいないため、まるで島全体が貸し切り状態だったのです。少々拍子抜けした感がありましたが、お陰で混雑も混乱もなく、ゆったりと対馬の自然、歴史、文化を味わうことができたのでした。


ガイド役を務めて下さった友納徹さんは中々の愛国者で、対馬の生き字引のような方です。説明や解説は終始熱のこもったものでした。呉善花先生はさすが学者だけあってメモのしっぱなしであり、道往く人、お店に居る店員さん、お客さんに声をかけ、取材を続けていたのです。

島には多くの韓国人も住んでおり商売を営んでいます。呉先生の取材の結果、結論の一つとして得たことは、彼ら韓国の人々は対馬が憧れであり、魅力的であり、とても行き易く、大好きな島であると云うことでした。しかし韓国では対馬は元々韓国の領土であり、いずれ韓国のものになると、まことしやかに宣伝され信じているのです。


そのためか韓国人観光客の対馬での行為は傍若無人ぶりを発揮しているのです。日本国に入国したという感覚ではなく、自国の島に行ったという感覚でしょう。いずれ韓国のモノになるための戦略を立て、土地を買占め、建物を買収し、店を開き、漁場を荒らし、対馬島民に半ば諦めさせる。

日本政府は何ら対策を打ち出し実行しようとしない。それに因って一種の実効支配を実現してしまうのです。竹島がいい例です。呉先生はその陰に中国があり、後ろで糸を引いているのではと推測しています。


韓国の現政権はアメリカから離れ、中国との同盟にシフトしようとしているのが見え見えです。過去領土問題は武力衝突が普通でしたが、日本の場合、日米安保同盟の壁があるため、戦略的に内側から侵蝕し、いずれ実効支配を実現する。北海道における中国資本の土地買収の実態はそれを物語っています。

政府はいつまで手をこまねいているのか。日本は現在(いま)ではすっかり竹島のことを諦めています。普通の国なら必ず武力で奪い返すはずです。国の主権が侵されるということは、我々国民一人ひとりの主権が侵されることを意味しているのをどれだけの日本人が理解しているのでしょう。


このままでは尖閣諸島も中国の実効支配となるのは時間の問題です。拉致被害者を取り戻せないのも、対馬をはじめとする離島を守れないのも、軍事力を発動できないからです。その原因は現行憲法にあります。左翼の人々は「憲法九条を守れ!」と叫んでいますが、守るべきは憲法ではなく国と家族なのです。

白村江の戦い、そして元寇の時、日露海戦の時、対馬は国防の最前線でした。対馬こそ防人(さきもり)の島なのです。延長五年(九二七年)に出された「延喜式神名帳」には九州の神社数は一〇九社で、その内の三割弱にあたる二十九社が対馬にありました。対馬は信仰の島でもあり、国防のための祈りの島でもあったのです。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古


-------------------------
【ご案内】
-------------------------
★本日開催!

【美し国経営者連盟】
−志ある真のリーダーとなりえる者たちの研鑚の場−

テーマ:経営者よ、やまとごころを持とう!

ゲストスピーカー:赤塚高仁氏  
赤塚建設株式会社 代表取締役

日時:10月16日(水)19:00〜21:50

会場:神楽坂セミナールーム

参加費:10,000円(食事代込)
経営者連盟会員:無料

★講演会のみ
美し国会員 2,000円
その他一般 3,000円


◆申込・詳細→
https://keieisyarenmei.com/event-20191016/

-------------------------

【美し国関西6周年】

★激動の世界と日本の覚悟〜令和の時代をどう生き抜くか〜★

【講師】
・呉 善花
・河添 恵子
・菅家 一比古
・堀内 明日香

【日時】11月10日(日) 
講演会14:00〜16:40  懇親会17:00〜19:00

【会場】アートホテル大阪ベイタワー(弁天町駅直結) 4階


【参加費】事前申込・支払制
1)講演会のみ 3,000円(一般・美し国会員共通)

2)講演会+懇親会 10,000円(一般)

3)講演会+懇親会 8,000円(美し国会員)


※学生に限り、講演会の無料招待枠あり(限定50名・事前申込)
注:懇親会の当日申込は承りません。

◆申込・詳細→ 
https://www.umashikuni.co.jp/20191110-event/


posted by 事務局 at 11:59| Comment(0) | 言霊の華

2019年10月11日

言霊の華 第五四九号


『崇高なる精神の継承』


日本の歴史を通して生活や精神を保ち、型作ってきた背景には、バックボーンとなるものが存在し続けてきました。それは確かに儒教であったり、仏教であったりもしましたが、それを教え、広めたりしたのは、あくまでも「人」です。


十七条の憲法を制定した聖徳太子、奈良の大仏建立の立役者である行基、役行者(えんのぎょうじゃ)、最澄も空海も。鎌倉仏教の祖師たち、皆、人が活躍したのです。四百年間も平和だった平安時代にも数多くの偉人たちが存在しました。


その特筆すべき方は菅原道真公です。天神様は現代ではすっかり受験や学問の神として祀られてしまっていますが、本来、道真公が怨霊となって天変地異を起したのは、国家国民に「清き明かき直き心」を取り戻すため だったのです。


その衝撃は時の為政者たちであった藤原一族を震撼させ、多くの貴族たちや皇族たちを緊張に追い込み、共に民衆の思いを駆り立て「天神信仰」が全国に広がったのです。一人の崇高なる精神がそうさせたのです。


一点の曇りもないその心境を、流罪になった太宰府の地で道真公が詠み上げた和歌があります。


海ならず 湛える水の 底までに 清き心は 月ぞ照らさむ


道真公はその居留(きょりゅう)の貧しき家から毎朝天拜山まで歩き、麓の「紫藤の滝」で禊をした後、頂上まで登拜したのです。そして京都の皇居に向かい祈りを捧げました。真に天皇と国家を想い、共に自らの潔白を心から祈ったのです。



崇高なる精神はその後も歴史に受け継がれていきます。芸能芸術も武士の世界、町人文化もそうでしょう。


江戸時代二百六〇年、その精神は、儒者、僧侶であったりしましたが、近江聖人と謳われた中江藤樹、石門心学で有名な石田梅岩や、国学者である賀茂真淵、本居宣長。そして圧巻なのは幕末に現われた二宮尊徳です。なんと豊かな精神世界の偉人たちの連続でありましょう。


愈々幕末の最終章に吉田松陰、藤田東湖、橋本左内、横井小楠(よこいしょうなん)、西郷隆盛、勝海舟等々が現われ、遂に日本の大変革期を乗り超えて行くことができたのです。


日露戦争の英雄たちも、大東亜戦争で散って逝った神風特攻隊を始めとする英霊たちも、皆崇高なる精神の人々だったのです。


このように日本が今日存在できているのは、多くの崇高なる精神の人々の血と汗と涙の犠牲があったからに他ならないのです。この先人たちが今日の日本を繋いで下さいました。果たして現代日本にどれだけの崇高なる精神指導者が存在しているのか。それに拠って日本の運命が決まるのです。



先日、十月五日、私の教育哲学の師匠である久保田信之先生が主催している「アジア太平洋交流学会」二〇周年の記念式典に伺いました。私と久保田先生の出会いは四十三年前に遡ります。先生はこれまで終始一貫日本の危機、人間としての有り様を説かれ続けて来ました。


久し振りに先生のお話を伺い、改めて感じたことは、この師匠に出会ったことが自分の根幹の一角となっているのだと思わされたことです。


崇高なる精神の継承こそ真実の一流人を育て、日本を存続することに繋がっているのだと実感します。


合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古


-------------------------
【ご案内】
-------------------------

【美し国経営者連盟】
−志ある真のリーダーとなりえる者たちの研鑚の場−

テーマ:経営者よ、やまとごころを持とう!

ゲストスピーカー:赤塚高仁氏  
赤塚建設株式会社 代表取締役

日時:10月16日(水)19:00〜21:50

会場:神楽坂セミナールーム

参加費:10,000円(食事代込)
経営者連盟会員:無料


◆申込・詳細→
https://keieisyarenmei.com/event-20191016/

-------------------------

【美し国関西6周年】

★激動の世界と日本の覚悟〜令和の時代をどう生き抜くか〜★

【講師】
・呉 善花
・河添 恵子
・菅家 一比古
・堀内 明日香

【日時】11月10日(日) 
講演会14:00〜16:40  懇親会17:00〜19:00

【会場】アートホテル大阪ベイタワー(弁天町駅直結) 4階


【参加費】事前申込・支払制
1)講演会のみ 3,000円(一般・美し国会員共通)

2)講演会+懇親会 10,000円(一般)

3)講演会+懇親会 8,000円(美し国会員)


※学生に限り、講演会の無料招待枠あり(限定50名・事前申込)
注:懇親会の当日申込は承りません。

◆申込・詳細→ 
https://www.umashikuni.co.jp/20191110-event/

posted by 事務局 at 10:46| Comment(0) | 言霊の華