2020年04月30日

言霊の華 第五七六号

今週の言霊の華は堀内明日香よりお送りさせていただきます。


【宮古島と自衛隊そしてペリリュウ島の奇跡の出逢い報告記


先月(三月)初旬、沖縄の航空自衛隊宮古島分屯基地で『菅家廊下翔塾』の講演会が予定されていたのですが、コロナウイルス禍の為、講演は中止になりました。
しかし自衛隊有志たちと大神島の登拝、禊、宮古島基地の視察が実現しました。

このコロナウイルス禍の大混乱の中において、日本を取り巻く安全保障環境も目まぐるしく大きく変化しています。なぜなら、中国は尖閣諸島へ2013年からほぼ毎日のように日本の海に浸入しているからです。

宮古島分屯基地は南西諸島の要衝に位置するレーダー基地で、対領空侵犯措置を支えるため、24時間の警戒監視の任務に当っています。


今回、航空自衛隊宮古島分屯基地を司令にご案内いただき視察させていただきました。国防の最前線で、男性中心の隊員を統率していたのは私と同年代の女性司令。使命感に満ち、勇ましく凛とした姿で多くの男性隊員を統率していたのです。

精強な部隊の育成に取り組み、日本を守って下さっているその凛とした姿に心からの敬意と感謝を表する次第でした。


そして、自衛隊有志たちとの大神島の登拝、禊が実現したのです。国の防人たちに日本霊性、日本精神の源流に繋がって欲しい、その理念を学んでいただきたいとの菅家先生の思いがあったからです。

宮古の神々、大神島の神々に繋がることにより、尚一層の愛国心と防人精神を高め、培い、きっと神々のご加護を頂くに違いない。


そう言えば今年1月末、菅家廊下有志達とペリリュー島へ鎮魂慰霊に参った際、神のご加護を体験させていただくような奇跡的な巡り合わせがあったのを思い出しました。

パラオ・バベルダオブ島のパラオ国会議事堂で、なんと当時のペリリュウ島の戦いで生き残った、米国第一海兵隊の元兵士の方と偶然にもお会いしたのです。

第一海兵隊はペリリュウ島・オレンジビーチから上陸し六割が壊滅したと言われます。針の穴を通す以上に難しい、この地での奇跡的な巡り合わせです。


この地に10年住むパラオのガイドが、例えば、日本のNHK取材チームがアメリカ全土を探しても見つからないほどの確率、と言っていたほどの奇跡的なことだったのです。

もし見つかったとしても、取材に応じてくれるかどうかわからないほどの奇跡と。現在、米国のペリリュウ島の戦いの生き残り兵士は4名。そのうち、一人に出逢えた奇跡です。


我々がお逢いした元海兵隊の方は現在95歳。19歳の時にペリリュウ島の戦いに参加し、35日後に沖縄の戦いに向けてペリリュウ島の地を離れたと言っていました。

握手させていただいたとき、目頭が熱くなりました。思わず込み上げてきた言葉は

『ありがとうございます‥‥』

その時、当事の米国第一海兵隊の方より、

『日本は戦争に負けたけど、恥じることはない。アメリカと日本は一生懸命戦った‥‥』

と言葉を下さったのです。


時間で言うと1分程のやり取りの中でしたが、時間が止まったように感じたのでした。

時をこえて、先人たちの願いや想いは、今を生きる我々に託されている! 

そのことを感じずにはいられない巡り合わせです。数秒ずれていたら…出逢えません。

ペリリュウ島は日本人が日本人を取り戻せる聖地です。自衛隊有志たちとの大神島登拝、禊をするのも日本精神の源流に繋がるためです。


今、世の中は自粛ムード。
かつてのペリリュウ島の戦いの日本兵士達も敵に見つからないようにじっと洞窟内に潜み、いつ終わるのかわからない戦いをしていたと思うと、過酷さは天と地程の差はあるにせよ、コロナに感染しないようにじっとしている今の日本ではないかと思います。

ペリリュー島に行かせて頂き、先人達の血と涙と汗を感じる経験が今の自分を強く支えてくれています。

自分に賭けた学びはこういう時に必要なんだと、改めて日本の源流に立ち帰る、日本人としての原点に立ち帰る大切さを感じたのでした。

かむながらありがとうございます。

菅家廊下翔塾 講師 
堀内 明日香


-------------------------
【お知らせ】 
-------------------------

★動画公開中!

「美し国なでしこオピニオンの会」から新たにYouTubeの動画配信が始まりました。

5月は葛城奈海さん、赤尾由美さんが登場します。

https://www.youtube.com/channel/UCn0v4LdAF4RGVgPbOFYFdZA

☆チャンネル登録よろしくお願いいたします!

-------------------------

★新型コロナウイルス緊急事態宣言の為、屋内イベントは自粛しております。神楽坂の事務局も不在になることがございます。

ご連絡は事務局へメール、FAX、もしくは、090-7833-2745(水石携帯)までご連絡ください。

-------------------------
【ご案内】
-------------------------

★禊体験会★

月に1度、禊(みそぎ)を実践してまいります。

日程:5月21日(木)

場所:母の白滝(河口湖町) 

参加費:10,000円(交通費別)

持ち物:かんむり、ふんどし、サンダル、タオルなど

お申込み:美し国事務局 締切 5月18日(月)

<今後の日程>
○6月13日(土)綾広の滝(青梅市・御岳山)
●7月11日(土)母の白滝
○8月15日(土)龍神の滝

※当日の天候、参加者の状況により変更もございます。

詳細・申込→
https://www.umashikuni.co.jp/20200419-event/

-------------------------

お陰様で1周年!

【経営者連盟 5月定例会】

日程 5月18日(月)19:00〜22:00

会場:神楽坂 美し国本部

★成長を促進させる講話 菅家 一比古

テーマ「真の実力者の条件〜魂の扉を大きく啓く〜」

★参加者による学びのシェア
★交流会 20:45〜22;00

参加費:10,000円  
  経営者連盟会員 無料

詳細→
https://keieisyarenmei.com/


posted by 事務局 at 09:26| Comment(0) | 言霊の華

2020年04月22日

言霊の華 第五七五号

『叡智の成せる業(わざ)』

東日本大震災の時、民主党政権の脆(もろ)さ危うさを、国民はまざまざと見せつけられました。菅直人総理への批判は、原発対応の初動ミスが明らかになるにつれ、激しさを増して行ったのを覚えています。

時の政権が判断ミスをするのは、個人のせいばかりではありません。閣僚の意見、中央省庁の官僚、専門家や有識者の意見、そしてメディアの主張、国民世論の動向など、大きく作用するからです。しかし国家緊急の危機の時、最も求められるのは、トップリーダーの直感であり、判断であり、決断力であり、行動力なのです。


今回の新型コロナウイルスで取った安倍首相の対応は二転、三転と変わり、国民の多くの反感と失望を買ってしまいました。緊急事態宣言の遅れ、布製マスクの配布、SNSで星野源さんとコラボした動画への国民の批判、10万円給付の二転三転の件、全てが裏目裏目と出てしまう始末です。おまけにまたまた昭恵夫人が足を引っ張る。

消費税増税も多くの良識派の学者、評論家、識者たちが反対したにも関わらず断行してしまいました。そして結果、実質GDPが前期比で6.3%も落ち込んでしまうという事態にまでなったのです。もう東日本大震災での菅直人氏や民主党政権を「悪夢のような」とは言えません。

いま安倍政権こそ悪夢のような、と言われつつあります。習近平をあくまで国賓として招こうとするあまり、中国に忖度して今回のコロナの対応が遅れたとも言えるのです。何故こうなってしまったのか。それは「叡智」が働いていないからなのです。叡智の働きは深い「祈り」から生まれ、導かれ来たるもの、訪れ来たるものなのです。


上皇陛下が何故、ご譲位されたのか。若し天皇陛下の地位に留まっておられたら、このコロナ騒ぎの真只中、ご譲位は難しかったに違いないのです。それどころか、陛下のご心労は限界に達していたに違いありません。

多くの有識者が反対し皇太子殿下を摂政にするべきだと主張しながらも、陛下(上皇)はその決意と覚悟は決して揺るぎませんでした。まさに叡智の成せる業です。

あの時こそ、ご譲位の最高のタイミングだったと思われてなりません。「天皇に神働き給う」です。叡智とはそのようなものです。それは「神智」とも言えるでしょう。全ては神が知っておられる。だから深い祈りが必要なのです。天皇(上皇)陛下には祈りがあります。それも深い祈りが。


安倍首相よ、閣僚たちよ、政治家たちよ、もっと深く強く祈り給え。神から訪れた叡智の元(下)、決断、実行せよ。

国難は人知などでは乗り超えられる訳がないのです。靖国の杜で頭を垂れよ。お伊勢の杜で頭を垂れよ。産土(うぶすな)の杜で祈りを捧げよ。神は全てをご存知なのですから。そしてやがてピンチはチャンスに大きく変わるのです。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

-------------------------
【お知らせ】 
-------------------------

★第3話公開中!

「美し国なでしこオピニオンの会」から新たにYouTubeの動画配信が始まりました。

第3話『日本は台湾・アメリカとの連携が不可欠』
https://youtu.be/3uJO57B2VCs

日米関係の専門家ロバート・D・エルドリッヂ先生と中国分析の第一人者河添恵子先生が、 現在の米中関係、そして日本と台湾について語ります。ぜひご覧ください。

-------------------------

★新型コロナウイルス緊急事態宣言の為、屋内イベントは自粛しております。神楽坂の事務局も不在になることがございます。

ご連絡は事務局へメール、FAX、もしくは、090-7833-2745(水石携帯)までご連絡ください。

-------------------------
【ご案内】
-------------------------

★禊体験会★

月に1度、禊(みそぎ)を実践してまいります。

日程:5月21日(木)

場所:母の白滝(河口湖町) 

参加費:10,000円(交通費別)

持ち物:かんむり、ふんどし、サンダル、タオルなど

お申込み:美し国事務局 締切 5月18日(月)

<今後の日程>
○6月13日(土)綾広の滝(青梅市・御岳山)
●7月11日(土)母の白滝
○8月15日(土)龍神の滝

※当日の天候、参加者の状況により変更もございます。

詳細・申込→
https://www.umashikuni.co.jp/20200419-event/


-------------------------

お陰様で1周年!

【経営者連盟 5月定例会】

日程 5月18日(月)19:00〜22:00

会場:神楽坂 美し国本部

★成長を促進させる講話 菅家 一比古

テーマ「真の実力者の条件〜魂の扉を大きく啓く〜」

★参加者による学びのシェア
★交流会 20:45〜22;00

参加費:10,000円  
  経営者連盟会員 無料

詳細→
https://keieisyarenmei.com/
posted by 事務局 at 10:22| Comment(0) | 言霊の華

2020年04月15日

言霊の華 第五七四号


『死してもなお、笑いをもたらす「志村けん」という高級霊』

志村けんさんの死は、多くの国民に悲しみと衝撃を与えました。私も若い頃からドリフに対し時々ハレンチなコントや「カラスの勝手でしょー」等に苦笑いしながらも、やはりテレビで観ていてどうしても面白く楽しい思いに駆られたものです。

しかし心の中では「こんなくだらない番組をいつまでも観ていてはいけない」と思い続けていたのも事実です。でも観てしまうと大声で笑っていたのを覚えています。ドリフターズの先輩であるクレイジーキャッツのシャボン玉ホリデーなどは、小中学校の時代、大ファンでした。


私は自分でコントの台本を作り、それを何人かで演じ、クラスや学年の皆をよく笑わせていたのです。だから根っこは、面白いこと、人を笑わせたりすることが好きなのです。しかしその後、ドリフのお笑い、志村けんのお笑いから暫く遠ざかっていた私でした。

しかし時々テレビで志村動物園を観る機会があり、またお笑いの志村けんさんとは違う、素顔の人間味に好感を持ちました。動物たちと触れ合う姿に情感の深さや愛情の深さを見たのです。


亡くなってから各局で追悼番組が放送され、またまたお笑いを国中に巻き起こすのを見て、「死しても尚、笑わせる」その存在とは、まことに畏るべしです。

コロナ災禍で連日のテレビ報道がなされ、国民が委縮し暗い氣持ちでいる時に、死しても笑いを提供して下さっている志村けんさんの魂の存在こそ、笑いの神様であり、高級霊であったと言えるでしょう。私などは現在(いま)、YouTubeで志村けんさんを時々観てゲラゲラ笑っています。


昨今、タレントや、お笑い芸人たちの反政府的発言や、政治批判などが目立っている中、志村けんさんは決してそのような立ち位置におられませんでした。「バカ」に徹していたのです。

役者としての本分をしっかり弁(わきま)えていたからこそ、死してもなお国民的人氣があるのでしょう。日本人の心の中に生き続けるほどの存在とは、最早「偉人」と言わざるを得ません。笑いの神様であると同時に、神様の笑いなのです。


この時期に逝かれたのも偶然ではなく、この時期だからこそ天に召されたのだと思えてなりません。私たち一人ひとりはそれぞれ特(徳)性を神から頂いており、その特性、個性をこつこつと磨き続け、積み上げていかねばなりません。志村けんさんは笑いの世界で見事にそれを果たしました。

我々もそのように〇〇の神様、例えば人づくりの神様、経営の神様、経理の神様、営業の神様、物づくりの神様、料理の神様、下坐行の神様、掃除の神様、etc. このように自らに与えられた特性を知り、それを磨くことにより神様が私を通して御(おん)自ら自己表現、即ち自己実現を成されようとしているのです。


人間とは神の最高の自己実現体なのですから、そのご意志が私の中に貫かれています。死してもなお〇〇をもたらす。あなたでしたら一体、死しても何をもたらせますか。

戦後日本の繁栄と平和は、戦禍に散って逝った英霊たちがもたらして下さったものです。三島由紀夫先生の死は、菅家一比古と言う存在をもたらしました。あなたなら一体何をもたらすのでしょう。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

-------------------------
【お知らせ】 
-------------------------

★第2話公開中!

「美し国なでしこオピニオンの会」から新たに動画配信が始まりました。

第2話『トランプ政権が台湾重視に舵を切ったワケ』
https://youtu.be/AWUVz5GNp4o

日米関係の専門家ロバート・D・エルドリッヂ先生と中国分析の第一人者河添恵子先生が、 現在の米中関係、そして日本と台湾について語ります。ぜひご覧ください。


★新型コロナウイルス緊急事態宣言の為、屋内イベントは自粛しております。神楽坂の事務局も不在になることがございます。

ご連絡は事務局へメール、FAX、もしくは、090-7833-2745(水石携帯)までご連絡ください。

-------------------------
【ご案内】
-------------------------

★禊体験会★

月に1度、禊(みそぎ)を実践してまいります。

日程:4月19日(日)龍神の滝(檜原村) その他

参加費:10,000円(交通費別)

持ち物:かんむり、ふんどし、サンダル、タオルなど

お申込み:美し国事務局 締切 4月15日(水)

<今後の日程>
●5月21日(木)母の白滝(河口湖町)
○6月13日(土)綾広の滝(青梅市・御岳山)
●7月11日(土)母の白滝

詳細・申込→
https://www.umashikuni.co.jp/20200419-event/

-------------------------

お陰様で1周年!

★経営者連盟 5月定例会★

日程 5月18日(月)19:00〜22:00

会場:神楽坂 美し国本部

★成長を促進させる講話 菅家 一比古

テーマ「真の実力者の条件〜魂の扉を大きく啓く〜」

★参加者による学びのシェア
★交流会 20:45〜22;00

詳細→
https://keieisyarenmei.com/

posted by 事務局 at 10:41| Comment(0) | 言霊の華