2020年08月26日

言霊の華 第五九一号

『敗戦75年に想うこと (その2) 〜果たして「愚かな戦争」と言い切れるのか〜』

先の大戦を「愚かな戦争だった」と一口で片づけることは、ご英霊に対しとても失礼であり、侮辱的なことだと前回述べた通りです。もっと歴史的、文明史的に観て判断すべきでしょう。その文明史観について今回は述べたいと思います。

天正10年(1582年)九州のキリシタン大名、大友宗麟らの名代として、天正少年使節団がローマへ派遣されました。ローマでは法王に謁見し、天正18年(1590年)に帰国します。8年間のヨーロッパ滞在で眼にしたものが報告されており、それを読むと愕然とさせられます。


「行く先々で、日本人女性がどこまで行っても沢山目につく。ヨーロッパ各地で何万という。肌白く、みめよき日本の娘たちが秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、奴隷として転売されていくのを正視できない。鉄の伽(とぎ)をはめられ、同国人(日本人)をかかる遠い地に売り払う輩(やから)への憤りも、もともとなれど、白人文明でありながら、何故同じ人間を奴隷にいたす。ポルトガル人の教会や師父(神父)が硝石(火薬の原料)と交換し、インドやアフリカまで売っている(日本女性を)」。

豊臣秀吉が下した「伴天連(バテレン)追放令」の目的は、日本人奴隷売買禁止のためでした。秀吉の側近にいたルイス・フロイスの著書「日本史」の中にもあります。秀吉から副菅区長のコエリョとフロイスに遣わされた使者の言葉として、「高圧的な布教の禁止」、「家畜肉食への批判」、「日本における奴隷売買の禁止」を伝えたとの記録が残っています。


愛を説きながら、平然と人身売買をし、奴隷にする宣教師たち。秀吉の命令を受け、バテレン船を調査した長崎大村藩の役人たちが目にしたものは、夥しい数の婦女子や男たちが船倉に押し込められていた姿でした。これが決定的となり、バテレン追放令が発せられます。この背景にあったものがキリスト教だったのです。

旧約聖書「民数記」では、神の宣託を受けたモーゼが「神の言葉」として、人々に「男も女も全て虐殺しろ」「男を知らない処女は分かち合え」と命じたのです。聖書を信ずるキリスト教徒たちは、異教徒はそのように扱うのが神の御業(みわざ)、神の国を実現することに他ならないと信じたのでした。

白人キリスト教徒以外の異教徒は人間とは思われていなかったのです。大航海時代、スペインは16世紀に中南米で殺害した原住民の数は一億人に達すると言われております。スペイン、ポルトガルばかりではありません。北米大陸では1620年にメイフラワー号に乗った清教徒たちが上陸し、それを契機に次々と清教徒たちが上陸します。そして原住民を虐殺しながら西へ西へと進出したのです。


世界の歴史は、大虐殺と奴隷制度によって綴られて来ました。それはキリスト教以前から始まります。奴隷制度は、古代ギリシャに起こり、捕虜は奴隷にされ、戦利品として売買されたのです。古代ローマも同じです。そしてキリスト教によって更に激しくなります。

中世に栄華を極めたイタリアの商人たちは、奴隷貿易で儲けていました。ギリシャ人、トルコ人、スラブ人、アルメニア人、タタール人等がアレクサンドリアやベネチアへと売られていきました。大航海時代になると、アフリカ大陸の黒人が、奴隷貿易の主力商品となります。

白人キリスト教のスペイン、ポルトガル、イギリス、フランス、オランダ、アメリカは、アフリカ大陸から黒人を奴隷として「新大陸」に運んで来ます。奴隷船花盛りの時代そのものでした。奴隷貿易に拍車がかかったのは、1452年、ローマ教皇ニコラウス五世が、ポルトガル人に「異教徒を永遠に奴隷とする許可を与える」としたからです。これにより、白人キリスト教徒による奴隷狩りが始まったのです。

(次回につづく)

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

-------------------------
【ご案内】ぜひご参加ください!
-------------------------

【経営者連盟 第14回定例会】

テーマ『世界の大転換期は中国が握っていた!』
-真のインテリジェンスと時代を読み解く先見性-

講師:国際政治学者 ペマ・ギャルポ氏

日時:9月14日(月) 19:00〜 (18:30開場)

★申込先→美し国事務局まで
締切:9月7日(月)
お早目にお申込みください。

会場:美し国本部
   新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階

アクセス:東京メトロ東西線「神楽坂駅」1a出口よりすぐ

参加費:経営者連盟会員・・・無料(月会費10,000円)
    美し国会員/一般・・・12,000円(懇親会込)

=============
【お申込み・お問合せ】
美し国 事務局
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp
posted by 事務局 at 13:09| Comment(0) | 言霊の華

2020年08月19日

言霊の華 第五九〇号

『敗戦75年に想うこと(その1) 〜果たして「愚かな戦争」と言い切れるのか〜』

今年8月15日で敗戦の日より75年目を迎えました。美し国では、毎年恒例の早朝6時30分より靖国参拝・慰霊の後、奥多摩龍神の滝で鎮魂慰霊の禊会が行われました。靖国神社参拝では50名、禊会では40名が集い、英霊たちや先人たちへ強く、固く、熱い祈りを捧げ、誓いを新たにしたのです。

8月15日を1年の中の単なる一過性の1日と捉えるのではなく、日本人としての氣概を取り戻し、御英霊たち、神々、ご先祖に誓いを立て、志を示す1日だと考えて来ました。そしてそれを忘れることなく、日々感謝を心に持ち毎日を生きる。腑に落とし込むための8月15日の靖国参拝であり、奥多摩の禊だと強く自覚しております。従って私にとりましては、365日の全てが8月15日であり、行動、活動の原動力なのです。


高須クリニックの高須克弥先生も仰っていたことですが、「人は二度死ぬ、一度目は肉体としての死で皆そう思い込んでいる。死んだら終わりだと。しかし人間は肉体的死があっても実は死なないのです。皆の記憶に残っている間中は、実は生き続けているのです。靖国に祀られるというのは神になるということであり、神は永遠です。靖国に来ればいつも父に会える、祖父に会える、夫に会える。会ったこともない孫や玄孫(やしゃご)が来てお爺ちゃんを讃えてくれる。英霊たちが靖国で会おうと戦友と誓い、家族に宛てた手紙で述べたのは、単なる比喩ではなく、永遠の生命を手に入れるためのことだったのです。」と。

二度目の死とは何か。それは後世の人々の記憶から忘れ去られ、顧みられなくなった時です。ご先祖と子孫の関係も同じでしょう。あの世とこの世は陸続きになっており、あの世は常にこの世に忍び入っており、強く干渉して来ます。繋がりが切れるとあの世は不安定となり、この世に霊障をもたらし、国内は乱れ、国力が弱るのは当然です。


先の大戦のことを多くのメディアや人々が「愚かな戦争」と言い切っているのを時々テレビなどで目にする度、国の楯になって犠牲になった英霊たちに申し訳ない氣持ちになり、憤りを憶えます。英霊たちのこと、犬死にだとでも思っているのでしょう。愚かな戦争に駆り出された哀れな人々だと。これでは英霊たちは浮かばれません。

愚かな戦争が何故、白人植民地支配から有色人種を解放し独立に至らしめることができたのか。その愚かな戦争が何故太古の昔から続くのか。人類の歴史とは戦争の歴史だったと言えるでしょう。


現代我々人類が享受している民主主義、自由、平和、平等も戦争の結果もたらされたものなのです。とくにアジア諸国の植民地支配からの解放、独立国家の建設、経済の発展は、先の大戦がもたらしました。

その事実はASEAN諸国もインドも中東もよく知っているからこそ、そのほとんどが親日国なのです。インドでは昭和陛下が崩御された後、一週間半旗を掲げ、国民全体が喪に服しました。


戦争にはどうしても避けて通れないものもあるのです。尖閣が若し、武力侵攻され占領されたら、武力衝突は絶対避けられないでしょう。日米開戦の時もそうでした。日本は昭和陛下の御(み)心を受けて、直前まで平和交渉を続けていましたが、次から次へと無理難題を強圧的に押し付けられ、「座して死を待つか、立(起)って活路を開くか」の決断を迫られたのです。

欧米諸国は、アジアに於ける自らの権益である植民地支配を脅(おびや)かす日本を叩きのめしたかったのです。米、英は戦争のシナリオを作り、日本に仕掛けたのです。遠からず、欧米との戦争は避けて通れなかったでしょう。

戦って失った人命や物は確かに大きかったのですが、しかし連合国はアジア(インドも含め)での権益である植民地の全てを失ったのでした。日本のアジアの解放という大東亜戦争の理念は勝利したのです。

(次回に続く)

合掌 かむながらありがとうございます
菅家 一比古

-------------------------
【ご案内】 ぜひご参加ください!
-------------------------

【経営者連盟 第13回定例会】

−偉人に学ぶ経営の心得シリーズ 第1弾−

『渋沢栄一と岩崎弥太郎に学ぶ
資本主義を作り上げた男の生き様』

明治という時代の大転換期に数々の事業や会社を興し、
近代日本の礎を築きその事業は現代も発展し続けています。

岩崎弥太郎は三菱グループ創業者。

渋沢栄一は「道徳経済合一」を説き、生涯に約500もの企業に関わる。
来年(令和3年)のNHK大河ドラマ『青天を衝け衝け』の主人公であり、
令和6年より新紙幣一万円札の顔となります。


講師:菅家 一比古 

日時:8月24日(月) 19:00〜22:00

会場:美し国本部
   新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階

アクセス:東京メトロ東西線「神楽坂駅」1a出口よりすぐ

参加費:経営者連盟会員・・・無料
     美し国会員/一般・・・12,000円(懇親会込)

申込・詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/event/article20200824.html

=============
【お申込み・お問合せ】
美し国 事務局
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp
posted by 事務局 at 11:12| Comment(0) | 言霊の華

2020年08月05日

言霊の華 第五八九号

『戦後75年目 英霊の声を聞く』 -動画後半-

先週の言霊の華の続きで、
戦後問題ジャーナリストの佐波優子さんと対談した模様を
動画にて配信させていただきます。

・戦後75年で日本が失ったもの
・パラオ・ペリリュー島の鎮魂慰霊
・英霊の声を感じるには
・若い世代へどのように慰霊の意義を伝えていくか
・戦前の修身読本に掲載されていた「勇沈」
・日本の誇りを取り戻し、後世に伝える!

本日は後半部分(20分)をお送り致します。
ぜひご覧くださいませ。

⇒ https://youtu.be/hZxIeCoQ69U

★8月15日は靖国神社に参拝します。
朝早い時間帯ですが、英霊への祈りを捧げましょう。
(下記ご案内参照)

合掌 かむながらありがとうございます
菅家 一比古

前半の動画→
https://youtu.be/gC1xVgl65Ss

-------------------------
【ご案内】
-------------------------
【靖国参拝と禊会】

8月15日に靖国神社に参拝し、その後奥多摩に移動し、鎮魂慰霊の禊(みそぎ)を行います。

日程:8月15日(土)

★ 6:30 靖国神社集合(神門付近)  参拝
★13:00 龍神の滝 禊 (檜原村・数馬)

会費:10,000円(交通費別)

持ち物:かんむり、ふんどし、サンダル、タオルなど

靖国神社参拝のみも可能(1,000円)
夜は懇親会もございます(5,000円)

申込・詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/event/article20200815.html

禊の締切:8月7日(金)

------------------------

【経営者連盟 第13回定例会】

−偉人に学ぶ経営の心得シリーズ 第1弾−

『渋沢栄一と岩崎弥太郎に学ぶ
資本主義を作り上げた男の生き様』

講師:菅家 一比古 

日時:8月24日(月) 19:00〜22:00

会場:美し国本部
    新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階

アクセス:東京メトロ東西線「神楽坂駅」1a出口よりすぐ

参加費:経営者連盟会員・・・無料
     美し国会員/一般・・・12,000円(懇親会込)

申込・詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/event/article20200824.html

-------------------------

<禊体験会について>

ご参加された方には大変好評をいただきましたが、
9月以降の日程を見直すことになりました。
決まり次第告知いたします。

=============
【お申込み・お問合せ】
美し国 事務局
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp
posted by 事務局 at 11:59| Comment(0) | 言霊の華