2020年09月09日

言霊の華 第五九三号

今週の言霊の華は堀内明日香よりお送りさせていただきます。

『戸隠山報告記、そして日本は蘇る』

葉月の終わり、菅家先生率いる菅家廊下翔塾の同志達と長野県戸隠山へ登拝に参りました。

戸隠山(とがくしやま)は、日本二百名山の一つで標高は1,904m。
400万年前から270万年前頃の海底火山由来の火成岩が山体を作っており、古くから修験道場や戸隠流忍者の里としても知られています。


全体として古い岩質で構成され、脆く崩れやすい地質、登山の上級者向けのお山とされており、そこの中腹には戸隠神社(奥社)があり、そこで菅家先生の道彦で、一同懇(ねんご)ろにお参りをし、いざ山頂を目指し登拝開始。


登ってみると想像以上に危険箇所が多く、険しい岩場や垂直の鎖場の連続でした。
足を掛ける場所も安定せず、次の足はどこに、手はどこに掛けたら安定するのか、自問自答を繰り返しながら、それぞれに五感と身体の全神経をフル回転させながら登っていきます。


『蟻の塔渡』は最後の難所。そこに『清子さん、やすらかに』と言う碑があります。以前、大学の山岳部に所属していた「清子さん」という女性が転落し、後に仲間が碑を立てたのでした。そこで合掌。


山の形状ごとに、自分の弱気なメンタルが久しぶりに、顔を出してきました。
それまでも断崖絶壁の鎖場の連続で、落ちたら死。その中で、直射日光を思い切り浴び続け、頭はもうクラクラ。


今思うと、12名全員が無事に怪我もなく乗り越えられたのは、尊敬する先輩後輩同志達との、覚悟の姿や励まし、助け合いがあったから。
そして、菅家先生の見守りと祈り、神々のご加護のお蔭によるものです。


戸隠山は、毎年レスキュー隊が発動し、亡くなる方がいるほどのお山です。しかし山頂に立ってみると、神秘に満ちた神々しい景色は今までの怖さを一瞬にして忘れさせてくれるのです。


山頂の八方睨(はっぽうにらみ)では、同志合わせ12名で天鳥船(あまのとりふね)をはじめとするご神事を執り行いました。
道彦に京谷達矢、祝詞を山下哲司、聖寿万歳を大須賀広士、奉納歌を私、堀内明日香が務めました。


懇ろなるご神事が終わり、京谷先生と大須賀先生が日の丸の国旗を空に掲げた瞬間、なんと山頂の真上から眩しいほどの太陽の光が、垂直に射し込んできたのです。その瞬間、我々一同感動に包まれ、我を忘れるほどでした。


『戸隠』の名の由来は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が、高天ヶ原の天の岩戸に隠れたとき、天手力雄命(あまのたぢからおのみこと)が、その岩戸をこの戸隠山まで投げ飛ばし、世に光を取り戻したという日本誕生の神話とともにある伝説のお山です。


今回、安倍総理の辞任を戸隠山のホテルで夕刻に知り、翌日戸隠山登拝をすることになるのは、単なる偶然とは思えません。日本の大きな変わり目に戸隠山に呼ばれたのだと確信します。


菅家先生もこのタイミングは間違いなく、日本の魂の扉を啓くため、新しい時代を啓くために我々は呼ばれたのだとおっしゃっておられました。なぜなら、戸隠山とは霊的にみるとそう言う意味を持ったお山だから、とのことです。そして我々一同の自らの魂の岩戸を啓くためにと…。


戸隠山の山頂で、同志と共に神々に誓いと感謝と其々の覚悟を立てられたことは、日本蘇り運動に一層の拍車がかかることでしょう。神々の大いなるご意志に我々が導かれていることを感じずにはいられない奇跡の登拝だったと実感した次第です。

合掌かむながらありがとうございます

菅家廊下翔塾助彦
堀内明日香

-------------------------
【ご案内】いよいよ来週です!
-------------------------

【経営者連盟 第14回定例会】

テーマ『世界の大転換期は中国が握っていた!』
-真のインテリジェンスと時代を読み解く先見性-

講師:国際政治学者 ペマ・ギャルポ氏

日時:9月14日(月) 19:00〜 (18:30開場)

★申込先
→残席僅かのため、美し国事務局までお問い合わせください。

会場:美し国本部
   新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階

アクセス:東京メトロ東西線「神楽坂駅」1a出口よりすぐ

参加費:経営者連盟会員・・・無料(月会費10,000円)
    美し国会員・・・11,000円(懇親会込)
    一般・・・12,000円(懇親会込)

====================================================
【お申込み・お問合せ】
美し国 事務局
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp
posted by 事務局 at 11:52| Comment(0) | 言霊の華