2017年06月07日

言霊の華 第四三三号



『日本人にとって「決して忘れてはならない」こと』

阪神・淡路大震災、先の東日本大震災のことを決して忘れてはならないと、よく言われます。全くその通りです。日本人が忘れ、置き去りにしてきた美徳、その中でも自己犠牲の精神、人と人との絆、人と社会共同体との絆を一挙に思い出させ、取り戻してくれました。災害で犠牲になられた人々は国を代表して禊(みそぎ)をされて逝かれたのです。日本を取り戻すために。

「天の御心(みこころ)」がそこにあったとしたならば、もう一度震災の意味を問い直して見つめ直す必要があるでしょう。現在、日本は「天の御心」に適っているのだろうか。「美しい日本」はあるのだろうかと。


日本は「天然、自然の無常観」と言って有史以来、自然災害に見舞われ続けて来た歴史がありました。ある意味、慣れっこになっており、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」的体質が身についてしまったのかも知れません。

即ち捉われない、拘わらない、留どまり続けるわけにいかない。したがってそこに「惟神(かむながら)」の精神が生まれたのです。運命を100%受容する態度は、反論、反発、自己主張、闘争心を欠落させることにもなりました。

GHQの占領政策を「仕方がない」と従容(しょうよう)として受け容れてしまい、それが現在(いま)の憲法問題、教育問題、皇室の問題、家庭問題、国防問題等々、全般に亘って我が国の首を絞めている結果となっているのです。


拘らない体質、忘れてしまう体質、水に流す体質は中国、朝鮮はほとんど持ち合わせていません。徹底した政治性、攻撃性、怨恨性でもって平氣で嘘をつき、約束を破り、過去を徹底して蒸し返し、執拗極まりなく他者を攻撃します。

日本は勿論、美徳である惟神(かむながら)の精神を持ち続けることは大切です。ここで必要なことは「決して忘れない」という精神です。中国、朝鮮のような怨恨、憎悪の感情ではありません。心からの感謝、決意、覚悟をもった「忘れない」です。

私の心が邪(よこしま)になりかけたとき、私の行為が私利私欲に走りかけたとき、「忘れない」を思い出すことです。


私は心から大切にしていることがあります。先人たちは「私たちを愛してくれていた」ということです。ご先祖、父母は勿論のことですが、先の大戦で国の楯となって亡くなって逝った英霊たちのことです。

阪神・淡路大震災、東日本大震災で亡くなった方々のことを決して忘れてはならないのであれば、先の大戦で死んで逝かれた英霊たちのことはもっと忘れてはならないと、私は信念で思っております。

国民一人ひとりがそのように「決して忘れない」のであれば、日本は美しい方向へと進んで行くことでしょう。先の大戦は、アジアの解放、有色人種(中南米、アフリカを含めた)の白人支配からの解放、日本の自主独立、存亡をかけた戦いだったのです。

犠牲になられた英霊たちのお陰で、今日、日本があるのです。それどころか有色人種の独立国家があるのです。この事実を決して忘れてはならないのです。

合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

--------------------------
【行事案内】★予約受付中!
--------------------------

★なでしこオピニオンの会 月例勉強会

講師:赤尾由美さん 
   アカオアルミ(株)代表取締役

友情出演:矢作直樹氏(やはぎなおき)
     東京大学名誉教授 医学博士

★代表の杉田水脈さんも毎回参加します!

日時:6月19日(月)18:30〜20:30  

会場:神楽坂セミナールーム
   東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
  (東西線「神楽坂駅」出口1から徒歩1分)

参加費: 一般 3,000円 
  美し国会員 2,000円


★懇親会:勉強会のあと、希望者で懇親会も行います。(要予約)

●下記サイトからお申込みください。ご入金をもって申込完了となります。

http://kokucheese.com/event/index/471382/

posted by 事務局 at 16:26| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: