2017年07月20日

言霊の華 第四三八号



『全てに神を観る日本人』

「花に神を観る」これこそが日本人の感性であります。日本人が「花」と言った場合、それは外国人の言う「フラワー」とは違います。

「万葉集」の中に出てくる花の種類は大変多く、とくに「古今集」以後は花を美学的信仰の中心に置き始めました。その頃になりますと花とは「桜」を指すようになり、神に通じる「憑坐(よりまし)」として自然祭祀の独特の神聖さを意味するようになります。

「願はくは花の下にて春死なむ その如月の望月のころ」と詠んだのは西行法師でありましたし、本居宣長の遺言で宣長の奥都城(おくつき)には立派な山桜の木が植えられています。


勿論外国人も花を大切にしています。花束を人に贈ったり、結婚式で花を散らしたり、人が亡くなった時もその棺を花で埋めたり、あるいは花を摘んで花瓶いっぱいに活けたり、以前はハワイのホノルル空港に降り立った旅行者に空港のロビーで美しい女性たちが首にレイをかけたりと、外国においても花は一種の道具として儀式的に使われてはおりました。

しかし日本人はそれ以上に花を「花神」として捉えて来た文化的、精神的伝統があるのです。

例えば外国人の場合部屋中を花でいっぱい飾ったりしますが、日本の場合は違います。部屋(和室)のそこら中に花を飾ることはありません。お部屋の中のある一点に飾ります。それはやはり憑代(よりしろ)、憑坐(よりまし)だからなのです。


日本人はどうして和歌の中で花を詠むのか。和歌の言霊と花の生命(魂)を一体として神に捧げているのです。日本の伝統文化の生け花、即ち華(花)道に見られる「型」、雅(みやび)なる表現、工夫自体が神仏に捧げる儀礼、儀式そのものなのです。

日本人が「神を観る」のは花ばかりではありません。太陽のことを「お日さま」と呼ぶ国です。月を「お月さま」、星を「お星さま」と呼ぶ国です。山も海も、湖沼も川も滝も。森、岩、巨木、島、入り江、岬、湿原等全てが自然祭祀の対象です。雲や風、あらゆる生きモノたち全てが神の分魂(わけみたま)なのです。


そして現在、暑い夏の到来です。これすらも神の生命(いのち)の旅人として、季節神としてあちこちで夏越しの祭り、あるいは夏祭が繰り広げられています。

夏の熱気、エナジーを避けるのではなく、夏のエナジーを積極的に摂り込み、夏神さまと一つになってみましょう。

合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

--------------------------
【行事案内】★予約受付中!
--------------------------

■名古屋 第11回勉強会

日時:9月21日(木)18:30〜20:30
会場:ウインクあいち 906号室 (名古屋市中村区名駅4丁目4-38 9階 )

参加費:志

懇親会:会費4,000円

申込先:美し国事務局

---------------------------

★なでしこオピニオンの会

●葛城奈海と行く横須賀・護衛艦ツアー

講師:葛城奈海 
  防人と歩む会 会長
なでしこオピニオンの会 世話人
 ジャーナリスト

★杉田水脈先生も毎回参加します!

日時:9月10日(日)10:45〜15:30  

集合:10:45 JR横須賀駅 改札前

参加費(事前振込):
一般  6,000円
美し国・防人の会 会員 5,000円


●下記サイトからお申込みください。ご入金をもって申込完了となります。

http://kokucheese.com/event/index/476707/

posted by 事務局 at 18:23| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: