2017年09月14日

言霊の華 第四四六号

『盟友ネットワークを築く』 

若き頃、酒を酌み交わしては談論風発に熱を上げ、時々飲み会や旅行、美術館巡り、スポーツなどを共にしていた友たちとは、すっかり縁遠くなってしまいました。

お互いが其々忙しいこともあるかと思いますが、それ以上に「生き方」「考え方」、即ち価値観が明確に違ってきたこともその一因かと思います。


三十五才の時、仲間十人程と仲間の一人が所有する伊豆の別荘で、二泊三日の会がありました。丁度その時、昭和天皇の「大喪の礼(たいそうのれい)」が行われていたのです。仲間たちは酒とご馳走で大いに盛り上がり、「大喪の礼」何処(どこ)吹く風です。私は一人テレビに魅入ってしまい、じっと様子を見続けていたのです。

私は酒や料理どころではありません。「しまった、このような大切な時にこのような所に来るのではなかった」と、後悔したのです。自宅でもっとゆっくり昭和陛下のご事蹟を偲び、涙していたかったと。一人、テレビに喰い入る私の姿を見ていた仲間たちは、どんな思いでいたでしょう。


それから私は、普通一般的な友達付き合いなどできなくなってしまいました。そして私の中から「親友」は消滅したのです。「志」強く、志に生き続けていれば、人生観や価値観は大きく変化し成長します。親友と呼べる友は一人もいない私ですが、そのかわり「盟友」と呼べる友が多数現れました。

盟友とは志を共にし、行動する友のことです。山田宏先生も野口健さん、表博耀先生、池田整治先生、陰山康成先生、松浦芳子先生、そして菅家廊下や美し国の幹事の方々、皆盟友です。


吉田松陰先生は松下村塾門下生を「友」と呼びました。この場合の友とは「志」を共にする盟友を意味していたに違いありません。この「友」が後の明治維新を成し遂げる原動力となったのです。

ある意味、盟友とは親友よりも強い絆で結ばれており、偉人と呼ばれた人々もきっと親友よりも濃厚な盟友が多くいたことでしょう。それは魂と魂の出会いであり絆なのです。

私の知る偉大なる教育者や宗教家も親友がいたと聞いたことがありません。きっといたのかもしれません。しかし歴史上、出てくるのは師弟の関係のことばかりです。


親友がいないからと言って嘆き悲しむことなどありません。あなたの「志」が違うからです。大切なのはいかに志を高め、堅固なものにして行くか。そこに親友よりも強い盟友が出現します。盟友は畏(い)友であり、神友なのです。そのような盟友ネットワークができると、天下は動きます。

盟友とは天命の出会いの人々のことを言うのです。


合掌 かむながらありがとうございます。

菅家 一比古

--------------------------
【行事案内】
--------------------------

★平成菅家廊下・翔塾★

「総合人間力」の向上とリーダー育成

■名古屋 第11回勉強会

日時:9月21日(木)18:30〜20:30
会場:ウインクあいち 906号室 (名古屋市中村区名駅4丁目4-38 9階 )

参加費:志

懇親会:会費4,000円

申込先:美し国事務局
http://kokucheese.com/event/index/480335/

--------------------------

★「なでしこオピニオンの会」特別企画

『世界があこがれる日本のご皇室
 2677年続く皇室ってどんな存在?』

★森日和さん×菅家一比古先生によるトークショー

日時:10月2日(月)18:00〜20:00  

会場:神楽坂セミナールーム
   東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
  (東西線「神楽坂駅」出口1より徒歩1分)

参加費:【事前振込】美し国会員 2,000円  
      一般 3,000円  
     【当日】美し国会員 3,000円   
         一般 4,000円  

★詳細・お申込み⇒
http://kokucheese.com/event/index/480340/
posted by 事務局 at 09:48| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: