2017年11月09日

言霊の華 第四五四号

『自主独立の国家があってこそ』 

先日、名古屋で久し振りに山田宏(参議院議員)先生と会い、講演を伺うことができました。山田宏先生の話はいつ聞いても魂が揺さぶられます。それは魂で話しているからです。

そこで私も思いました。自主独立国家存続の当り前の条件は「自らの国は自らの力で守る」です。

それが出来なければ、我等の自由も、生活も、平和も、幸せな未来もありません。国防が第一で、それが保障された上での国民生活があるのです。

世界では国を捨て、あるいは失い、多くの難民が路頭に彷徨い、あてのない将来と人生に苦しみ喘いでいるのです。


ヨーロッパ諸国では、当初は難民に寛容で受け入れていたのが、現在では受け入れ拒否の国策に変容しています。国家が崩壊したり、不安定になった場合、豊かな国民生活も、自由も人権も、民主主義もありません。

日本人は未だに戯言(たわごと)に現(うつつ)を抜かし、真剣に国家を守る氣概がありません。

拉致被害者が推定で二百人に上ろうとしているのに、未だその救出すらできていない。北朝鮮による拉致を赦したのは、領土領海を死守するという国家意識が無かったためです。

だから竹島を奪われ、尖閣諸島が脅かされ、もうじき対馬も韓国化されようとしているのです。

北海道の国土は中国資本によってどんどん買い漁(あさ)られており、沖縄もはっきりと狙われております。

どうしてこうなってしまうのでしょう。憲法九条があるからです。これがある限り、自衛隊は国家防衛のための責任ある行動ができないのです。


朝鮮半島の有事の時、在韓邦人の救出のために朝鮮半島に乗り込むことすらできません。ミサイルがどんどん撃ち込まれても敵基地攻撃もできない。

専守防衛であれば敵基地攻撃はごく当り前のことなのです。それなのに現状は、ミサイルを撃ち込まれた後でしか防衛行動に移せないと言う、ぞっとするような現実が待ち構えていることを、どれだけ多くの日本人が理解しているでしょう。


70年続いた平和は日本にとって幸いでした。しかしその間、日本人は魂を失って行ったのです。立志、氣概、国家意識の低下は教育の荒廃を招き、家庭の崩壊、社会の混迷を招いてしまっています。

国に対する誇り、先人達やご先祖への感謝があってこそ、自らに対する誇りと自信が持てるのです。それが無いから、それを教えないから、人々が、とくに若者たちが彷徨うのです。

ハローウィンの狂騒や、SNSを使った犯罪、数々の親殺し、子殺し。児童虐待、老人福祉センターでの虐待、等々。日本が内から崩れていくその姿を天皇、皇后両陛下はどのような思いで見ておられるでしょう。


先ず基本的なことは
「自分の国は自分で守る」
「国に誇りを持つ」
「先人たち及び、ご先祖に感謝」
「自分に誇りを持って自信を持つ」
「常に他者貢献」
「他人(ひと)を先にして自分を後にする」

そのようなごく普通のことをしっかりと自分に言い聞かせ、他者にも伝えて行く。

そのようなネットワークづくりが「美し国、日本蘇り運動」であり、究極は至ってシンプルなものなのです。

合掌 かむながらありがとうございます。

菅家 一比古

--------------------------
【行事案内】まだお席あります!
--------------------------

★なでしこオピニオンの会

●「日本蘇りへの提言」

講師:呉善花先生 
  拓殖大学国際学部教授
  なでしこオピニオンの会 顧問

日時:11月13日(月)18:30〜20:30  

会場:神楽坂セミナールーム
 東京都新宿区神楽坂6-42
 神楽坂喜多川ビル5階
(東西線「神楽坂駅」出口1から徒歩1分)

参加費(事前振込):
一般 :    3,000円
美し国会員: 2,000円
当日: 一律4,000円

★懇親会:講演会のあと、希望者で懇親会も行います。(要予約・定員制)

●下記サイトからお申込みください。ご入金をもって申込完了となります。

http://kokucheese.com/event/index/484188/


posted by 事務局 at 09:51| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: