2017年11月16日

言霊の華 第四五五号

『日本に「教え」などなかった理由(わけ)』

二千年前、パレスチナの地でイエスは愛を説きました。それまでこの地は厳しい律法に支配され、戒めを破ったり法を犯した者は容赦なく裁かれ、ある者は石打ちの刑で死に、ある者は十字架上で死にました。

父なる絶対の神を中心とした社会では、「赦し」や「愛」よりも、律法を守ることこそが天国への道であると信じられていたのです。


そこに現れたのがイエスでした。「神は愛なり」と説いた教えは、当時のイスラエルの人々にとって驚きであると共に異端そのものだったのです。

結局イエスは十字架上の露と果てます。しかしその教えは愛の宗教として、キリスト教二千年王国を築くことになります。

世界の多くの国々、人々が「教え」の中に我が身を拘束させられており、この教えが無ければ人々や民族や国々はバラバラであり、混乱の中にあったことでしょう。


仏陀が誕生したインドも、カースト制度の支配下にあり、悲惨な社会状況に人々は喘いでいたのです。

病人は道端に捨てられ、生まれた赤ちゃんは手や足を切り落とされ、乞食として物乞いをしながら一家の食の足しにさせられたのです。そういう中で仏陀は「慈悲」を説きました。

イスラム世界も宗教原理の教義(ドグマ)によって、人々や部族、国家を束ねていかなければなりませんでした。


日本は?と言いますと、そのような「教え」の拘束を全くと言っていいほど受けて来なかったのです。即ち、宗教ドグマ(教義)が存在しなかった。

では日本人の「規範」や「倫理」はどのように定められてきたのでしょう?

それはズバリ、「自然」です。自然のことを日の本の民は「かむながら」と呼びました。

神の流れのままに、拘(こだわ)らない、捉われない、留(とど)まらない。これこそ日本の「和の精神の源流」にあるものです。

拘ったり、捉われたり、留まったりすると、循環システムがストップしたり狂ったりします。

和が急に乱れてしまい、波動が大きく低下するのです。和を乱すこと、即ち循環システムが狂うことを日本では伝統的に「罪」、「穢れ」と捉えてきたのでした。


自然は何の計らいもなく「自(おのず)から然(しから)しむ」であり、古事記の「高天原に成(鳴)りませる神の名は」にもあるように、神御自身も生成発展していることが判ります。

日本人にとって自然は神そのものでした。「自然に学ぶ」「自然に帰る」「自然に順(したが)う」・・・。日本人であれば違和感なくこの言葉はスッキリと入ってくる筈。一神教世界はこうはいきません。自然に学んだり、帰ったり、順ったりしたら大変です。神の逆鱗に触れます。


愛のない所だから愛を説いたイエス。慈悲なき所だから慈悲を説いた仏陀。内乱絶えず、下剋上絶えない所に「仁」「義」を説いた孔子。

日本に教え(ドグマ)などありません。自然こそ神であり、自然こそ教祖そのものでした。自然の営みの中に和を発見し、感じてきた日本人の宗教観に善悪闘争はなく、宗教戦争もありません。

お天道さま、ご先祖さま、世間さま・・・。これが日本人の倫理規範となったのです。なんと素晴らしい国に生まれてきたのでしょう。

合掌 かむながらありがとうございます。

菅家 一比古

--------------------------
【行事案内】
--------------------------

★なでしこオピニオンの会

『このままでいいの? 慰安婦問題で貶められる日本』
 〜次世代のために今私たちが出来ること〜

トークショー
★山本優美子(なでしこアクションの会 代表)
★杉田水脈(衆議院議員)


日時:12月11日(月)18:30〜20:30  

会場:神楽坂セミナールーム
 東京都新宿区神楽坂6-42
 神楽坂喜多川ビル5階
(東西線「神楽坂駅」出口1から徒歩1分)

参加費(事前振込):
一般 :    3,000円
美し国会員: 2,000円
当日: 一律4,000円

★懇親会:講演会のあと、希望者で懇親会も行います。(要予約・定員制)

●下記サイトからお申込みください。ご入金をもって申込完了となります。

http://kokucheese.com/event/index/492755/

--------------------------

★平成菅家廊下・翔塾★
講師:菅家 一比古 美し国代表

「総合人間力」の向上とリーダー育成

■名古屋 第12回勉強会(最終回)

日時:12月13日(水) 18:30〜20:30
会場:ウインクあいち906
    名古屋市中村区名駅4丁目4-38 9階

参加費:志(3,000円程度)

忘年会:会費5,000円程度

申込先:美し国事務局 TEL:03-5227-1778

★申込専用サイト →
http://kokucheese.com/event/index/496503/


posted by 事務局 at 09:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: