2017年11月30日

言霊の華 第四五七号

『櫻井よしこ先生の人間性の根幹にあるもの、それは母』

今月21日(先週の火曜日)、櫻井よしこ先生との対談が実現しました。ご自宅に呼ばれ、お昼をご馳走になりながらの対談でした。

それに先立ち、先生のご著書を数冊読んだ中で、特に感動し、印象に残ったものが『日本人に生まれて良かった』と『何があっても大丈夫』です。


櫻井先生のジャーナリストとしてのオピニオンは卓越したものがあり、その見事なまでの見識、洞察、分析は余人を寄せ付けません。多くの国民の心を捉えてやまないことは、世の中も周知のことでしょう。

ジャーナリストとしての櫻井よしこ先生は、まさしく国家を代表する知識、文化人です。しかし国民の多くは、それを作り上げた根幹は何かを知りません。即ち、人間性の土台なるものを。


『日本人に生まれて良かった』では、日本のアイデンティティー、文化の根源に触れられ、先生の保守精神、思想の土台がこのようにあるからこそ、あのようなオピニオンを発信できるのだと、つくづくその深さに感銘を受けたのです。

縄文や神道をここまで深く学んでおられたことに、古神道家としての私は共感共鳴の連続です。この本では、政治的、時局的問題に一切触れておりません。何故、日本に生まれて良かったのか、それのみです。


そしてもう一つの本、『何があっても大丈夫』は、櫻井先生の半生を描いた自伝的著書です。どのような父母のいる家庭で、何故ベトナムで生まれ、戦後、日本に帰国してからどのように育ち、幼少女期を過ごしたか。何故ハワイ大学に行かれたのか。そしてジャーナリストになるきっかけ等々。

この本には人間、櫻井よしこが活き活きと描かれています。私が最も感銘深かったのは、先生はまことに苦労人だったことです。そして先生の人生を支え、大きな影響をもたらしたお母様の存在です。


お父様は事業の鬼のような方で、戦前はベトナムを中心に東南アジアで幅広く事業を展開しておりましたが、敗戦によって財産の全てを失いました。

一家は昭和21年日本に引き揚げ、お父様のふる里である大分県中津に住みます。しかし、その事業熱(欲)は衰えず、父親だけ東京に単身で住み、事業を展開するのです。

やがて音信も途絶え、仕送りもストップします。東京に女性ができ、連れ子二人と共に生活を始めたのでした。櫻井先生の兄が高校に入学する頃、父に会いに行きその実態を知り、中津に帰ってから生活が荒れ始めます。


母は意を決して中津を離れ、実家のある新潟県小千谷の山の中に引越しました。女手一つで子どもたち二人を育て、高校にも入れさせました。

櫻井先生は名門長岡高校から一流女子大に合格されましたが、入学金、授業料が払えず断念します。そしてやむを得ず、その頃ハワイで大きな日本食レストラン経営で成功していた父を頼り、早朝から手伝いながらハワイ大学で学んだのです。

しかし父のレストランは騙されて人手に渡ってしまいます。櫻井先生は奨学金を貰い、アルバイトをしながら、自立、自存、自力で卒業したのでした。本当に苦労人です。


それを支えたのは母の存在です。本のタイトル『何があっても大丈夫』は、お母様の口癖だったのです。夫の悪口、批判を一切しないどころか、夫に同情すらしたのです。常に前向きな生き方を徹底します。このポジティブ思考、明るさに感動の連続でした。

お母様は「私は学問がないから、よく上手に言えない」と言いながら、お話されている内容の悟りの深さにただ驚くばかり。お母様の語録を本にしたいくらいです。そのことを櫻井先生に申し上げたら、笑いながら仰いました。「本当にそうですね。母の存在、母の愛があったからこそ、私があるのです」と。


先生のお母様こそ、日本女性の鏡、大和撫子そのものです。櫻井先生の人間性の基本、土台にあるもの、それはお母様でした。

お母様は、いま百七歳で健在で、櫻井先生とご一緒に暮らしております。だから先生は地方出張しても決して泊まらず、必ず東京のお母様の元にその日の内に帰ってこられるのです。

合掌 かむながらありがとうございます。

菅家 一比古

--------------------------
【行事案内】
--------------------------

★なでしこオピニオンの会

『このままでいいの? 慰安婦問題で貶められる日本』
〜次世代のために今私たちが出来ること〜

トークショー
★山本優美子(なでしこアクションの会 代表)
★杉田水脈(衆議院議員)


日時:12月11日(月)18:30〜20:30

会場:神楽坂セミナールーム
東京都新宿区神楽坂6-42
神楽坂喜多川ビル5階
(東西線「神楽坂駅」出口1から徒歩1分)

参加費(事前振込):
一般 : 3,000円
美し国会員: 2,000円
当日 一般4,000円 美し国会員3,000円

★懇親会:講演会のあと、希望者で懇親会も行います。(要予約・定員制)

●下記サイトからお申込みください。ご入金をもって申込完了となります。

http://kokucheese.com/event/index/492755/

--------------------------

★平成菅家廊下・翔塾★
講師:菅家 一比古 美し国代表

「総合人間力」の向上とリーダー育成

■名古屋 第12回勉強会(最終回)

日時:12月13日(水) 18:30〜20:30
会場:ウインクあいち906
名古屋市中村区名駅4丁目4-38 9階

参加費:志(3,000円程度)

忘年会:会費5,000円程度

申込先:美し国事務局 TEL:03-5227-1778

★申込専用サイト →
http://kokucheese.com/event/index/496503/

--------------------------

【元旦禊】 募集中!

現地集合:平成30年元旦 6時 静岡県南伊豆 弓ヶ浜

★31日の宿泊希望者を若干名募集しております。

詳細は事務局にお問い合わせください。
posted by 事務局 at 09:51| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: