2018年01月11日

言霊の華 第四六二号

『 元旦禊、それは原初からのメッセージ 』

今年も毎年恒例の元旦禊が斎行されました。第二十八回目です。二十八年間海の中で元旦の初日をお迎えし、拜み続けて来たのです。世の中で最も美しいお正月を迎えようと誓い、それが恒例行事となりました。

水平線上からオレンジ色に輝くお日様が顔を出した瞬間、言葉には表わせないほどの感動が全身を包み込みます。多くの道友が涙を流す一時であります。


私は何度も神秘体験を重ねて来ました。顕在意識がみるみる低下し、魂意識が浮上し、「我ならぬ我」が顕れます。これが本当の「実在」の我であり、永遠の生命、霊魂(みたま)そのものの我なのです。

私はお日様に向かい、両手を高々と広げ叫んでいるのです。「大神さまー、大神さまー、日(霊)の本(元)の男(お)の子、ここに在り!」それは絶叫に近いものです。

「大神さま、日の本にはまだこのような日本人がおります。どうぞ日本をお守り下さい!」と云う意味での絶叫であり、祈りなのであります。


何故、元旦禊を始めたのか。時々自らに問う時があります。勿論、最も美しいお正月を迎えたいと云う一念からですが、二十八年間続いている理由(わけ)とは何か。きっとそれは原初からのメッセージに喚ばれているからだと思います。

一年で最初に上ってくるお日様を海の中で迎えるとは、「日の光も、海の中も、共に原初からの生命誕生の原風景そのものなのではないか」と云うことです。

遠い遠い太古の昔の生命誕生の記憶がDNAに刻み込まれ、その記憶が復活する瞬間こそが元旦禊であり、生命の源流、原点だったのです。


だから元旦禊とは新たに生まれ変わる瞬間であり、これをもう三十年近くも続けていると云うことは、日の大神(アマテラス)様に間違いなく喚ばれていて、やらされていたのだとつくづく思えてならないのです。

それは我々の「美し国 日本蘇り」の為の象徴的行為だと言えるでしょう。国家国民を代表してさせて頂いていたのです。


日本は禊立国です。イザナギの大神が筑紫の日向(ひむか)の橘の音戸(おど)の阿波岐原(あはぎはら)で禊をして、日の大神である天照大神様が誕生しました。その日(霊)の御子こそ天津日継(天皇陛下)です。

ルーツを辿れば禊から始まったのです。だからこそ天皇陛下御(おん)自ら、元旦早朝禊をし、真っ暗な中、四方拜を執り行い、そのまま歳旦祭へと入られるのです。宮中祭祀で最も重要とされる新嘗祭の時も、必ず禊斎(けいさい)が行われ儀式に入られます。


我々美し国の元旦禊、紀元節の禊、春季皇霊祭(春分の日)のお伊勢参拜と五十鈴川での禊、その他日本全国での様々な禊は、まさに禊立国日本の理念の力がそうさせているに違いないでしょう。

今年の元旦禊も日の大神様が微笑んで下さいました。神より選ばれし総勢四十名の方々の雄叫びが、海に鳴り響いていたのです。

合掌 かむながらありがとうございます
菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】 募集中!
--------------------------

★なでしこオピニオンの会

『世界に伝えよう!日本の流儀』
 
トークショー
★山田 宏(参議院議員)
★杉田水脈(衆議院議員)

日時:1月22日(月)18:30〜20:30  

会場:神楽坂セミナールーム
 東京都新宿区神楽坂6-42
 神楽坂喜多川ビル5階
(東西線「神楽坂駅」出口1から徒歩1分)

参加費(事前振込):
一般 :    3,000円
美し国会員: 2,000円
当日 一般4,000円 美し国会員3,000円

★懇親会:講演会のあと、希望者で懇親会も行います。(要予約・定員制・6,000円)

●下記サイトからお申込みください。ご入金をもって申込完了となります。

http://kokucheese.com/event/index/500379/

--------------------------

【紀元節の禊】
2月11日(日・建国記念の日)
神奈川県 葉山一色海岸

【伊勢研修】
3月21日(水・春分の日)
三重県 伊勢神宮の参拝と禊

※お申込みは下記まで

==========================
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772 mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 09:46| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: