2018年02月02日

言霊の華 第四六五号 『国会議員とは国家経営者である!!』 

言霊の華 第四六五号

『 国会議員とは国家経営者である!! 』 

政府、内閣の中枢を司る国会議員とは、まさに国家活動、運営のための経営者と言えます。企業の場合、経営者の仕事や責任として企業財政の黒字化、お客様へのサービスの充実、社員とその家族の生活の安定。更には、社会貢献という事が挙げられます。

社会貢献活動として、社会に心の健康、体の健康、経済の健康、ひいては魂の健康をもたらすことです。《少なくとも弊社(株式会社ピュアーライフ・美し国)では、その為の情報提供や、情報伝達の場づくりとして、セミナー、講演会、機関誌の発行、研修合宿旅行等々を重ねております。》


どうしたらお客様や社会、社員、その家族に幸せをもたらすことができるか。その事業(思い)を推進するために、それに携わる社員の教育システムを充実させることが必要となって参ります。

社員教育に関しては、どの企業でも真剣に取り組んでいるのが現実です。意識として個から公へ。社員の意識の変化、向上、人間性の練磨、成長は必須となります。それを怠ってしまえば必ず問題は発生します。


東芝、三菱マテリアル、東レ、各自動車メーカーの検査基準問題、大手ゼネコンのリニア新幹線談合問題。昨年も事件が頻発しました。その結果、世間から厳しい糾弾に晒され、謝罪会見が相次ぎます。

企業を守り、存続していくために経営者は常に緊張の連続で、時に大幅なリストラ等も覚悟しなければならないのです。夜もゆっくり眠れたものではありません。業績不振に陥れば、給与削減、ボーナスカットは当たり前です。


それでは国家経営を任せられている国会議員、政府、内閣、その社員たちとも云える中央省庁の役人たちはいかがでしょうか。

これだけの財政赤字を出しながら、給与の心配なし、リストラの心配なし、老後の心配なし。企業経営者が会社を守るため、血の滲むような、涙ぐましい努力を続けているのに対し、果たして国会議員は「国家を守る」という意識と覚悟はどの程度持っているのでしょう。


「新安保法制」も「憲法改正」「機密保護法」も「歴史認識問題」も「歴史教科書見直し」も全て国家を如何に守るかが問われているテーマなのに対し、それに反対する希望の党、民進党、立憲民主党をはじめとする野党の姿は、まことに無責任としか思えないのです。

「国家を如何に守るか」。先ずそれが国家経営及び国家経営者の第一義的使命なのです。それができない、解らない国会議員は、最早、国家経営者に非ずです。国家のヌクヌクとした安全地帯に巣喰うダニのような存在と言えるでしょう。


私の心から尊敬する盟友である山田宏先生(参議院議員)は、杉並区長時代、一千億円あった借金をほぼ完済したどころか、二三〇億円もの貯金をつくりました。完璧に財政を立て直し、地方行政改革ランキング全国一位になったのです。他にも区長時代、目を見張るような実績を残しました。

私が何故山田宏先生を総理大臣にしたいのか。それは、日本が必ず良くなることを知っているからこそです。そして「国を守る」という意識がなんとも素晴らしい。彼こそ本モノの中のさらに本モノの国家経営者だと言えるでしょう。

合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古
==========================================

美し国「なでしこオピニオンの会」
特別企画・杉田水脈×山田宏トークショー

【世界に伝えよう!日本の流儀】

日時:3月5日(月)18:30〜20:30

会場:神楽坂セミナールーム
東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
(東西線「神楽坂駅」出口1から徒歩1分)

セミナー参加費:【事前振込】一般 3,000円 / 美し国会員:2,000円
【当日受付】一般 4,000円 / 美し国会員:3,000円

懇親会:人数調整中。

●下記サイトからお申込みください。ご入金をもって申込完了となります。
http://kokucheese.com/event/index/500379/

0219杉田×山田.jpg
posted by 事務局 at 11:17| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: