2018年02月22日

言霊の華 第四六八号

『 「花(華)のある人」になるために 』

中々金メダルの朗報が届かなかった冬季オリンピックで、羽生結弦君がケガから立ち直り見事金メダルを射止め、多くの国民が歓喜の声を上げました。そのくらい感動的な出来事でした。

ケガによる三ヶ月間のブランクにより、今度のオリンピックでの連覇は絶望的と思われていたにも関わらず、それを乗り越えての快挙です。


以前より結弦君を見て思っていたことは、この人には「花(華)」があると云うことでした。人にはそれぞれ固有の花があります。それを見事に咲かせることこそが人生でありましょう。

結弦君の演技は勿論美しくエレガントであることは誰の目にも判ります。その美しさは何処から来ているのか。彼の嫌味のない表情、言葉、姿にただ感心します。そして何よりも礼儀正しい姿に更に好感度が増すのです。

リンクに上がる時、一礼をし、リンクから出る時も一礼します。「この青年は相当教育がなされているな」と誰もが思います。彼の美しさの根底にあるものは「鎮魂」です。


プロ野球で大活躍した選手も鎮魂が行き届いた人々でした。川上哲治(巨人軍V9)は参禅で、王貞治は日本刀で、長嶋茂雄は徹底した素振りで鎮魂をしました。そうすることにより勘骨肚(かん・こつ・はら)が活発に鋭く働きます。

「ボールの縫い目が見える」「ボールが止まって見える」とは、この人たちの共通の感觸でありました。これこそが鎮魂の結果なのです。羽生結弦の金メダル連覇の秘訣はここにあったのです。

その美しさ、エレガントさ、それは「鎮魂美」として現れたもの。一流人とは結局、鎮魂美と云う花(華)を咲かせた人々のことなのです。


それはスポーツの世界ばかりではありません。中学生でありながら朝日杯で羽生善治さんを破った藤井聡太六段もそうです。彼は中学生とは思えない程の落ち着きと態度、言葉を持っており、やはりスターになるだけの花(華)を備えていたのです。

花のある人は遅かれ早かれ、必ず舞台の中央に出て来るものです。花とはオーラであり、波動であり、その人の根底から溢れ出てくる決して隠せない、誤魔化せない真実です。いかに「花のある人」になるか。


美しい心音(根)を奏で続けること。「美しい」を見続けること、聞き続けること。「美しい」をし続けること。私は、それは先ず禊と祈りだと思い、し続けております。それにより、私の魂は喜び、鎮魂されるのです。そして私の固有の花がやがて大きく咲き始め、芳香を放つ時が訪れます。

花のある人とは、心の田畑を耕し、美の種子(言葉、行為)を蒔き続け、それを育て上げた人のことを云うのです。

合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】参加者募集中!
--------------------------

★なでしこオピニオンの会★

【佐波優子講演会】

『この国を取り巻く身近な国難に私達はどう向き合うか』

【日時】3月12日(月)18:30〜20:30  

会場:神楽坂セミナールーム
   東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
   (東西線「神楽坂駅」出口1から徒歩1分)

セミナー参加費:
【事前振込】一般 3,000円 / 美し国会員:2,000円

【当日受付】一般 4,000円 / 美し国会員:3,000円

懇親会:6,000円。限定20名。要予約。

●下記サイトからお申込みください。ご入金をもって申込完了となります。

http://kokucheese.com/event/index/503607/

--------------------------

【伊勢研修】
3月21日(水・春分の日)
三重県 伊勢神宮の参拝と禊

★3月2日振込までは特別価格!

詳細・申込→ http://kokucheese.com/event/index/504023/

※お申込みは下記まで

==========================
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 10:01| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: