2018年03月29日

言霊の華 第四七二号

『お伊勢参りと禊は、授かるもの』

毎年恒例の伊勢参拜研修が春分の日の三月二十一日に斎行されました。春分の日は皇居では春季皇霊祭が執り行われ、天皇陛下御自(おんみずか)ら古式装束を身に纏う宮中祭祀でも重要な日です。

いよいよこの日を境に天照大御神様の日(陽)の光の働きが強く大きく盛んになっていく象徴的な日であります。

我々は天皇陛下の名代という自覚の下、既に今回で二十八回目を迎えました。この度の参加者も百名近くにのぼり、五十鈴川の禊は圧巻でした。


今年はそれまで気温の高い日々が続いていたにも関わらず、十九日辺りから寒波が到来し、二十一日は最も寒く大雨に見舞われたのです。

伊勢では日中の最高気温が7℃と真冬以上の寒さで、箱根では積雪が二〇センチ、各地でも大雪に見舞われた日でした。二八年間やってきた伊勢研修では最も寒冷な日となったのです。

「これぞ禊!」過酷な中にありながら百人もの人々の顔の表情は何故か明るく晴れやかなのには驚かされました。


「ああ、神さまに守られている!」神の愛とは人間から苦痛を取り除いてくださることではなく、苦境を乗り超える勇氣と決断を与えて下さることにあります。

そう「覚悟」です。覚悟が定まると人間は火の中にでも飛び込んで行けるのです。特攻隊や英霊たちのように。そしていつも思うことは、お伊勢参拜、五十鈴川の禊は「我々の業(わざ)には非ず、神(天)から授かったもの」と云うことです。


我々の意志(思)を超えて、神(天)にさせられたものであり、「我々は神さまに喚ばれた者たちなのだ」と云うことであります。世の中には行きたくても行けない、したくてもできない人々がいるのです。

だからこそ、喚(よ)ばれた我らが来れなかった人たちのためにも、代表で替りにさせていただいているのだと云う自覚が必要になって来るのです。禊や参拜、神事行事は「している」のではなく、「授かる」ものであり、「させていただいている」ものなのです。


今年も元旦禊に喚ばれ、紀元節の禊に喚ばれ、みすまるの宮の例大祭に喚ばれ、合宿やお山登拜に喚ばれ…。一度、導かれる体質、もたらされる体質ができますと、喚ばれ続けるようになるのです。

その時、自らの霊性が上昇している証だと言えます。そしてそのような人は「感謝が深い」状態となり、事ある毎(ことあるごと)に涙が溢れてまいります。

今年のお伊勢参りも意味が分って参加する人々よりも、縁があってさせていただいた人々が多数だったのではないでしょうか。それでいいのです。その縁こそ、神さま、ご先祖様、先人たちのお導きそのものなのですから。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】参加者募集中!
--------------------------
【みすまるの宮 例大祭】

日時:平成30年4月7日(土) 11:00〜16:30 (受付:10:30〜)

■講演会 11:00〜12:15
 講師:伊藤祐靖氏(元海上自衛官)『人生の転機』 

■例大祭 12:30〜13:45
 斎主:菅家一比古

■直会 14:15〜16:30   

参加費:7,000円(講演・玉串料・直会代含)

講演会のみの方:3,000円

会場:みすまるの宮
   菅家 一比古邸・東京都杉並区久我山4−50−36
(京王井の頭線「久我山駅」北口徒歩5分)

事前申込:下記美し国事務局まで 

締切:3月30日(金)

--------------------------

◆菅家廊下・翔塾 特別公開講座◆

『100年企業から学ぶ日本の真髄』
〜人が輝き組織が活きる心と身体の磨き方〜

講師:菅家 一比古 翔塾塾長 美し国代表
   堀内 明日香 翔塾講師(助彦) 元宝塚女優

★【名古屋】 定員30名
日時:4月3日(火) 18:30〜20:30

会場:ウインクあいち 1210 (名古屋駅から徒歩5分)

参加費: セミナー代:3,000円 懇親会費:4,000円


【事前申込】美し国事務局までお電話、またはこのメールにご返信ください。

1.お名前
2.ご連絡先
3.懇親会 参加する・しない
4.同伴者氏名

締め切り4月2日(月)

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

==========================
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 10:02| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: