2018年08月23日

言霊の華 第四九三号

『大義の為に生きる』


去る八月十七日、インドネシア独立記念日、市ヶ谷の防衛省内にあるスディルマン将軍像献花式に参列して参りました。スディルマン将軍はインドネシア独立軍の最高司令官です。

350年間に及びオランダの植民地となっていたインドネシアは当時「オランダ領東インド」と呼ばれ、原住民たちは過(苛)酷な白人支配下にありました。


大東亜戦争により日本はオランダからインドネシアを解放した後、インドネシア独立の為、郷土防衛義勇軍(PETA)を創設してインドネシア青年を訓練したのです。その「PETA」に若きスディルマン将軍が参加し、後に「PETA」はインドネシア独立軍となったのでした。


2011年、日本とインドネシアの強い絆に感謝して、インドネシア国防省からスディルマン将軍像が日本の防衛省に寄贈されました。四年前から献花式が行われ、スカルノ・デヴィ夫人もこの度出席され、私も夫人と親しく接することができました。


献花式の後、場所は憲政記念館に移りました。インドネシア独立戦争の為にオランダや連合軍と戦ったPETAの青年たちと、帰国せず、共に戦った日本兵たちの史実に基づいた映画『ムルデカ17805』の上映会がありました。


「ムルデカ」とはインドネシアで「独立」を意味します。この映画はおよそ20年前に、美し国の特別顧問であり外交評論家である加瀬英明先生の監修により制作されました。


上映中私は涙が止めどなく流れ続けたのです。当時帰国せず現地にとどまり独立戦争に参加した日本兵二千名。そのうちの戦死者一千名。約半数が亡くなったのです。


帰国しようと思えば帰国できた人々だったのです。祖国日本では、父母が、妻が子が帰りを待っていたのです。それなのに帰らず現地に残り、インドネシアの為戦い、半数が亡くなりました。生き残った日本兵は占領下の日本には帰れません。即、戦犯として逮捕され処刑されたでしょう。


亡くなった一千名の日本兵はインドネシアの英雄墓地に眠っています。大東亜戦争は白色人種からの解放が大義だったのだとしたら、インドネシアの為に戦った人々こそ「英霊の神々」であった筈であり、我々はこの方々を決して忘れてはなりません。


どんなに祖国に帰りたかったことか。なのに「大義」の為敢えて過酷な運命に我が身を投じていく姿。現代日本人は果たして大義の為、生きているのでしょうか。お国の為に、世の中の為に、人さまの為に命を捧げられる「何か」を持つこと。「負の生活者」「下座行」「引く力」等々、一身に引き受けて生きて(死んで)いく覚悟。


八月十七日、しみじみと考えさせられた一日でした。それにしてもデヴィ夫人は偉い。懇親会の終了まで残られていました。合計で七時間あまりもご一緒してくださったのです。「誠実」さと「律儀」さを感じずにいられません。あの方は正真正銘の大和撫子でした。


合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】

★なでしこオピニオンの会・新しい歴史教科書をつくる会女子部 共同開催イベント★

『日本と世界の美しい絆』
〜親日国No,1ポーランドと日本の熱き友情〜

講師:河添恵子 
   ノンフィクション作家

日時:9月10日(月) 18:30〜20:30 (受付18:00〜)

会場:神楽坂セミナールーム (東西線「神楽坂駅」1出口より徒歩1分)
   東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階

参加費:【事前振込】がお得!

セミナー:一般 3,000円 / 美し国・つくる会員:2,000円

懇親会:6,000円(限定30名 残りわずかです)

お申込みは下記サイトより受け付けております。
https://kokucheese.com/event/index/525316/

締切:9月3日(月)

【当日受付】一般 4,000円 / 美し国・つくる会会員:3,000円

--------------------------

◆菅家廊下・翔塾 本講座(ベーシック)◆

講師:菅家一比古 翔塾塾長 美し国代表
   堀内明日香 講師(助彦) 元宝塚女優

日程:9月22日(土)〜24日(月・振休) 2泊3日

会場:湘南国際村センター
   神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39
   TEL 046-855-1800

アクセス<電車>JR逗子駅または京急新逗子駅からバス(30分) タクシー20分
    <車>横浜横須賀道路・逗子インターより、逗葉新道路経由で約15分

【受講料】169,600円(宿泊費・食事代含む)

※分割可能。現地までの交通費は含まれません。

申込:美し国事務局まで 

==========================
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 10:31| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: