2018年10月25日

言霊の華 第五〇ニ号

『古来日本は十三才成人説』

                  
前回、明治維新で活躍した勤皇の志士たちは十代から目覚め、二十代では早、重要な働きをしていたと言いました。会津戦争では白虎隊が結成され、飯盛山で十六・十七才の若者たちが集団で自刃(じじん)しました。二本松や、白石、母成(ぼなり)峠でも十代の多くの若者たちが戦死したのです。

先の大戦では二十才前後の若者たちが南太平洋に散華(さんげ)して逝きました。出撃直前に、特攻隊員たちが小犬を抱えてにこやかに笑っている写真があります。とても死に逝く人には見えません。

フランスの英雄で、文化省大臣で文学者であり思想家でもあったアンドレ・マルロー、その愛弟子で著名なジャーナリストでもある、オリヴィエ・ジェルマントマはその写真を見て、まるで神の如しと涙したと言います。神々しく凛々しい姿だったのです。眩しかったのです。純一の魂の光を放っていたのでした。


長崎の原爆投下後、死んだ赤ん坊を背負い、焼き場の順番が来るのをすっくと立ち、待ち続けている幼い少年の姿を米国の従軍カメラマンが撮った写真が世界中に広まりました。

悲しみを堪(こら)え、口を真一文字につぐみ、赤ん坊の弟をおんぶし、礼儀正しく立っているその姿に、日本の底力が現われていました。この少年の姿こそ、南太平洋に散華して逝った特攻隊の神々しい姿にこそ、日本の将来が既に見えていたのです。


若者の姿とは日本の未来の運命そのものです。2022年より漸く十八才が成人と認められるようになりますが、それでも遅いと感じます。昔、日本は元服という「成人式」がありました。十才を過ぎたら幼さから脱却し、義務と責任を負う大人の仲間入りを意味する通過儀礼でした。

一家を支える、親を養う、兄弟を助ける、地域共同体の一員となる、国を想う。それが元服であり、古来の日本の姿でした。日本には本来「十三才成人説」があったのです。


源氏物語では光源氏は十二才で元服。その夜、葵の上と夫婦の契りを結びます。宮中や公家の公達(きんだち)は、元服年令を迎えると同時に夫婦になりました。その前に副臥(そいぶし)という年上の女性をあてがわれ、性の手解(てほどき)を受けていたのです。


日本文学には「何かやらかす十三才」が多く登場します。三島由紀夫「午後の曳航(えいこう)」で殺人を犯す息子十三才、柳美里「ゴールドラッシュ」の父殺し十四才、樋口一葉「たけくらべ」は吉原の遊郭が舞台です。大黒屋の美登利は「娘」と「女郎」の二股で十四才。

女郎を買って朝帰りする長吉十六才。谷崎潤一郎「少年」の主人公光子十三、十四才。「小さな王国」の主人公十一、十二才。そう言えば神戸のあの事件「サカキバラ・セイト」は十四才。はっきりと性に目覚め、社会性にも目覚めるこの年頃に「元服」があったのには意味と理由があったのです。


現代日本の若者たちを幼くひ弱にしているのは、親や教師の責任でもありますが、それよりも深刻なのは学校制度。教育システム自体に国家目標と理念が無いことです。


海一つ隔てた国々では生き延びるための努力を怠っておりません。自分たちの国は自分たちで守る。だから徴兵制度など当り前のこと。日本は生きる真剣さを取り戻さねばならないのです。

真の教育の復活は私塾から始まります。


合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

---------------------------
【イベント案内】
---------------------------
★締切間近となりました!

【美し国関西 設立5周年記念講演会&パーティー】
〜明治維新150年 新しき御代  今、問われる日本の姿〜


【セミナー・講演会】

◆第一部 特別基調講演 「明治天皇の世界史」

◎倉山満(くらやま みつる) 憲政史研究者

◎杉田水脈(すぎた みお)  衆議院議員
美し国 副代表  なでしこオピニオンの会 代表

◎葛城奈海(かつらぎ なみ)  ジャーナリスト、女優、予備自衛官、
なでしこオピニオンの会 世話人

◆第二部

◎菅家一比古(かんけ いちひこ)
一般社団法人美し国 代表

◎堀内明日香(ほりうち あすか)  元宝塚女優
なでしこオピニオンの会 世話人


【日時】11月4日(日)14:00〜19:30 (入場開始13:30)

セミナー/14:00〜17:15
懇親会 /17:30〜19:30

【会場】アートホテル大阪ベイタワー 4階   大阪市港区弁天1-2-1
(JR大阪環状線 地下鉄中央線「弁天町駅」直結)
※「大阪駅」より電車で約8分 「新大阪駅」より電車で約12分

参加費:【事前振込】
◆セミナー・講演会&懇親会
一般 10,000円  美し国会員 8.000円

◆セミナー・講演会のみ
一般・会員共通 3,000円   学生 無料(100名限定)

【詳細・申込サイト】 https://kokucheese.com/event/index/532991/

お陰様で11月4日の「美し国関西5周年」には多くのお申込みをいただき、誠にありがとうございます。

事前申込は今週末の、
10月26日(金)15:00までとなります。

懇親会の当日申込みはお受けできません。
セミナーも来週以降は当日券(4,000円)でのご対応となります。
どうかお早目にお申込みください。

【学生申込】もまだ受け付けております。

★美し国ホームページがリニューアル★
お申込みとカード決済ができるようになりました。
詳細はイベント案内欄をご覧ください。
http://www.umashikuni.co.jp/
---------------------------
◆菅家廊下・翔塾 本講座(ベーシック)◆

講師:菅家一比古 翔塾塾長 美し国代表
   堀内明日香 講師(助彦) 元宝塚女優

日程:11月23日(金・祝)〜25日(月) 2泊3日

会場:湘南国際村センター
   神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39
   TEL 046-855-1800

アクセス<電車>JR逗子駅または京急新逗子駅からバス(30分) タクシー20分
    <車>横浜横須賀道路・逗子インターより、逗葉新道路経由で約15分

【受講料】169,600円(宿泊費・食事代含む)

※分割可能。現地までの交通費は含まれません。

申込:美し国事務局まで

posted by 事務局 at 10:17| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: