2019年01月25日

言霊の華 第五一四号

『神よ、日本の理念と心を明らかにして給われ』                  

学生時代、学生運動真っ只中にあった頃、左翼の全共闘に対し、民族派の日学同(日本学生同盟)、新日協(新日本協議会)と言ったグループが対峙していました。反共(反共産主義)を叫んで目覚ましい運動を展開(回)していたもう一つのグループに原理研究会、国際勝共連合がありました。


暴力闘争はせず、大学キャンパスや街頭で、反共理論の講義や演説、断食等をしていたのです。このグループ、団体の団結力、組織力、闘争心はとても凄いものがあったのです。我々民族派の学生たちでさえ真似できない思想哲学で武装していたのです。


彼等の集会や催しに何度か顔を出したことがあります。それは宗教的炎、情熱が燃え滾(たぎ)っており、キリスト教の父なる神への忠誠、教祖への帰依の強さに圧倒される思いを持ったものです。反共運動の愛国エネルギーが父なる神にあったとは・・・。


それに対し、我々民族派の愛国エネルギーの源泉はどこにあるのか。日本中の若者たちが目覚め、立ち上がる思想哲学の中心になるもの、即ち、父なる神に対抗できるものとは。どう考えても「天照大神」しか思い浮かばないのです。


それではあまりにも見劣りしてしようがないと思いました。若氣の至りです。元々日本に絶対原理、唯一絶対、全知全能等と言ったものはありません。しかしその頃は闘うエネルギーの根源を得たいと思ったのです。そして多くの民族派の人々はそこに「天皇原理」を置いたのでした。


ところが神道、古神道、日本の深層、真実を知れば知る程、日本の「包み込み」の心性や、調和の意味が判ってきたのです。そして遂に日本の中心、日本を顕(あ)らしめているもの、天皇、皇室を顕らしめているものが判然としてきたのでした。


何故闘(戦)うのか。闘わなければならないのか。それは敵をつくるからであり、善悪二元論を置くからです。


一神教世界に何故戦争、内乱(紛)が絶えないのか。それは善悪に分けるから。一神教の父なる唯一絶対なる神に代わる崇高なる愛と哲学が知りたくて、二十代から日々神社参拝を続けて来た私でした。


「日本の理念と心を明らかにして下さい」毎日祈り続けた文言です。そして遂に「天御中主大神(アメノミナカヌシ)」に辿り着いたのです。そしてその後三十代半ばにして中央大学名誉教授、生涯の師である中西旭先生と出会い、禊の世界に導かれるのでした。


禊を通して私の魂の扉は大きく啓かれ、私の魂が日本の魂を捉え始め、遂に永遠の日本、朽ちない日本、滅びない日本を発見するのです。私の若き時からの祈りは見(美)事に成就されたのです。


昨日二十二日、久我山の菅家庵「みすまるの宮」では中西旭先生ご逝去十四年目のご命日祭が執り行われました。


合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

---------------------------
【ご案内】(事前申込制)
---------------------------

★紀元節の禊★

日時:2月11日(建国記念の日) 14:00〜15:00 

集合:神奈川県三浦郡葉山町一色海岸(御用邸裏)

●例年と集合時間が異なります
---------------------------

★春分の日の禊★

日時:3月21日(春分の日) 10:00〜17:00

集合:伊勢神宮 外宮 神楽殿前

●五十鈴川でみそぎ
●外宮・内宮 御垣内参拝
●御神楽奉納 など

◆詳細は美し国HPに掲載中

---------------------------

★菅家廊下・翔塾 アドバンス★

日程:2月9日(土)〜11日(月)

会場:湘南国際村センター(葉山)

---------------------------

★菅家廊下・翔塾 ベーシック★

日程:3月15日(金)〜17日(日)

会場:湘南国際村センター(葉山)

==========================

posted by 事務局 at 10:26| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: