2019年01月31日

言霊の華 第五一五号

『愛への氣づきこそ、自信と勇氣の源』

我々は何故歴史を学ぶ必要があるのでしょう。それは歴史的事実、事蹟を単に知るためではありません。きっとそれは歴史の一コマ一コマに人間ドラマがあり、そのドラマに先人達の血と涙と汗が隠されており、それを知るために学ぶ必要があるのです。

靖国の杜にある遊就館、鹿児島の知覧、鹿屋、沖縄の摩文仁の丘、呉の大和ミュージアム、江田島、パラオのペリリュー島、アンガウル島等々。これらは近代日本が欧米列強のアジア支配に対し立ち上がった日本の姿を彷彿させ、多くの英霊たちが戦死した悲しみを思い起してくれるのです。そして泣きます。

昨年のパラオでもそうでした。現地で毎日のように泣いていました。パラオで、皆で夜いただいた食事の美味しかったこと。皆で泣きながら、「でも、美味しいんだよね」と、一見矛盾した言葉を吐いていたのです。


英霊たちは水も食糧もなく戦い、玉砕を遂げたのです。それなのに我々は鎮魂慰霊に訪れていながら、美しい海で遊び、美味しい料理に喰らいついている。英霊を思うと涙が出てくる。しかし料理は美味しい。酒も旨い。「一体どうしたらいいのだ、この感情」。

英霊たちは応えます。「よくぞお参りに来てくれたね。いっぱい楽しんでくれ給え」と。日本に帰ったら、またすっかり現実に戻ります。あれだけ英霊たちを悼んでいながら、いつの間にやら忘れてしまう、現実を生きている自分を見るのです。


しかしこれは致し方のないことです。だからまた再び、巡礼に出かけるのです。忘れては思い出し、思い出した後に忘れての繰り返しです。それでいいのです。大切なことは「思い出す」こと。決して忘れ去ってはいけないのです。

靖国神社に行って思うこと、戦蹟を巡って思うことは、「我々は実に愛されていた。思われていた。見守られていた」と云うことです。これが大切なのです。愛への氣づきは人間を一変させます。


芥川龍之介の『杜子春(とししゅん)』。亡き母がいまも尚、杜子春のことを愛し、見守り続けていることへの氣づき。「私はもう何も要りません。お金や名誉も地位も。いまも私のことを愛し、見守り続けている母がいることが判りました」と杜子春は仙人に言いました。

主、イエスの愛に氣づいた弟子たち。あれだけ弱かった者たちが、死をも怖れない存在に一変し、十二弟子の内、十一人が殉教するのです。日本映画の名作、『おくりびと』『八日目の蝉』もそうです。「私は愛されていた」の氣づきでした。

それまでずっと続いていた親への反発、反感。そして人生の蹉跌(さてつ)。愛への氣づきは自らに自信と勇氣をもたらします。それは愛を享ける立場から他者を愛する、愛を与える立場に自らを変えて行くのです。


「我々は英霊たちから、先人たちから、父母から、先生から、友人たちから愛されていた・・・」 

早朝まだ暗い中、神社参拜とウォーキングに出かけ、朝の「氣」をいっぱい受け、日拜の印でお日様に向かい祈ります。

「天照らし坐す日の大神さま」を何度も唱え、その「氣」を身体いっぱいに溜め込みます。この時、天地一切から愛されている、守られている自分を実感するのです。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

---------------------------
【ご案内】(申込受付中)
---------------------------

★紀元節の禊★

日時:2月11日(建国記念の日) 14:00〜15:00 

集合:神奈川県三浦郡葉山町一色海岸(御用邸裏)

参加費:美し国会員3,000円 一般5,000円

締切:2月6日(水)

---------------------------

★伊勢神宮の参拝・禊研修★

日時:3月21日(春分の日) 10:00〜17:00

集合:伊勢神宮 外宮 神楽殿前

●五十鈴川でみそぎ
●外宮・内宮 御垣内参拝
●御神楽奉納 など

参加費:2月末まで早割中!
●美し国会員11,000円
●一般15,000円

◆詳細は美し国HPに掲載中
 ご入会も受付中です!

---------------------------

★パラオ・ペリリュー島 戦跡慰霊ツアー★

日程:4月15日(月)〜19日(金) 4泊5日

費用:30万円程度

★ご興味ある方は事務局までお問合せください。

==========================

posted by 事務局 at 10:54| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: