2019年03月06日

言霊の華 第五二〇号

『「勤勉さ」の源流と日本精神』

前回「母性救済」の話をしました。日本の場合、救済原理は「裁き」に拠らず、「許容」と「慈悲」に拠ってのみ成されると言いました。一神教の父なる神の世界では、「個」として神の前に立ち、最期の審判を受け、天国か地獄かが決定されるのです。

そこでストイックな信仰観が生まれ、人間及び人生に多大な影響をもたらします。地獄に堕ちないために人は勤勉に励み、極度の禁欲生活を強いられます。「信仰に拠って義とされる」は、まさにパウロ神学によるプロテスタンチズムの根幹です。


これが欧米資本主義世界を形成して行ったのでした。カルヴィン、ルターの宗教改革は、それまでのカトリック世界の母性的信仰世界を覆します。神と人を仲介していたのは常に「神父」でした。人々は罪を犯すと教会に行き、顔の見えない窓口で罪を告解(告白・懺悔)します。

そのような信仰形態が社会に「安心と安定」をもたらしてもいました。聖書を一般庶民が持つことは許されず、神父のみが所有していたのです。カルヴァンやルターたちが行ったことは、この仲介者を除外して、直接神と人間が繋がる事でした。


そして聖書も、教会や聖職者の独占から一般家庭へと普及して行ったのです。仲介者(神父)を失ったことにより、人々は直接神の目に晒されるようになり、そこに緊張が生まれます。常に「神の裁き」を意識した信仰生活と人生が始まります。

これがプロテスタンチズム、即ちカルヴニズムであり、ピューリタニズムなのです。この精神こそが、欧米型資本主義を築いたと言ってもよいでしょう。地獄に堕ちないために勤勉に徹する。勝ち組が負け組に施しをする。社会に還元するのだから、いくら儲けてもいい。収入の十分の一献金(教会へ)。


欧米の労働観にあるもう一つの要素は、「エデンの園」神話です。原罪を得たアダムとエヴァは、それぞれ罪として、男は額に汗して働く「苦役」、女は出産の苦しみを受けます。労役は苦役ですので、解雇するのは苦役からの解放であるため、平氣で社員の首を切ります。日本の場合は、社員を家族の一員と見なしますから「痛み」を生じます。経営者の収入も欧米から比較すると大富豪などおりません。


さて、日本の勤勉さを形成してきたもの、支えてきたものとは一体何でしょう。

それは一神教の父なる神の目ではないことは明白です。労働は苦役ではありません。それは「勤(いそ)しみ」です。古事記にもあるように、高天原の神々は天照大神をはじめ、皆働いています。楽しく、おおらかに。

倫理、道徳観にあるものは「お天道さま(大自然生命)が観ている」です。「こんなことしたら、お母さんが悲しむからできない」です。社会共同体を想う心、家族や人々を想う心、それは日本人の場合「母ごころ」が中心です。


そして明治開国以来、日本型資本主義を形成して来た精神は、武士道と商人道です。どちらも「道」が付いております。

社会はセクハラだのパワハラだの働き方改革だのと喧(かまびす)しいですが、「勤勉さ」がなければ、「近代」も「発展」もなかったのです。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

---------------------------
【ご案内】(申込受付中)
---------------------------

★伊勢神宮の参拝・禊研修★

日時:3月21日(春分の日) 10:00〜17:00

集合:伊勢神宮 外宮(豊受大神宮) 神楽殿前

●五十鈴川でみそぎ
●外宮・内宮 御垣内参拝
●御神楽奉納 など

参加費:
会員:15,000円
一般:18,000円

◆詳細は美し国HPに掲載中
 ご入会も受付中です!
https://www.umashikuni.co.jp/event-20190321/

---------------------------

★志ある経営者交流会★

「天を味方につける古神道に学ぶ成功者の習慣」

日時:3月27日(水)19:00〜21:00

会場:神楽坂セミナールーム

参加費:10,000円(飲食代込)

---------------------------

★みすまるの宮 例大祭★

日時:4月7日(日)11:00〜16:00

会場:菅家一比古宅
  (東京都杉並区久我山)

特別講演:呉善花
  (拓殖大学国際学部教授)

テーマ「美し国 日本の誇り」

参加費:7,000円(玉串料・お食事代含む)事前申込制

★講演のみ:3,000円

==========================

posted by 事務局 at 13:02| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: