2020年01月29日

言霊の華 第五六四号

『「中心帰一国家日本」と夫婦別姓問題』

日本は何故、天皇は男系なのか。夫婦は同姓なのか。そして何故、夫の墓に妻が入るのか。これは男尊女卑の現われだからでしょうか。話はそのような単純なものではありません。


そもそも日本に男尊女卑など歴史から見ても存在事実など無く、寧ろ女性の方が尊ばれ重んじられて来たのです。縄文時代も母が一家の中心で、縄文の神々と云えば母神が圧倒的な位置を占めていました。その中心こそ日の大神である天照大御神です。


飛鳥時代、天平時代、日本の仏教化が大きく成されたのも、後宮(皇后、妃、女官たちのいる殿舎)の女性たちの活躍があったからでした。「後宮に悪女なし」と、よく言われて来たのも、西洋王室や中国王朝に悪女が多く登場したにも関わらず、日本の後宮には皆無だったからです。


それほど日本女性の資質が高く、立派だった理由(わけ)はどこにあるかと問えば、日本の中心の神である天照大御神様の存在があるからです。赦し、癒し、羽含み、受容と寛容の女性性、母性性はそこから来ているのです。


そして「和」をもたらすエネルギーは「引く力」にあり、日本神話をみても、母神をはじめ女性たちは潔く隠れたり身を引いたりしています。


天照大御神の岩戸隠れ、黄泉(よみ)の国に行ったイザナミ、ワタツミに帰った豊玉比売(トヨタマヒメ)、産屋に火をつけ覚悟と操を示した木花咲耶比売(コノハナサクヤヒメ)。夫であるヤマトタケルを救(たす)けようとして海に身を投じた弟橘比売(オトタチバナヒメ)等々、皆潔く身を引き、全体を生かそうとしました。


この「引く力」こそ、日本女性の凄さであり、世界に稀にみる美しさと言えるでしょう。そこに「和」が生まれ、世の中に大調和をもたらし、大いなるエネルギーまでもたらすのです。


何故、夫の姓を名乗るのか、何故夫と一緒の墓に入るのか。それは引く力によって「中心帰一」して行くためです。中心とは何か。それは霊魂(みたま)であり天照大御神であり、日本の神々です。


天皇が男系であるのは、それは天照大御神に中心帰一するためなのです。日本は世界に誇る中心帰一国家であるのですから、この伝統精神を守るためにも世界や、世の中の流れ、風潮に染まり、流される必要は全くありません。


現代では女性の多くが社会で活躍しており、仕事の都合上、女性は旧姓を名乗っている人を多く見かけます。それは仕事の都合上やむを得ないことでしょう。しかしそうでない場合、例えば家庭内で兄弟姉妹たちがそれぞれ父の姓を名乗っていたり、母の姓を名乗っていたとしたら、果たしてそれが自然でしょうか。


私には不自然に思えてなりません。「○○家先祖累代の墓」は一体どうなってしまうのか。家族の絆が弱まることにより、ご先祖との絆も弱まり、繋がり、連続性がいつの間にか切れてしまうことは国家全体の絆、繋がりを弱体化させ、遂に亡国を招くというシナリオが隠されているようでならないのです。


「中心帰一国家日本」の伝統精神を決して軽視してはなりません。我等「美し国」の責任は重大です。


合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古


-------------------------
【ご案内】
-------------------------

【菅家廊下・翔塾 ベーシック講座】

日程:令和2年2月10日(月)〜12日(水)

会場:湘南国際村センター
   神奈川県三浦郡葉山町

詳細・申込→
https://www.umashikuni.co.jp/20200210-12event/

-------------------------

◆紀元節の禊◆

日程:2月11日(建国記念の日)

集合:13時 葉山一色海岸

参加費:会員3,000円/一般5,000円

-------------------------

◆美し国経営者連盟・2月交流会

日程:2月17日(月)19:00〜22:00

会場:神楽坂セミナールーム

会費:10,000円(懇親会費含)

-------------------------

◆伊勢研修◆

日程:3月20日(春分の日)

集合:10時 外宮神楽殿前

参加費:会員11,000円/一般15,000円
★2月末まで特別料金

申込・詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/20200320-event/

posted by 事務局 at 12:13| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: