2021年08月26日

言霊の華 第六三八号

『英霊たちを「犬死」と言わせないために』

平家の滅亡はやがて琵琶法師によって美しくも哀しい調べとなり、「平家物語」として後世に語り継がれて行きました。爾来(じらい)、日本人の琴線に触れ続け、今日に至っております。何故、平家物語が日本人の共感を喚(よ)ぶのか。きっとそれは、「滅びゆくものの美」がそこにあるからなのだと思います。

平家一門は武家の棟梁から朝廷の要職を占めるに至り、その栄華は雅やかさ、きらびやかさを極めました。その短い栄華は、一門の滅亡と云う形で幕を閉じたのです。平氏と源氏の決定的な違いは、平家一門の結束力が強く、とても仲が良く、学問、芸術、文化を重んじ、且つ一族の諍(いさか)いがほとんど見られることが無かったことです。

一方の源氏と云えば、頼朝は弟たちを殺し、親戚、一族を殺し陥れる策謀、謀略の、とても「美」とは遠いものでした。源頼朝の後を継いだ北条氏もまた同じで、その後の足利幕府も政略、謀略の連続です。

雅性、文化性を重んじた西日本武士団、政治性、儒教性を重んじた関東武士団。結末は、徳川幕府が西日本武士団に因って滅亡します。源氏が滅亡しても徳川の時代が終焉しても、「平家物語」のような人々に共感をもたらすような文学は、遂に現れませんでした。

平家の最期は、終わりっぷりが見事だったのです。先の大戦で散華して逝った特攻隊をはじめとする御英霊たちも同じです。後世の人々に忘れることのできない出来事として、強烈な記憶と余韻を残したのです。

毎年8月15日が近づくと、必ず特別番組として、大戦のドラマ、映画、ドキュメンタリーがテレビ等で放映されますが、全て大東亜戦争原罪論に帰結してしまうのです。驚いたことは、NHKの朝の連続テレビ小説の再放送の「あぐり」です。丁度終戦の日に日程を合わせたかのように、これでもか、これでもかと厭らしいほど戦前、戦時中の極端な日本の姿を強調しているのです。

左翼NHKの意図が判ります。そしてこのような放送で必ず言われることは、「戦争のことを忘れてはならない、風化させてはならない」です。その意味は「日本が間違っていた、悪かった」「戦死した人は惨めで憐れだった」。しまいには、「犬死だった」とまで言います。

そのことを忘れてならないと言いたいのでしょう。大東亜戦争原罪論に縛られている内は、決して英霊たちは報われません。英霊たちはそのような悪や罪のために殉じて逝ったのでしょうか。国家存亡の時、国を守るため、愛する家族やふるさとを守るため、楯となって逝ったのです。

英霊たちを犬死させたか、させなかったかは、後世に続く我々の生き方で決まるのです。英霊たちが願っていた祖国日本の姿と人々の姿。国を愛し、平和を愛し、繁栄を想う、その心にどう向き合って報いて行くべきなのか。

先の大戦のことを決して忘れてはならないとは、このことを言うのです。英霊たちを不幸だと思うその心が不幸なことなのです。そう云う我々こそ犬死だと思ったほうがいいでしょう。

英霊たちは生命(いのち)の尊さ、国家の尊さ、人生の尊さを自ら示して下さったのです。英霊たちを犬死させるのもさせないのも、我々の現在(いま)の、これからの生き方が決定することを肝に銘じなければなりません。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

-------------------------
≪9月イベントのご案内≫
-------------------------
【美し国経営者連盟 第26回定例会】

マンリオ・カデロ閣下講演会&経営者交流会

『世界が愛する日本』
〜世界はこんなにも日本が好きだった〜

講師:マンリオ・カデロ閣下 
サンマリノ共和国特命全権大使 駐日外交団長

☆日時:令和3年9月14日(火) 19:00〜22:00

☆参加費:経営者連盟会員 無料/一般13,000円

☆会場:ロイヤルガーデンカフェ青山
東京都港区北青山2-1-19
    アクセス:東京メトロ銀座線「外苑前」or「青山一丁目」より徒歩5分

☆詳細・お申込みはこちらから
https://umashikuni.co.jp/event/20210914/

=============
【お申込み・お問合せ】
美し国 事務局
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 09:52| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: