2021年10月06日

言霊の華 第六四三号

『宇宙のリズムに沿って生きる』

長野県の安曇野に行きますと道祖神がたくさんあります。道祖神は四辻や道端、村や町の境にあって魔除けをし、旅人の守りをしています。道祖神は夫婦和合の姿を描いた石像です。肩や頬を寄せ合っていて、とても微笑ましいのです。

道祖神の「道」は「満ち」溢れているという意味です。中国で「技」が「術」となり、「術」になったものが「法」となり、「法」となったものが日本に来て「道」になるのです。

対馬海峡を渡ると、いろいろなものが「道」になります。(茶道、華道、武道、香道、歌道)「道」というのは究極なもので、そこに「魂」が溢れているのです。

ですから日本のことを「日(霊)の本(ひのもと)」と言います。霊魂(みたま)の「霊」は、元々ヒ、ミ、チとも呼びます。日本という国の磁場は、実は「霊の元(ひのもと)」なのです。世界で生まれた「技」や「術」が日本に辿り着くことによって価値の再創造がなされ、新たに生まれ変わるのです。

道祖神には道(ロード)を守るという意味の他に、道の祖(元、親)という意味があります。なぜ道の祖が和合像なのでしょうか。それは日本の響きが和合・調和であるからです。

この世は全ての響きが溶け合い、混ざり合い、調和しあって一大音楽が流れています。実は人体も音が鳴っていて、心臓には心臓固有の音、肺には肺の音、胃には胃の音があります。

これを発見したのがイギリスのマナー博士という方で、博士はそれぞれの音を収録しました。お盆にパウダー状の白い砂を撒いて、サイマティックスという音波で胃の音を聞かせたら、砂は胃の形になったのです。心臓の音を聞かせると心臓の形に、肺も膵臓も、みな固有の音を発しています。

人体はコスモロジーで60兆の細胞を持つ小宇宙ですから、宇宙の構造そのものです。この宇宙は全て音、響き、波動、周波数、波長で成り立っています。ということは、宇宙のリズム、流れ、法則を知った時、このリズムに沿って生きることが「道」、日の本(ひのもと)を生きることだとわかってきます。

イスラム圏やユダヤ圏、キリスト圏などは裁き、戒律などで生きようとしますし、宗教に限らずドグマを持っている国々もそのドグマに生きようとします。しかし、実際は違うのです。宇宙には響きがあり、法則がありますから、そのリズムを探っていけばいいのです。

そうしますと、自分が共振しはじめ、どこかでそれと共鳴する人が出てきます。一人の「気づき」で共鳴し始めると、周りも共鳴し始めます。その共鳴が次々に共鳴を呼び、響きが響きを呼んでいきます。

日本の中心に「和合・調和」という原理があることに私達は感謝しなければなりません。


合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

-------------------------
≪10月イベントのご案内≫
-------------------------
【美し国経営者連盟 第27回定例会】

呉善花氏ZOOM講演会

『日本人はなぜ「世のため」に商売をするのか』
〜日本にしかない「商いの心」の謎を解く〜

講師:呉 善花氏
拓殖大学国際学部 教授
一般社団法人美し国「なでしこオピニオンの会」代表

☆日時:令和3年10月23日(土)18:00〜19:30

HPなどにて講演会&懇親会の実施をご案内しておりましたが、
新型コロナウィルス感染状況を鑑みてZOOMでの講演会といたします。
ご了承ください。

=============
【お問合せ】
美し国 事務局
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
TEL:03-4360-8734
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp
posted by 事務局 at 16:36| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: