2021年10月27日

言霊の華 最終回 第六四六号

『花園の午睡』

あなたをいつも上から見下ろしてばかりゐた
あなたをいつも自分の眼鏡だけで見てゐた
果たしてあなたは私を見てくれてゐるのだらうか
本當は私の粗い波動を受けて傷つき
目をそらしてゐるのかもしれない

もつとあなたに近づきたい・・・
もつといのちを感じたい・・・

あなたと語りあへたならどんなに素敵だらう
この世の最高の戀人のやうにいつくしみ
私は癒されるに違ひない

私は花の氣持ちになつてみやうと思ひ
見下ろすのをやめ
花たちの隣に寝転び天を仰ひでみた

空いつぱいの青空が澄み渡り
綿菓子のやうなふんわりした雲が
につこり微笑みながら通り過ぎて往く

愛らしく囀る小鳥たちが
まるで無限の青ひ空間を
遊び場にしてゐるかのやうに
無邪気に戯れてゐる
蜜蜂たちはとてもにぎやかに
花たちとおしやべりしながらうれしさう

やがて一羽のアゲハ蝶がやつてきて
私の上を戸惑ひながら舞つている

あなたのその小さないのちは
皆を生かしてゐたのだ
そしてその可憐ないのちを
皆がいとほしく思つてゐたのだ

美しいあなたは自らを主張しやうとしない
だから人はさり氣ないあなたの
美しいいのちをつい見過ごしてしまふのだ

その可憐なるものを
地の上に現はしたものを私は讃へる
やうやく私はあなたと一つになれた氣がした
寝そべる私の身体の底から
大地の生命の囁きが
子守唄のやうに響ひてきた

あたりは目映ひばかりの光に包まれてゐる
まどろみをおぼへた私は静かに眼を閉じた

(菅家一比古 言霊詩集「いのち旅ゆく(二)」より)


この度、2021年10月末を持ちまして『言霊の華』の配信を終了させていただくことになりました。
ご登録をいただいておりました皆様には、長らくご愛読いただきまして誠にありがとうございました。
今後の皆様と日本の弥栄を心よりお祈り申し上げます。


一般社団法人 美し国
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
TEL:03-4360-8734
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp
posted by 事務局 at 12:05| Comment(0) | 言霊の華
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: