2018年12月07日

言霊の華 第五○八号

『菅家廊下で学ぶ「一流」とは (その1)』

菅家廊下翔塾では「一流について」を講義しております。普通一流と言えば、技術や才能などのスキルを指してのことだと思われがちですが、菅家廊下の一流は違います。一流とは「魂入れの名人」であり、地徳、人徳、天徳の持ち主を言います。

日本の「ものづくり」の根幹にあるのは、全ての万物は生命の現(顕)われであり、それがたとえ無機質なものであっても神さまの、又はみ仏の生命(いのち)そのものと捉えます。


鎌倉時代の初期に現われた明恵(みょうえ)上人は、道端に転がっている石ころに愛情を感じ「おむつをしたくなった」と云います。

花に神を見る感性や霊性は日本人特有のものがあり、ある有名写真家は花や植物をファインダーから覗き続けている内に、段々と自分が植物たちから覗かれていると云う不思議な感情が湧き上がって来たと云います。

日本人は花や木に語りかけることがきっと日常のこととしてできますが、さらに凄いのは花や木や、石ころや、牛馬から「話しかけられる」感性を持ち合わせていることです。

明恵上人の「合掌」のそれと凡人のそれとでは天と地の差があり、明恵上人の合掌はそこにみ仏(神々)の生命(いのち)を再現してしまうのです。


ものづくり日本の町工場の職人さんたちの道具に対する思い入れは一入(ひとしお)です。道具を生命として扱い、手入れを怠りません。昔より日本人は箸塚、筆塚、人形塚、針塚、包丁塚と云ったように、鎮魂供養を怠りませんでした。

ところが近年大消費社会が到来し、「もの」を単に物質として捉え、使い捨てが当り前の世の中になってしまいました。「もの」は第二の人間であり、「もの」を大切にする人は「人を大切」にします。その逆も大いに真なりです。


菅家廊下では、一流人の定義の中の一つに「一流とは魂入れの名人」があります。思(想)いを入れるとは愛を注ぐことであり、祈りを込めることです。そうして出来上がったものは全て祈りの造型(形)であり、生命(いのち)を帯びたものとなります。

教育などはまさしくそうです。吉田松陰先生は松下村塾の子弟たちに魂を入れたのです。日本史に出てくる塾生たちは三十人程ですが、その内半数が若くして亡くなり、残りの半数が近代日本を作り上げて行きました。

魂を入れたものは生命を帯び、躍動します。法隆寺は世界最古の木造建築で有名です。過去何度も地震を始めとする天災に遭遇したことでしょう。にも関わらず、一千五百年も生き延(伸)びてきた理由とは何か。

誰かが魂を入れたのです。聖徳太子、宮大工、僧侶、地元の人々の献身的努力と祈り、その造型そのもの。企業が続くのもそうでしょう。創業者が魂を入れた。そしてそれを継承した人々が魂を入れ続ける。だから今日迄存在し続けているのです。

(次回に続く)

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

===========================
【御礼】

12月3日(月)に、東京・恵比寿のQ.E.D CLUBにて、望年会を開催いたしました。

多くの皆さまのご来場をいただき盛会となり、誠にありがとうございました。心から御礼申し上げます。

写真はフェイスブックページからご覧いただけます。
http://www.facebook.com/umashikuni

posted by 事務局 at 10:50| Comment(0) | 言霊の華

2018年11月29日

言霊の華 第五○七号

『我々は愛されていた』−愛への氣づきが幸せをもたらす−

十一月二十三日は新嘗祭(にいなめさい)でした。宮中祭祀で最も重要とされるもので、この一年で穫(と)れた山の幸、海の幸を天照大神を始め神々にお還(かえ)し、捧げ、来年の豊作を祈願し、それをもたらすために成されます。

天皇陛下が禊、潔斎をされた後、夜の六時から宵の儀、夜の十一時から暁の儀、それぞれ二時間ずつ行われる重労働の祭祀です。先の大戦の敗戦までは、国家行事として、全国の神社によって懇(ねんご)ろに行われていました。

この新嘗祭によって国家、国民が享受する恩恵は計り知れません。国民が飢えないで生活できるのは、まさしく天皇陛下の新嘗祭のお蔭なのです。


十一月二十三日、我々は菅家廊下の二泊三日のベーシック(基礎編)のセミナーのため、神奈川県葉山町の国際村研修センターにおりました。夜の十一時頃、酒を酌み交していた一同は「あっ!いま、暁の儀が始まった頃だ」と言い、皆で「弥栄!」と叫んでいたのです。


天皇陛下が祭祀をどのような想い、願いの下で行われていらっしゃるのか。我々国民にとって、それは親の姿を慮(おもんばか)る子どもの如くでなくてはいけません。

目を閉じて静かに親の祈り、想いを察する、その波動を感知すること。我々は祈られていた、愛されていた、赦されていた。その愛への氣づきこそが、「幸せ」をもたらします。


何故靖国の杜で頭を垂れるのか。何故沖縄や、鹿児島の知覧を訪問するのか、はたまたパラオのペリリュー島や数々の戦跡を訪ねるのでしょうか。

それは私の場合、原点に立ち帰(還)るためです。勿論、鎮魂慰霊のためですが、それと共に「私は愛されていた」に氣づくためでもあります。父母の祈り、とくに母の祈りと涙は愛の復元力が働きます。

どんなに横道に逸れたとしても、失敗をしでかしたとしても、愛の法則である復元力に因って元に戻るようになっているのです。これが愛された者の強み、祈られた者の強みなのです。


日本には太古の昔より神と人とを取りなす、自然と人とを取りなす天皇がおられ、その祈りである宮中祭祀によって守られ、導かれ続けて来たのです。この愛、この大恩を皆さまは感じておられますか?


陛下のご譲位が近づいています。御上皇になられる今上陛下はこれまで同様、いえ、これまで以上に「祈り」に専念されると伺っております。

ですから決して「退位」ではありません。「御譲位」なのです。引退して楽になるのではなく、国家安寧、世界人類の平和の祈りに徹せられるのです。陛下はただの一度も自らのことを「退位」などとは言っておられません。

我々は愛されていた。陛下から、英霊から、先祖、先人、父母からも。そして大自然から、神々からも。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

===========================

【2018 望年会のご案内】

お陰様で多くのお申込みをいただき、お申込みは締め切りました。誠にありがとうございます。

★男性はジャケット着用でお願いします。

【日時】12月3日(月)19:00〜21:30 (開場18:30) 

【会場】Q.E.D CLUB 恵比寿
    目黒区中目黒1-1-29 JR「恵比寿」駅西口より徒歩7分

〈1部〉19:00〜19:30  美し国・年間活動報告

〈2部〉19:30〜21;30
    なでしこオピニオンの会メンバーとの大交流会
杉田水脈、呉善花、河添恵子、赤尾由美、葛城奈海、佐波優子、他

〈歌〉堀内明日香(元宝塚女優)
   ディズニー『アラジン』より 〜A Whole New World〜
   『坂の上の雲』より 〜主題歌 Stand Alone〜  など

---------------------------
【その他のイベント】

★おもちつき★
12月28日午前10時から、杉並区久我山の菅家代表の自宅にて、お正月にお供えする鏡餅を搗きます。参加者にはお土産もございます。

★元旦禊★
元日午前6時30分から南伊豆の弓ヶ浜で行います。

12月31日に現地近くで前泊も出来ます。希望者はお早目にご連絡ください。一緒に年越しをしましょう!

★歳旦祭★
元日午後4時より、杉並区久我山の「みすまるの宮」(菅家宅)にて年初の祭事を行います。その後新年会もございますので、お時間ある方はぜひご参列くださいませ。


参加費、詳細については美し国事務局にお問合せください。

posted by 事務局 at 10:22| Comment(0) | 言霊の華

2018年11月21日

言霊の華 第五○六号

『ワン・ボイス・チルドレンズ・クワイアと、ミス・インターナショナル』

ワン・ボイス・チルドレンズ・クワイア(以下、ワン・ボイス)が来日し、東京での初公演を美し国が主催できたことは、何と光栄な出来事であったでしょう。私個人としては、11月6日、7日、9日と三回も天使の歌声を聴かせていただきました。

6日は美し国主催、7日は飯田橋のカナルカフェ百周年でのイベント。9日はミス・インターナショナルでの特別ゲスト出演。9日のミス・インターナショナルは、7日のカナルカフェで「お仏壇のはせがわ」の長谷川裕一会長のお誘いを頂き、急遽実現したものです。それもS席の中でも最上席で「かぶりつき」状態。

大変高価な席で一瞬躊躇もしましたが、一生に一度の体験だと思い、行って参りました。別所哲也さんの司会で、DA PUMP(ダ・パンプ)の歌と踊りで会場内は大いに盛り上がっていました。


その中でもワン・ボイスの歌に観客は別の感動に包まれていたのです。大会中三度ステージに上がり、最後はミス・インターナショナルの美女たちをバックに歌い、観客を魅了したのです。現在(いま)では世界No,1の合唱団と言われているワン・ボイスです。そのミス・インターナショナルへの出演がどれ程までに大会に華を添えたことでしょう。

四才から十八才までの子どもたち、それも数多くの人種、民族の子らが四〇才の若者の日本人福田真史(Masa)に育てられ、成長を遂げ、一流に変貌して行くのです。私は身も心もすっかりワン・ボイスの虜になってしまいました。


さて、肝心のミス・インターナショナルですが、日本代表はTOP8に選ばれました。この選ばれた八人による三分間スピーチで、上位三人とグランプリが決定します。そしてグランプリは、南米ベネズエラの代表が選ばれたのです。

準ミスや、ベストウォーキング賞や、ベスト民族衣裳賞やその他の賞に、ついに日本代表は選ばれませんでした。とても綺麗だったのに。何故グランプリはベネズエラ代表だったのか。それはそのスピーチにありました。そしてそのオーラにありました。


彼女は「祖国ベネズエラを心より愛しています。しかし今祖国ベネズエラは貧困に喘ぎ、麻薬にまみれ、犯罪が絶えません。私のグランプリ受賞が実現したら、どれだけ国に勇氣と希望をもたらすことができるでしょうか。私は祖国を愛しています。祖国の復興のため、私はここに立っています・・・」とスピーチしたのです。

その華麗な姿の向こうにある、中南米、祖国ベネズエラの生きるための厳しい現実。「この女性は国を背負って来ているのだ」と実感したのです。中南米や、アフリカの黒人女性たち皆そうです。生きるための厳しい生活の現実があるのです。


日本代表のスピーチは国家が全くなく、ほぼ自分の事しか話しませんでした。このような華麗な場に参加している美女たちも、それぞれ国の事情があり、厳しい現実の中で生きることに一所懸命なのだと知らされたのです。

生きることへの真面目さ、真剣さ、緊張、それはその人のオーラとなって現われてくるのです。ハロウィンや、クリスマス、バレンタインデーで浮き足立つ日本の若者たち。

生きるための真剣さ、国家がある喜び、幸せ、感謝を噛みしめて欲しいとつくづく思うのです。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

===========================

【2018 望年会のご案内】

12月3日(月)に東京・恵比寿にて「美し国 2018 望年会」を開催します。


「なでしこオピニオンの会」の顧問、世話人の方々と参加者との交流。
菅家廊下・翔塾を受講された方、ご興味ある方。
その他美し国に関わる方々、
どなたでもご参加いただける懇親パーティー(着席)です。

元ハンガリー大使公邸を改装した素晴らしい一軒家レストラン。
美味しいお食事とお酒を囲んで、平成の御代最後の年の瀬を楽しみましょう。
そして、平成という御代を振り返ると共に、新しい時代に向けて大いに語り合いましょう!

【日時】12月3日(月)19:00〜21:30 (開場18:30) 

【会場】Q.E.D CLUB 恵比寿(元ハンガリー大使公邸)
    目黒区中目黒1-1-29 JR「恵比寿」駅西口より徒歩7分

【参加費】美し国会員10,000円 / 一般12,000円

【お申込み】美し国事務局 → https://www.umashikuni.co.jp/event-h301203/

【締切】11月26日(金)  定員84名まであと10席です!

〈1部〉19:00〜19:30  美し国・年間活動報告

〈2部〉19:30〜21;30
    なでしこオピニオンの会メンバーとの大交流会(立食パーティー)
    杉田水脈、呉善花、河添恵子、赤尾由美、葛城奈海、佐波優子、他

〈歌〉堀内明日香(元宝塚女優)
   ディズニー『アラジン』より 〜A Whole New World〜
   『坂の上の雲』より 〜主題歌 Stand Alone〜  など

どうぞお誘いあわせてお申込みください。お楽しみに!

---------------------------
【その他のイベント】

★おもちつき★
12月28日午前10時から、杉並区久我山の菅家代表の自宅にて、お正月にお供えする鏡餅を搗きます。参加者にはお土産もございます。

★元旦禊★
元日午前6時30分から南伊豆の弓ヶ浜で行います。

12月31日に現地近くで前泊も出来ます。希望者はお早目にご連絡ください。一緒に年越しをしましょう!

★歳旦祭★
元日午後4時より、杉並区久我山の「みすまるの宮」(菅家宅)にて年初の祭事を行います。その後新年会もございますので、お時間ある方はぜひご参列くださいませ。

posted by 事務局 at 14:31| Comment(0) | 言霊の華