2017年05月26日

言霊の華 第四三一号



『成幸者のオーラ』

一流人は心音(根)が違ふと菅家廊下の講義で述べてきました。心の根っ子にあるものこそ本音(根)です。「あなたの本音を知りたい」とは「あなたの真実を知りたい」と言う意味になります。
心の根っ子にある心音(根)は誤魔化しがききません。必ず顕在化するのです。

心音とは心のリズムでありメロディーであります。それは響きであり波動です。どんなに真面目に品よく誠実そうに装ったとしても必ず馬脚を現します。あなたの心の底に果たしてどのようなメロディーが流れているのでしょう。

幼い頃、親のとくに母親の言葉、表情、仕草がメロディー、リズムとなって潜在意識に入り、陰に陽に私の人生を支配し続けます。逆境に強い人、自信に溢れている人、常に前向きな人、親切で愛情豊かな人、それは一朝一夕で生まれたものではなく、長い間の母のメロディー(リズム・波動)に因るものなのです。

もう一つは自分自身が傾向的に使い続けて来た言葉、即ち言霊に因るものです。私も若い頃から習慣的に使い続けている言葉があります。その代表的なものに「かむながらありがとうございます」と、「我は霊魂(みたま)也、霊魂は神也、我即神也、神の分霊魂は完全円満無限也」があります。

若い時分から使っているため、私の潜在意識を支配しており、私の可能性に自信を与えてくれています。お蔭さまで自分のことで悩んだこともなく、常に他者のこと、世の中のお役に立つことを考え続けて来ました。即ち自分のことで悩む暇が無かったのです。

あなたはどのような言葉(メロディー、リズム、波動)を持っていますか?
その言葉に強い念(おも)いが入っておりますか? 要は「板」に付いているかどうかです。

板に付いていればその言葉は「水先案内人」となります。そしてあなたを成幸者へと導き、常に成幸者のオーラを放ち続けるのです。成幸者のオーラは常に「幸せ色」が放たれていると言うことに他なりません。この色こそ「心音(根)」であり、「本音(根)」であり、あなたそのものです。

不幸な人は「不幸せ色」を放ち続けた結果不幸になる。怒り、批判、嫉妬、ネガティブ発言、不愛想、我欲、執着等々。不幸せ色のオーラが放たれておりますから、禊と祈りの言霊で浄化されたらいいのです。そしていつもスッキリ、サッパリしていることです。

どうぞあなたも「幸せ色」のオーラを放ち、家族を、周囲を、職場を、そして社会を幸せ色の場に変えて行かれますように。祈


合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

--------------------------
【行事案内】★ご予約受付中!
--------------------------


【平成菅家廊下・翔塾】
「総合人間力」の向上とリーダー育成

★名古屋 第8回勉強会

日時:5月30日(火)18:30〜20:30
会場:オルクドール・サロン (東海東京証券株式会社)
  名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング 33階 
  (入口:オフィスロビーから)
参加費:志(3,000円程度)

懇親会:参加ご希望の方はお申し込みの際お知らせください。

---------------------------

★東京 第11回 勉強会
日 時:6月6日(火) 18:30〜20:30

会 場:神楽坂セミナールーム
参加費:志(3,000円程度)

懇親会:参加ご希望の方はお申し込みの際お知らせください。


申込み:美し国事務局まで
posted by 事務局 at 11:50| Comment(0) | 日記

言霊の華 第四三〇号



『日本の本当の姿』 その2

二〇世紀、世界に荒れ狂ったマルキシズム(マルクス・レーニン主義・共産主義・唯物論)。ロシア革命では三〜四千万人、中国の文化大革命でやはり四、五千万人が殺害されたと言われています。

カンボジアのような平和で穏やかな仏教国が赤色クメール(ポルポト派)によって国民の二、三割の三百万人が殺害されたのです。地主、商人、学者、文化人、教育者悉(ことごと)くです。メガネをかけているだけで殺されもしました。

残虐なのは子に親を殺させることです。すっかり洗脳された子供たちは、共産党に親のことを密告しました。カンボジアを襲った地獄のような悲劇は東ヨーロッパや、中南米など世界中に起こりました。フィリピン、インドネシア、ラオス、ミャンマーの山岳地帯では現在も共産ゲリラが暴れております。

では日本と言えばどうだったでしょう。確かに洗脳された中革、革マル、赤軍派のような一部の過激派は現在もいることはいます。しかし日本のどこかで武装蜂起したとか、テロが行われたという話は、ほとんど聞きません。

内ゲバで何人かが殺されたのは遠い過去の話です。北朝鮮では現在も独裁者による血の粛清の恐怖政治が続いております。

穏やかで平和に暮らす人々を一変させる宗教、思想、哲学のドグマ(教義)とイデオロギー。何故日本は揺るがなかったのか、国体を保ってこれたのだろうか。共産主義の毒に冒されず、宗教的イデオロギーにも侵されず、内乱、クーデター、外からの侵略もなかった日本。それは奇跡なのです。

それどころか白人の植民地支配、有色人種差別に敢然と挑んで行った日本。そしてほとんどの有色人種の国々が白人の植民地支配から解放され、独立を果たしました。

日本の真実の姿、それは「天皇国日本」。

世界で最も人種差別に反対して来た国。第一次世界大戦後行われたパリ平和会議。そこで日本は平和条約の項目に人種差別撤廃の一項を盛り込むよう提案します。
しかし、多くの国々が賛成し採決される寸前に、議長のアメリカ大統領ウイルソンが却下した。

昭和天皇陛下は大東亜戦争の遠因はここにあると戦後、明言されましたが、GHQに因ってこの発言は封殺されました。

そういう日本がどうして朝鮮の女子たちを強制連行し、性奴隷などできるでしょうか。「この濡れ衣を必ずや晴らしてみせる」と言う決意と覚悟こそ美し国の使命です。
「今に見ておれ」の氣持ちです。

世界で唯一歴史的に奴隷制を持たなかった日本。世界で唯一ユダヤ人を迫害せず、ナチスドイツの要請にも毅然として拒否し、ユダヤ難民を保護し、入国させた国日本。
その国柄はやはり天皇の御存在に拠るものでしょう。

聞こしめすスメラミコト・・・天皇は聞いておられる。
見そなわすスメラミコト・・・天皇は見ておられる。
知ろしめすスメラミコト・・・天皇は知っておられる。

西洋の王室の領(うしは)く世界とはまるで違います。
領くとは領有する、支配するという意味です。間もなく今上天皇陛下の平成の御代(みよ)が終わりを遂(告)げつつあります。眼を閉じ天皇陛下の祈りを心と魂で感じて参りましょう。

聖寿萬歳!

合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

--------------------------
【行事案内】★ご予約受付中!
--------------------------

【平成菅家廊下・翔塾】
「総合人間力」の向上とリーダー育成

★名古屋 第8回勉強会

日時:5月30日(火)18:30〜20:30
会場:オルクドール・サロン (東海東京証券株式会社)
  名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング 33階 
  (入口:オフィスロビーから)
参加費:志(3,000円程度)

懇親会:参加ご希望の方はお申し込みの際お知らせください。


申込先:美し国事務局
 事前申込をお願いします。
posted by 事務局 at 11:42| Comment(0) | 言霊の華

2017年05月10日

言霊の華 第四二九号



『日本の本当の姿とは』

「愛」を説く人がおります。「愛に生きる」「愛から始まる」「愛が大切」等々。言うだけなら誰でも出来ます。

愛の宗教と言われたキリスト教も神の愛、イエス・キリストの愛を訴えてきました。しかしそれによってどれだけ多くの人類が犠牲になったことでしょう。

十六世紀の中南米では約一億人の人々がスペインの侵略、植民地支配で殺害されました。先ず宣教師たちが先遣隊として出かけ、現地視察を行い細かな情況を本国に報せます。

その後武力を持って本国から軍隊がやって来ます。愛の宗教を説く白人たちがやったことは決して愛のある行為ではなかったのです。


そもそも愛を説く宗教も人々も、愛があるから愛を説いているのではありません。それは愛が課題だから愛を熱く語っているに過ぎないのです。即ち愛が足らないのです。

愛の足らなかった父なる神の世界の人々。そこに愛を説くイエスが現われたのです。

男性原理優位の世界では女性は男性の所有物でした。そこから反動で始まった、ウーマンリブ、フェミニズム、ジェンダーフリー等々。


日本社会は古代より女性優位の伝統、文化、精神を築いてきました。西欧とは全く異なります。インドではカースト制度の元、過酷なる貧困生活の中で人々は喘いでいました。

病人は道端に捨てられ、生まれた子は乞食をさせるため手足を切断されたのです。仏陀はそのような世界に慈悲を説きました。慈悲が無い世界だったからです。


米国独立宣言は建国の理念にもなりました。自由平等・博愛です。しかしそこには、黒人もネイティヴアメリカンも含まれていなかったのです。

ジェファーソン(独立宣言起草者、第3代米国大統領)は、黒人奴隷女性との間に数十人の子どもをつくり、百人以上の黒人を奴隷にしていました。まるで植民地の王様のように。

キリスト教精神の自由、平等、博愛のアメリカは原住民を殺害しながら西海岸に到着し、更に海を渡り、はるか海上のハワイ諸島を強奪するのです。


日本は歴史上、奴隷制度を一度も持ちませんでした。決して民族性が赦さなかったのです。

それは天皇がおられたからです。天皇は民を支配したのではなく、民を大御宝(オオミタカラ)と呼んで君民一体の祭政を行っていたのです。決して人間を奴隷化するなど考えられなかったのです。

そして日本には宗教イデオロギーが無く、多くの神々が仲良く混在する高天原パンテオンを形成していたのです。

ユダヤ・キリスト教に見られるような原罪や悪魔(根源悪)も存在しません。だから宗教戦争もありませんでした。

次回につづく

合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

--------------------------
【行事案内】★ご予約受付中!
--------------------------

【美し国「なでしこオピニオンの会」発足記念会】

日程:5月22日(月)18:30〜20:30
  
会場:公益社団法人 日本外国特派員協会(有楽町・外国人記者クラブ)

【詳細・お申込み】 
http://kokucheese.com/event/index/458227/

【参加費】

★美し国会員 1,000円
☆一   般 2,000円

※懇親会は満席となりました。ありがとうございます。

---------------------------

【関西特別企画】★南河内の神社ツアー★

集合:5月13日(土)10:20 道明寺天満宮 本殿前

1.道明寺天満宮 正式参拝 宝物見学
2.あたらしい道 新光苑(しんこうえん) 見学
3.壺井八幡宮 正式参拝 宝物見学 (17時半解散の予定)

参加費:6,000円程度(玉串料、昼食代として)
※参加人数によって調整いたします。
交通費、昼食時の飲み物、夜の直会代は別途

申込:美し国事務局まで ★締切5月11日(木)

企画:美し国関西 事務局長 浜野夕希子

---------------------------

★札幌・菅家一比古講演会★ 『魂で語る日本』

日時:5月24日(水) 18:30〜20:30
会場:かでる2.7 10階 (道立道民活動センター 1060会議室)
    札幌市中央区北2条西7丁目 JR札幌駅南口徒歩13分
参加費:1,000円(当日受付にて)
申込:http://kokucheese.com/event/index/459936/

申込先:美し国事務局
    事前申込をお願いします。
posted by 事務局 at 11:59| Comment(0) | 言霊の華