2018年05月31日

言霊の華 第四八一号

『生命(いのち)を捉える永遠の今』

人は何故、「美しい」を感じるのでしょう。「美しい」の感じ方は人それぞれ違います。私が「美しい」と感じたものを誰しも「美しい」と感じる訳ではありません。

名前を忘れましたが一昔前「石ころ」ばかりを描いていた画家がおり、個展が開かれていました。当初、「何が良くて石ころばかりを描いているのだろう」と思っておりました。

会場を一巡して帰ろうと思いましたが、もう一回、見学して少しでも納得しようと、今度は少々本氣で観(み)続けたのです。


私は若き時「明恵上人(みょうえしょうにん、鎌倉初期頃の高僧、華厳宗の中興の祖)」に魅かれ、強い憧れを抱いていたのです。明恵上人の対象に対する「命」の捉え方が凄まじいのです。

合掌一つにしても明恵上人のそれは半端(はんぱ)ではありません。本当にそこに仏(神)を観るのです。

その明恵上人が道端に転がっている石ころに合掌し、その石ころにおむつをしてあげたいと思ったと言います。そのことが頭の中にあった私は、石ころの絵に何か尊いものを感じたかったのです。

真剣に見て回っているうちに段々と絵の方から私に囁き、語りかけてくる「何か」を感じたのです。


一見、無機質のような「石」の中に生命が躍動している。その石の生命の「永遠の今」を捉えた絵。それは竹内栖鳳(せいほう)の三個の茄子の絵もそうです。

三個の茄子など八百屋で買えば1個が三十円〜五十円の世界です。しかし竹内栖鳳の三個の茄子の絵は何百万とするでしょう。

それは何故か。過去、現在、未来へと流れる時間、その瞬間の「永遠の今」を捉えたからです。それは決して朽ちたり腐敗したりなどしません。「永遠の輝き」というオーラを放っているのです。

それが生命であり魂なのです。それを捉えられる人が「美しい」が解る人なのです。



私が何故、西郷さんや良寛さま、明恵上人、昭和陛下のことを心から尊敬し慕っているのかと言えば、それは「美しい」からです。

偉人たちに共通して言えることは「弁解せず」です。従容(しょうよう)として運命、天命に身を委ね、潔く生き、死ぬ。これはとっても美しく、カッコいいと思ってしまうのです。

宇宙は愛から始まった。宇宙大中心の神は愛です。これを「大御心(おおみこころ)」と言います。従って、「美」とは、「美の出発」とは「大御心」から生まれ、始まったのです。

大宇宙の大御心に適う行為こそが美しいと言えるでしょう。日本国天皇は、この大御心の体現者として存在します。


私は国家を救おうとして生命を散華して逝った偉人、先人、英霊たちを限りなく美しいと感じてしまうのです。とくに特攻隊の英霊たちに神を観るのです。

私にとって日本国は最高で最大に美しい。天皇陛下もご皇室も至高であり至宝なのです。この美しい日本に私も生命を捧げたい。

反日、左翼の人々はきっとこの「美しい」が「「醜い」としか観えないのです。
この「美しい」が解った時こそ、本当の日の本の民に帰ることでしょう。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】
--------------------------

◆名古屋 菅家廊下 特別公開講座◆

『日本人のバックボーンと商人道−近代日本を築き上げた明治の勘・骨・肚−』

日程:6月5日(火)18:30〜
会場:オルクドールサロン
   (大名古屋ビルヂング33階)

受講料:セミナー 3,000円
    懇親会 4,000円(希望者・豚金名古屋本店)

申込:美し国事務局まで(締切:6月1日)

---------------------------

★なでしこオピニオンの会★

『国際左翼の近況とディベートのメソッド』

深田萌絵×はすみとしこトークショー

【日時】6月11日(月)18:30〜20:30

【会場】神楽坂セミナールーム
    東京都新宿区神楽坂6-42  神楽坂喜多川ビル5階
    (メトロ東西線「神楽坂駅」出口1からすぐ)

【事前振込】一般 3,000円 /  美し国会員:2,000円

【当日受付】一般 4,000円 /  美し国会員:3,000円

懇親会:6,000円(別途)。限定20名。要予約。

申込先→
https://kokucheese.com/event/index/515393/

==========================
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 10:19| Comment(0) | 言霊の華

2018年05月24日

言霊の華 第四八〇号

『「卑屈」よりも「高慢」をとる 〜パラオと日本の違いを考える〜』


一昨日(五月二十一日)美し国なでしこオピニオンの会で、ジャーナリストで女優、予備自衛官の葛城奈海さんとコラボ講演をいたしました。テーマは「パラオからの先人たちの祈り」です。葛城奈海さんも私もパラオの鎮魂慰霊の旅の経験者です。一万人以上の英霊が玉砕した激戦の地に、七千柱以上の御遺骨がいまだ収容されずに眠っています。


日本の25年間に亘る委任統治により、パラオは社会インフラが発達し、教育も行き届き、日本人も多く移住し、当時現地人の約4倍の人口になりました。


そして現在でもその親日ぶりは大変なものがあります。パラオでは日本語がパラオ語、英語と並んで公用語になっており、国民(島民)の名前に日本人名を持った人々が大勢いるのです。現在は独立国家として主要諸国にも大使館や領事館を置いております。


人口は僅か二万二千人ですが立派な独立国です。このパラオを中国が狙っていて、海洋戦略の第二境界線の重要ポイントに位置付けています。パラオの多くの島や土地が既に中国人の手に落ちました。


パラオでは中国の投資に因る中国資本がパラオ共和国の経済を牛耳るようになったのです。ところが二〇一二年三月中国の不審船が領海侵入した事件が起こりました。パラオは、軍艦などはなく警察船のみです。


この警察船が中国の不審船に停止命令を出しましたが、弱小国パラオの言うことなど聞きません。舐め切った中国船は堂々と船を進めます。警告射撃をパラオの警察船が行いました。そして誤ってそれが乗組員に命中してしまい死亡します。大事件です。
しかしパラオは怯(ひる)みませんでした。とうとう船を停止させ乗組員全員を逮捕しました。


日本だったら大騒ぎになり、直ぐに謝罪したでしょう。尖閣沖で海上保安庁の巡視船に船を体当たりさせて拿捕され逮捕された中国人船長を、超法規的措置で釈放し帰国させた日本とは大違いです。


人口僅か二万二千人の弱小国パラオが、人口13億人の軍事大国中国に決して媚びず、卑屈になることなく、国家の誇りと威信を持って取ったその行動は立派です。中国からの報復はついにありませんでした。


日本は相手が傲慢に出てくると、卑屈に陥ります。靖国神社はいまだ首相も天皇陛下も参拜できずにおります。他国からの非難を怖れているからです。他国の顔色を窺い政治を行うなど、自主独立国家とは言えません。卑屈に陥るくらいであれば、高慢なほうがまだましです。


「謙遜」や「和と謙譲」は美徳の一つであるでしょう。しかし一歩間違えれば「悪徳」に転がる危険性があります。「つけ入る隙」を与えたり、「スケープゴート」にされたり、「舐められ」たりされたのではもう美徳なんかではありません。


日本はパラオを見習い、毅然として立ち向かう氣概を世界に示すべきです。米国に対してもです。


合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】
--------------------------

◆菅家廊下・翔塾 特別公開講座◆

『日本人のバックボーンと商人道−近代日本を築き上げた明治の勘・骨・肚−』

【講師】菅家一比古 翔塾塾長 美し国代表
    堀内明日香 認定講師(助彦) 元宝塚女優


【東京】5月24日(木)18:30〜22:00

会場:神楽坂セミナールーム
    東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
    (メトロ東西線「神楽坂駅」出口1からすぐ)

受講料:5,000円(懇親会費込・当日払い)

申込:美し国事務局まで(締切:5月22日)

--------------------------

【大阪】6月4日(月)18:30〜
会場:TKP大阪御堂筋カンファレンスセンター 8A
中央区淡路町3-5-13 創建御堂筋ビル 8階

受講料:セミナー 3,000円
    懇親会 4,000円(希望者)

申込:美し国事務局まで(締切:6月1日)

---------------------------

【名古屋】6月5日(火)18:30〜
会場:オルクドールサロン
   (大名古屋ビルヂング33階)

受講料:セミナー 3,000円
   懇親会 4,000円(希望者)

申込:美し国事務局まで(締切:6月1日)

---------------------------

【京都】
★元伊勢籠神社 天橋立ツアー★

日程:6月2日(土)〜3日(日)

参加費:30,000円(宿泊費・交通費・玉串料含む)

2日 13時 京都駅出発
3日 19時 京都駅解散
(現地集合・解散も可能)

日本の滝100選の金引滝での禊も行います!

詳細は事務局までお問合せください。

==========================
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 10:30| Comment(0) | 言霊の華

2018年05月16日

言霊の華 第四七九号

『世界最後の秘境 日本』
          
冒険家で文化人類学者、植物学者であった中尾佐助先生(1916年〜1993年、大阪府立大学名誉教授)は世界の秘境を探検され、そしてこのように仰いました。「日本こそ世界最後の秘境だね」と。

欧米列強の白人による植民地支配を受けなかった日本。清朝の末期はシナ大陸が欧米列強に因って分割され、朝鮮はそのシナの属国、緩衝国タイは列強の言いなり。日本だけがアジアで唯一の自主独立国家だったのです。


植民地支配されなかったどころか、二千七百年間に亘る万世一系の天皇、皇室を戴いてきた世界最古の王朝国家です。もうそれだけで日本は世界から不思議がられ、尊敬され、憧れの的でもあるのです。

世界の国々は必ず宗教のカテゴリーの枠(わく)の中にあります。ユダヤ教、キリスト教、仏教、イスラム教、ヒンズー教のいずれかのカテゴリーの中に組み込まれます。しかし、日本人だけはどうしてもそれに組み込まれることに抵抗感が生じ、「無宗教」と応えてしまいがちになるのです。

これには外国人は驚いてしまいます。それは世界的に見て非常識だからです。人間を人間たらしめているもの、それが宗教であり、これを抜きにした善なる生き方、善なる行いは無理だと考えます。だから「無宗教」と応えた場合、「いつ人を殺すのか、いつ物を盗むのか、いつ人を騙すのか、信用できない」と、なるのです。


明治の時代、その疑問をつきつけられ、大いに悩み、大いに考えた人こそ新渡戸稲造でした。彼は日本人の倫理、規範、道徳を決定しているものこそ「武士道」と位置付けます。彼の著した『武士道』は広く世界に伝わり読まれました。

確かに武士道とは世界に誇る日本精神の一つの姿でありましょう。しかし、それだけが日本精神ではないのです。武士道は「もののふ」の姿、生き方でありますが、日本にはもう一つ最も大切な「心性」があるのです。それが「もののあはれ」なのです。

「惻隠の情」「大悲」「武士の情」「自他不二」「自他一体」「情状酌量」等はまさにこの「もののあはれ」の発露だと考えます。「お天道さまが見ている」「ご先祖さまが草葉の陰から見ている」「お母さんが悲しむからできない」とかは、日本人に大きく影響をもたらす心性であり、心情です。


日本人が心の拠り所にしているのは宗教のドグマ(教義)ではなく、大自然生命の法則(循環・恩恵)と「母ごころ」なのです。これが世界に類を見ないのです。大自然生命を古来、日本は「かむながら」と呼んできました。

中尾佐助先生が「日本こそ世界最後の秘境だね」と仰ったのは、きっと天皇、ご皇室のことであり、神道、古神道を指していたのは言うまでもありません。世界一不思議な国、奇蹟の国日本。

先ずは「あなたの国(日本)の美しい心と魂の物語をご存知ですか?」
この問いに答えられる自分になりましょう。

菅家廊下はそれを学ぶ場なのです。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】
--------------------------

◆菅家廊下・翔塾 特別公開講座◆

『日本人のバックボーンと商人道−近代日本を築き上げた明治の勘・骨・肚−』

【講師】菅家一比古 翔塾塾長 美し国代表
    堀内明日香 認定講師(助彦) 元宝塚女優


【東京】5月24日(木)18:30〜22:00

会場:神楽坂セミナールーム
    東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
    (メトロ東西線「神楽坂駅」出口1からすぐ)

受講料:5,000円(懇親会費込・当日払い)

申込:美し国事務局まで(締切:5月22日)

--------------------------

【大阪】6月4日(月)18:30〜
会場:TKP大阪御堂筋カンファレンスセンター 8A
中央区淡路町3-5-13 創建御堂筋ビル 8階

受講料:セミナー 3,000円
    懇親会 4,000円(希望者)

申込:美し国事務局まで(締切:6月1日)

---------------------------

【名古屋】6月5日(火)18:30〜
会場:オルクドールサロン
   (大名古屋ビルヂング33階)

受講料:セミナー 3,000円
   懇親会 4,000円(希望者)

申込:美し国事務局まで(締切:6月1日)

---------------------------

【京都】
★元伊勢籠神社 天橋立ツアー★

日程:6月2日(土)〜3日(日)

参加費:30,000円(宿泊費・交通費・玉串料含む)

2日 13時 京都駅出発
3日 19時 京都駅解散
(現地集合・解散も可能)

日本の滝100選の金引滝での禊も行います!

詳細は事務局までお問合せください。

==========================
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 13:45| Comment(0) | 言霊の華