2018年10月25日

言霊の華 第五〇ニ号

『古来日本は十三才成人説』

                  
前回、明治維新で活躍した勤皇の志士たちは十代から目覚め、二十代では早、重要な働きをしていたと言いました。会津戦争では白虎隊が結成され、飯盛山で十六・十七才の若者たちが集団で自刃(じじん)しました。二本松や、白石、母成(ぼなり)峠でも十代の多くの若者たちが戦死したのです。

先の大戦では二十才前後の若者たちが南太平洋に散華(さんげ)して逝きました。出撃直前に、特攻隊員たちが小犬を抱えてにこやかに笑っている写真があります。とても死に逝く人には見えません。

フランスの英雄で、文化省大臣で文学者であり思想家でもあったアンドレ・マルロー、その愛弟子で著名なジャーナリストでもある、オリヴィエ・ジェルマントマはその写真を見て、まるで神の如しと涙したと言います。神々しく凛々しい姿だったのです。眩しかったのです。純一の魂の光を放っていたのでした。


長崎の原爆投下後、死んだ赤ん坊を背負い、焼き場の順番が来るのをすっくと立ち、待ち続けている幼い少年の姿を米国の従軍カメラマンが撮った写真が世界中に広まりました。

悲しみを堪(こら)え、口を真一文字につぐみ、赤ん坊の弟をおんぶし、礼儀正しく立っているその姿に、日本の底力が現われていました。この少年の姿こそ、南太平洋に散華して逝った特攻隊の神々しい姿にこそ、日本の将来が既に見えていたのです。


若者の姿とは日本の未来の運命そのものです。2022年より漸く十八才が成人と認められるようになりますが、それでも遅いと感じます。昔、日本は元服という「成人式」がありました。十才を過ぎたら幼さから脱却し、義務と責任を負う大人の仲間入りを意味する通過儀礼でした。

一家を支える、親を養う、兄弟を助ける、地域共同体の一員となる、国を想う。それが元服であり、古来の日本の姿でした。日本には本来「十三才成人説」があったのです。


源氏物語では光源氏は十二才で元服。その夜、葵の上と夫婦の契りを結びます。宮中や公家の公達(きんだち)は、元服年令を迎えると同時に夫婦になりました。その前に副臥(そいぶし)という年上の女性をあてがわれ、性の手解(てほどき)を受けていたのです。


日本文学には「何かやらかす十三才」が多く登場します。三島由紀夫「午後の曳航(えいこう)」で殺人を犯す息子十三才、柳美里「ゴールドラッシュ」の父殺し十四才、樋口一葉「たけくらべ」は吉原の遊郭が舞台です。大黒屋の美登利は「娘」と「女郎」の二股で十四才。

女郎を買って朝帰りする長吉十六才。谷崎潤一郎「少年」の主人公光子十三、十四才。「小さな王国」の主人公十一、十二才。そう言えば神戸のあの事件「サカキバラ・セイト」は十四才。はっきりと性に目覚め、社会性にも目覚めるこの年頃に「元服」があったのには意味と理由があったのです。


現代日本の若者たちを幼くひ弱にしているのは、親や教師の責任でもありますが、それよりも深刻なのは学校制度。教育システム自体に国家目標と理念が無いことです。


海一つ隔てた国々では生き延びるための努力を怠っておりません。自分たちの国は自分たちで守る。だから徴兵制度など当り前のこと。日本は生きる真剣さを取り戻さねばならないのです。

真の教育の復活は私塾から始まります。


合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

---------------------------
【イベント案内】
---------------------------
★締切間近となりました!

【美し国関西 設立5周年記念講演会&パーティー】
〜明治維新150年 新しき御代  今、問われる日本の姿〜


【セミナー・講演会】

◆第一部 特別基調講演 「明治天皇の世界史」

◎倉山満(くらやま みつる) 憲政史研究者

◎杉田水脈(すぎた みお)  衆議院議員
美し国 副代表  なでしこオピニオンの会 代表

◎葛城奈海(かつらぎ なみ)  ジャーナリスト、女優、予備自衛官、
なでしこオピニオンの会 世話人

◆第二部

◎菅家一比古(かんけ いちひこ)
一般社団法人美し国 代表

◎堀内明日香(ほりうち あすか)  元宝塚女優
なでしこオピニオンの会 世話人


【日時】11月4日(日)14:00〜19:30 (入場開始13:30)

セミナー/14:00〜17:15
懇親会 /17:30〜19:30

【会場】アートホテル大阪ベイタワー 4階   大阪市港区弁天1-2-1
(JR大阪環状線 地下鉄中央線「弁天町駅」直結)
※「大阪駅」より電車で約8分 「新大阪駅」より電車で約12分

参加費:【事前振込】
◆セミナー・講演会&懇親会
一般 10,000円  美し国会員 8.000円

◆セミナー・講演会のみ
一般・会員共通 3,000円   学生 無料(100名限定)

【詳細・申込サイト】 https://kokucheese.com/event/index/532991/

お陰様で11月4日の「美し国関西5周年」には多くのお申込みをいただき、誠にありがとうございます。

事前申込は今週末の、
10月26日(金)15:00までとなります。

懇親会の当日申込みはお受けできません。
セミナーも来週以降は当日券(4,000円)でのご対応となります。
どうかお早目にお申込みください。

【学生申込】もまだ受け付けております。

★美し国ホームページがリニューアル★
お申込みとカード決済ができるようになりました。
詳細はイベント案内欄をご覧ください。
http://www.umashikuni.co.jp/
---------------------------
◆菅家廊下・翔塾 本講座(ベーシック)◆

講師:菅家一比古 翔塾塾長 美し国代表
   堀内明日香 講師(助彦) 元宝塚女優

日程:11月23日(金・祝)〜25日(月) 2泊3日

会場:湘南国際村センター
   神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39
   TEL 046-855-1800

アクセス<電車>JR逗子駅または京急新逗子駅からバス(30分) タクシー20分
    <車>横浜横須賀道路・逗子インターより、逗葉新道路経由で約15分

【受講料】169,600円(宿泊費・食事代含む)

※分割可能。現地までの交通費は含まれません。

申込:美し国事務局まで

posted by 事務局 at 10:17| Comment(0) | 言霊の華

2018年10月18日

言霊の華 第五○一号

『言霊を制する者 天下を制する』

明治維新は世界史の奇蹟だと言われています。鎌倉時代以来670年続いた武士の世をほぼ内乱や流血が無い状態で終わらせ、新時代の幕開けを成し遂げたのでした。それもペリー来航から15年でやってのけたのです。

武士の命とも言うべき刀、チョンマゲを捨て、アッという間に西洋風に変わったのですから。ところが隣国、朝鮮やシナは欧米列強の前に何の変革もできないまま飲み込まれて行きました。


何故日本だけが西欧列強の覇権に飲み込まれずに変革できたのでしょう。それは江戸期の教育システムや理念に因るところ大です。

先ず識字率の高さです。夥(おびただ)しい数の寺子屋、私塾、藩校によって文盲(もんもう)が少なかったため、情報伝達がスムーズに行き渡りました。

例えば徳川幕府による第一次、第二次長州征伐の折、長州藩は防長議定書なる瓦版(かわらばん)を30万部刷って藩内に散蒔(ばらま)きました。

これは、この度何故長州が幕府と戦わなければいけなくなったのかの説明書です。領民が動揺しないためのものでした。30万部散蒔(ばらま)いたということは、文盲が極端に少なかったからだと言えるでしょう。


明治維新が15年で成し遂げられたのは、このように識字率の高さがもたらす学問とその知性の賜ものです。そしてその言霊の力です。勤皇の志士たちは漢詩、和歌、俳句の達人です。

当時、コミュニケーション手段は手紙しかありません。その手紙を通していかに相手の魂を揺さぶるか。言霊が勝負になります。勤皇の志士たちの手紙や詩歌を詠めば、その高レベルさに驚くばかりです。

言霊が豊かであるとは語彙力が豊かであるということで、寺子屋や私塾での学びの深さを感じずにいられません。それも幼き日々からの研鑚の蓄積だったことでしょう。


何故志士たちは十代から活動を開始し、二〇代で大活躍ができたのでしょう。橋本左内(越前藩)などは十代の時「啓発録」を著し、その中で「稚心よ 去れ!」と訴えております。

十代の若者たちが師と出会い、開花していく当時の様子が目に浮かびます。あの松下村塾の若者たちも、緒方洪庵の適塾の人々も、その他、各藩校で学んだ若者たちも、現代の若者たちとは雲泥の差です。


現代人に共通して言えることは言霊の乏しさです。即ち語彙力の乏しさです。これは文学に親しんでいない、縦書きの手紙文を書いていない証拠です。

言霊の力が弱い、語彙力が乏しいとは、幼いという意味です。言霊を制する者 天下を制する。教育とは若くしていかに「志」を抱き、世の中に貢献できるかにあります。


残念ながら日本の現状の教育では勤皇の志士たちのような人財は生まれません。日本を顕(あ)らしめてやまないもの、日本のバックボーン、源流をしっかり学び、禊、鎮魂を実践、神々をお参りし、天徳(天津神)と地徳(国津神)の稜威(みいづ)を賜わる本格的人財教育が必要なのです。

やがて「日本維新、世界維新」の時代が訪れるに違いありません。そのための人財育成が「菅家廊下・翔塾」の学びなのです。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古


★ホームページが新しくなりました。ぜひご覧ください!

---------------------------
【イベント案内】
---------------------------
★締切間近となりました!

【美し国関西 設立5周年記念講演会&パーティー】
〜明治維新150年 新しき御代  今、問われる日本の姿〜


【セミナー・講演会】

◆第一部 特別基調講演 「明治天皇の世界史」

◎倉山満(くらやま みつる) 憲政史研究者

◎杉田水脈(すぎた みお)  衆議院議員
美し国 副代表  なでしこオピニオンの会 代表

◎葛城奈海(かつらぎ なみ)  ジャーナリスト、女優、予備自衛官、
なでしこオピニオンの会 世話人

◆セミナー第二部

◎菅家一比古(かんけ いちひこ)
一般社団法人美し国 代表

◎堀内明日香(ほりうち あすか)  元宝塚女優
なでしこオピニオンの会 世話人


【日時】11月4日(日)14:00〜19:30 (入場開始13:30)

セミナー/14:00〜17:15
懇親会 /17:30〜19:30

【会場】アートホテル大阪ベイタワー 4階   大阪市港区弁天1-2-1
(JR大阪環状線 地下鉄中央線「弁天町駅」直結)
※「大阪駅」より電車で約8分 「新大阪駅」より電車で約12分

参加費:【事前振込】
◆セミナー・講演会&懇親会
一般 10,000  美し国会員 8.000円

◆セミナー・講演会のみ
一般・会員共通 3,000円   学生 無料(100名限定)

【詳細・申込サイト】 https://kokucheese.com/event/index/532991/

★懇親会締切:11月22日(土)

posted by 事務局 at 11:57| Comment(0) | 日記

2018年10月11日

言霊の華 第五〇〇号

『我れ、神仏を尊んで、神仏を恃(たの)まず』

〜 自らを信じる意味 〜

岐阜県恵那市岩村は佐藤一斎先生の由縁(ゆかり)の地として有名です。幕末の頃、儒学者佐藤一斎は『言志緑』全四巻を著し、尊皇の志士たちに多大な影響を与えた「使命」の人でした。

特に西郷隆盛は、沖永良部島に流された時、浜辺の吹きさらしの牢の中でこの『言志四緑』を必死で読み続け、後の大西郷が出来上がったと言われています。


今回その美しい風光明媚な岩村で一泊二日の禊合宿セミナーを開催しました。そこから車で30分程の屏風山の麓に寿老(じゅろう)の滝があり、皆で禊をしたのです。そして翌日は妻籠(つまご)宿の近く、旧中山道沿いにある男滝・女滝(おだき・めだき)での禊です。昨日(十月九日)のことです。

この男滝・女滝は宮本武蔵が修行した滝としても有名です。今年は雨が多かったせいもあり、寿老の滝も、男滝・女滝も水量とそのエネルギーは半端ではありません。

男滝・女滝での禊は男滝で禊いだ後、そのまま50メートル離れた女滝まで歩き、最後の仕上げをするかのようなW(ダブル)での禊に一同大感激でした。

これぞ滝禊! その醍醐味は他では味わえないものがあります。きっとそれは男(滝)と女(滝)の両性調和に因る産霊(ムスヒ)の力によってもたらされる生み直し、新生の体験だったと思います。即ち「魂」が激しく動いたのです。


何故、宮本武蔵がこの滝で修業したのか。そしてその後の真剣勝負で必勝であり続け、無敗を誇りました。この場合敗れることは即、死を意味します。武蔵は何故敗れなかったのか。それは完全に火(霊)の玉(魂)になったからです。魂が現われ、魂が動いたのです。

吉岡一門との一乗寺下(さが)り松の決闘で現地に向かっていた時、一乗寺下り松の近くに神社があり、ふと立ち寄って祈願しようとします。しかし武蔵は途中で氣が変わり、参拜せずそのまま決闘所に向かったのです。吉岡一門との決闘は百人を相手のものでしたが勝ちます。


後に武蔵は「独行道」の中で述べております。「我れ、神仏を尊んで、神仏を恃(たの)まず」と。一切神頼みしないと言う決意なのです。神頼みした瞬間、心に甘えができてその心の隙に因って敗れることを知っていたのです。

リスクと責任を完全に背負い、「背水の陣」を敷いて事(こと)に臨む。自らの魂の完全、無限、円満なるものを信じ切ること。魂が動くと魂時間、魂空間が生じます。


読売ジャイアンツを九連覇に導いた川上哲治が座禅に打ち込んでいたのは有名な話です。川上哲治は名打者としても活躍しました。「ボールの縫い目が見える」と有名な言葉を言っています。これは完全に魂時間と魂空間のことを表現します。

それから王貞治も「ボールが止まって見える」と言いました。きっと宮本武蔵も魂が活発に動いていたため、このような現象が起こっていたに違いありません。


「言霊の華」第五百号記念の前日に、男滝・女滝で禊をしたこと。そして尊皇思想、明治維新の大きな礎となった佐藤一斎の由縁の地で一泊二日セミナーをしたこと。全てが導かれ、大いなるものの計らいの中にある恵みを感じずにいられないのです。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

★お陰様で「言霊の華」500号を迎えました。衷心より御礼申し上げます。これからもご愛読の程よろしくお願い申し上げます。

---------------------------
【各種イベント案内】
---------------------------

【言霊の華500回記念・菅家一比古講演会】
〜魂で語る永遠の日本〜

日時:10月17日(水)14:00〜16:00

会場:神楽坂セミナールーム
  (東西線「神楽坂駅」1出口より徒歩1分)美し国事務局内

参加費:【当日支払】 一般 2,500円 / 美し国会員 2.000円

お申込み:美し国事務局、もしくは→
https://kokucheese.com/event/index/536373/

---------------------------

【【美し国関西 設立5周年記念講演会&パーティー】】
〜明治維新150年 新しき御代  今、問われる日本の姿〜

【セミナー・講演会】
◆第一部 特別基調講演 「明治天皇の世界史」

◎倉山満(くらやま みつる) 憲政史研究者

◎杉田水脈(すぎた みお)  衆議院議員
美し国 副代表  なでしこオピニオンの会 代表

◎葛城奈海(かつらぎ なみ)  ジャーナリスト、女優、予備自衛官、
なでしこオピニオンの会 世話人

◆セミナー第二部
◎菅家一比古(かんけ いちひこ)
一般社団法人美し国 代表

◎堀内明日香(ほりうち あすか)  元宝塚女優
なでしこオピニオンの会 世話人


【日時】11月4日(日)14:00〜19:30 (入場開始13:30)
セミナー/14:00〜17:15  懇親会/17:30〜19:30

【会場】アートホテル大阪ベイタワー 4階   大阪市港区弁天1-2-1
(JR大阪環状線 地下鉄中央線「弁天町駅」直結)
※「大阪駅」より電車で約8分 「新大阪駅」より電車で約12分

参加費:【事前振込】
◆セミナー・講演会&懇親会
一般 10,000  美し国会員 8.000円

◆セミナー・講演会のみ
一般・会員共通 3,000円   学生 無料(100名限定)

【詳細・申込サイト】 https://kokucheese.com/event/index/532991/

★懇親会のお席は少なくなりました。お早目にお申込みください。

posted by 事務局 at 10:35| Comment(0) | 言霊の華