2019年07月10日

言霊の華 第五三六号

『日本文化の根幹にあるもの 〜梅雨の長雨に想うこと〜』

梅雨の真最中です。長雨が続き西日本では大雨水害が相次いでいます。上皇様、上皇后様の平成の御代、被災地へのご心配が続きました。毎年のように訪れる大雨水害は、ここ最近激しさを増しています。

地球温暖化が進み、その為異常氣象が起き易くなっているのでしょう。大雨水害はきっと太古の昔よりあったのだと思いますが、それを現代のように異常氣象とは言わなかったし、認識もしていなかったに違いありません。


昔の人々は雨が降らなかったら神社や仏閣、山や森の霊地で雨乞いをし、長雨、大雨が続いたら龍神様を鎮めるための祈祷をしたのです。そこには常に大自然に対する畏怖、畏敬、感謝があり、それによって共同体意識による絆はとても強いものがありました。

皆でお祭(祀)をする。そこに神(自然)が動くのです。その最たるものが天皇陛下による11月23日の新嘗祭(ニワノアヘマツリ)でした。祭(祀)とは間釣のことで神と人間、自然と人間、人間と人間の調和とバランスを取ることにあります。


そのように日本人は大自然生命に包(くる)まれて今日まで来たのです。本当のエコロジーがここにあり、これこそ二十一世紀を照らす新文明の光となり、日本から発信されることになるでしょう。しかし近年、大自然に対する恩恵を忘却し、その調和とバランスが崩れ始めて来たのです。

日本文化の根幹にあるものは美しい自然の四季でした。日本女性の着物、家屋構造、和食、文学、茶道、華道、襖絵・日本画、子どもたちの季節ごとの遊び、桃の節句、端午の節句、年中行事、神社の祭り(春の大祭・秋の大祭)、大祓いの儀式、衣替え、どれを取っても全て四季がもたらしたものです。


日本の古典文学や、和歌、俳句に至っては、四季折々の夥しい数の語彙に満ち溢れ、外国人の識者を驚嘆させます。この繊細な表現力こそが「ものづくり」日本を創り上げたのでした。

私は京都嵐山、福島県安達太良(アダタラ)山の紅葉が大好きです。ところが最近、ここ二十年、若い頃魅了されたあの美事な美しい色彩が観られなくなったのです。理由は夏の異常高温が続き、葉っぱが焼けてしまうためとのこと。


日本文学の繊細な美的光景には紅葉は桜と共に重要な位置を占めて来ました。現在(いま)では四季の境界線がハッキリせずあやふやになりつつあります。春が来たと思ったら、いきなり夏に突入するようなことがここ最近多くなりました。

私のような暑がりは冬物の背広から春物に変わり、僅かな時を経て、いきなり夏物に変わります。春秋用の合い着が淋しそうに衣紋(えもん)かけに吊るされています。


四季の狂いは、まさに長い間培われてきた日本文学の危機と云えるでしょう。昔の人々は、五月雨(梅雨)や時雨(秋雨)の長雨に恨みがましいことは言いません。寧ろそれを美に変える芸術性を発揮しました。

旅人と 我が名呼ばりし 初時雨(はつしぐれ)
        松尾芭蕉

五月雨(さみだれ)や 大河の前に 家二軒
        与謝蕪村

良寛和尚は夜中中(よなかじゅう)降りしきる雨を見、雨の音を聞き続けたと言います。芭蕉も良寛さまも雨に「大いなるもの」の囁きを感じ取っていたのです。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

---------------------------
【ご案内】
---------------------------

【なでしこオピニオンの会】

テーマ:防人と日本精神〜イスラエル・パラオツアー報告会〜

講師:菅家一比古 美し国代表 他

導かれて訪問した「イスラエル」、
日本人が忘れてはならない「パラオの鎮魂慰霊」。

両国の日本との深い繋がりを感動の映像と共にお届けします。

日時:7月29日(月) 18:30〜20:30

会場:神楽坂セミナールーム (美し国事務局)

参加費(:美し国会員 2,000円 / 一般 3,000円 / 当日券 4,000円
(美し国経営者連盟の会員も会員価格になります)

懇親会:別途6,000円(定員20名)

申込・詳細→事前申込制
https://www.umashikuni.co.jp/20190729-event/

--------------------------

【終戦の日・靖国神社参拝】

集合:令和元年8月15日(木)
   午前6時30分
   靖国神社(九段下) 神門を過ぎた桜の木周辺

玉串料:1,000円

解散:7時30分頃

その後有志(希望者)で奥多摩の禊に向かいます。詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/20190815-event/

==========================

posted by 事務局 at 11:37| Comment(0) | 言霊の華

2019年07月03日

言霊の華 第五三五号

『宇宙は言霊、音霊が充満している』

私は現在(いま)中々忙しくて地方に出掛けられないでいます。行く所と言えば、関西や名古屋辺りに限られてしまいます。

以前は、様々な地方で講演活動が頻繁でしたが現在(いま)はそれもできず、会員の皆様、同友、同志の皆様に顔も見せず、ご無沙汰ばかりして申し訳ない想いでいっぱいです。

ですから、どうしても私のメッセージをお届けしたいばかりに、この言霊の華に思い入れをして、ついつい文章が長くなってしまうのです。いつもお忙しい中読んで下さり、皆様に心から感謝申し上げます。


本日は言霊について話したいと思います。

私は以前から「言葉は会話する為に非ず、創造する為にある」と言い続けてきました。勿論、会話することにより、創造も生まれて来るでしょう。会話も対話も大切で、魂との対話、神との対話、自然との対話、人との対話から詩歌が誕生します。即ち、創造に至るのです。

五・七・五の俳句、五・七・五・七・七の和歌の短い文章がかなりの部分は省略され、抑制されていながら人の心を打つのは何故でしょう。それは、言葉を選ぶことにより、言葉の持つ生命(いのち)を最大限に引き出し、表現するからで、この時、「調べ」の高さが生まれます。


宇宙には「言霊」「音霊」が鳴り響いており(充満している)、人の発する声や音に反応し動き始めるのです。それは、配列が変化することであります。「祈りは実現する」とは、この事に違いありません。言霊によって宇宙エネルギーが動き始め、物質化、現象化しようとします。

古事記の冒頭に「高天原に鳴りませる神の名は」とあるように、神々は鳴り響いているのです。伊勢神宮に流れる五十鈴川とは五十音の川と云う意味であり、神道では一音、一音が神と捉えます。我々の五十鈴川での禊は、正に新たに生まれる「新生」のためのもの。


先程の「調べ」ですが、「調べ」が高いとは、美しい言霊、美しい音霊のことであり、人間は言霊、音霊の結晶体、結実体です。

美しい言葉遣いや、美しい音やメロディに接している人は、美しい人格となり、美しい人生を生きることになるでしょう。即ち、「調べ」の高い人になるのです。


「逆も真なり」

宇宙は「美」の本源(元)であり、愛であり、美しい言葉、姿、行為に即、宇宙の神々は反応します。「美しい姿、所に愛は流れる」これが、宇宙の真理であり、法則です。一流人とは、「調べ」の高い人のことを云うのであり、周囲に対して善き感化力を持ちます。

私は若き時分より、ロックが苦手でした。ロックファンには申し訳ないことですが、どうしても、私の感性や霊性に感動をもたらさないのです。「調べ」が合わないのです。


あなたは何を語り続けてきたのか、何を見続けてきたのか、何を聞き続けてきたのか、それがあなたの「調べ」を決定します。そして、その人生が決定されるのです。

どうぞ言葉を選び、丁寧に語り、言葉に想いを載せて伝えてみて下さい。人生が変わります。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

---------------------------
【ご案内】
---------------------------
★秋葉原で開催★

【美し国経営者連盟・交流会】
−志ある真のリーダーとなりえる者たちの研鑚の場−

スピーカー:京谷達矢氏 楽健道協会代表理事
      美し国経営者連盟 幹事

テーマ:『身体と心を整えると「夢や目標」が全て叶う!』

日時:7月9日(火)19:00〜21:30すぎ(交流時間含)

会場:千代田区神田和泉町1-5-9 音頭ビル
    JR秋葉原駅より徒歩5分 昭和通り方面

参加費:10,000円(食事代込)
経営者連盟会員:無料

申込・詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/20190709-event/

--------------------------

【なでしこオピニオンの会】

テーマ:防人と日本精神〜イスラエル・パラオツアー報告会〜

講師:菅家一比古 美し国代表 他

導かれて訪問した「イスラエル」、
日本人が忘れてはならない「パラオの鎮魂慰霊」。

両国の日本との深い繋がりを感動の映像と共にお届けします。

日時:7月29日(月) 18:30〜20:30

会場:神楽坂セミナールーム (美し国事務局)

参加費(:美し国会員 2,000円 / 一般 3,000円 / 当日券 4,000円
(美し国経営者連盟の会員も会員価格になります)

懇親会:別途6,000円(定員20名)

申込・詳細→事前申込制
https://www.umashikuni.co.jp/20190729-event/

--------------------------

【終戦の日・靖国神社参拝】

集合:令和元年8月15日(木)
   午前6時30分
   靖国神社(九段下) 神門を過ぎた桜の木周辺

玉串料:1,000円

解散:7時30分頃

その後有志で奥多摩の禊に向かいます。詳細はお問合せください。

==========================

posted by 事務局 at 12:45| Comment(0) | 言霊の華

2019年06月26日

言霊の華 第五三四号

『地域共同体こそ日本の底力 〜睦み合い・分かち合い・支え合い〜』                  

時々町内から回覧板が回ってきます。たいして目を通さず家内(今では時々家外)に渡します。家のことや地域の動静はからっきし駄目で妻に任せっ切りなので、ゴミ出しの曜日すら知らない有り様だから困ったものです。


明後日(あさって)を向いて仕事をしている私ですから、今日のこと明日のことを心配している妻にとってはおめでたい男に映っているようです。妻がいるお蔭で辛うじて杉並区久我山の地域共同体の一員に納まっているようなもので、妻が居なければ糸が切れた凧のように何処に行ってしまうのか分らないのが私です。妻や子が居る家があるから帰れるのです。


女性は太古の昔より家を守る一家の中心で、地域に根を下ろし共同体を支えて来ました。昔は井戸端会議などと言って情報交換が盛んに行われ、各家の情況が一目瞭然でした。子どもの出産、入学、卒業、夫婦仲、夫の仕事、昇進、経済状況、病人の様子、冠婚葬祭、転居等々。


我が事のように喜び悲しみ、その共同体意識は情報を共有することで成り立っていたのです。それは女性の存在力であり母性の力でもありました。助け合い、睦み、羽育(はぐく)み、繋がることによって生活も社会も回っていたのです。


この日本共同体は歴史が古く、国家や国力の底力でもありました。日本は家族共同体、地域共同体、社会共同体に支えられ、分かち合いの精神がどこの国よりも強かったのです。子どももお年寄りも共同体が育て、面倒を見て来たのです。


それは強い絆、即ち「繋がり」の力でした。引きこもりも孤独死も虐待死もありません。共同体の皆で支え合って生きてきました。これが国力の底力だったのです。現在(いま)日本人はバラバラです。支え合い、分かち合い、助け合うことが無くなってしまい、個人の要求と主張、個人の利益のみに奔(はし)り始めたのです。


「得る」ことばかりを考え、社会のこと国家のことは忘却しています。連日のように報じられる年金問題。もううんざりします。足りないことばかり言って、得ることばかりを考える、現代日本の風潮が見事に現われています。


勿論大切な問題であることは理解しています。しかし外国に目を向けると多くの国の人々が年金すら貰えていないのですから、日本は本当におめでたい国です。私などは老後の心配よりも死後の事を心配せよと言いたくなります。葬式代の事ではありません。「魂」のことです。「今生でどれくらい輝ける魂を啓(ひら)いたのか」と云うことです。


唯一あの世に持っていけるもの、それは魂です。輝ける魂を持ってあの世に行けるのか、それともどんより暗い魂であの世に行くのかが今生で問われている最大のテーマなはず。「生活の勝利者」を目指すのは結構なことですが、その為にも「人生の勝利者」を目指すのが先決です。


「魂」に生き始めると神さまに養われます。「惠み」とは循(めぐ・環)って来る霊魂(みたま)のことを云うのです。魂の願いに生きる。そうすると神さまから養われます。即ち導かれる人生となるのです。年金問題で心配している場合ではないのです。


合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

---------------------------
【ご案内】
---------------------------
★秋葉原で開催★

【美し国経営者連盟・交流会】
−志ある真のリーダーとなりえる者たちの研鑚の場−

スピーカー:京谷達矢氏 楽健道協会代表理事
      美し国経営者連盟 幹事

テーマ:『身体と心を整えると「夢や目標」が全て叶う!』

日時:7月9日(火)19:00〜21:30すぎ(交流時間含)

会場:千代田区神田和泉町1-5-9 音頭ビル
    JR秋葉原駅より徒歩5分 昭和通り方面

参加費:10,000円(食事代込)
経営者連盟会員:無料

申込・詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/20190709-event/

--------------------------

【なでしこオピニオンの会】

テーマ:防人と日本精神〜イスラエル・パラオツアー報告会〜

講師:菅家一比古 美し国代表 他

導かれて訪問した「イスラエル」、
日本人が忘れてはならない「パラオの鎮魂慰霊」。
両国の日本との深い繋がりを感動の映像と共にお届けします。

日時:7月29日(月) 18:30〜20:30

会場:神楽坂セミナールーム (美し国事務局)

参加費(:美し国会員 2,000円 / 一般 3,000円 / 当日券 4,000円
(美し国経営者連盟の会員も会員価格になります)

懇親会:別途6,000円(定員20名)

申込・詳細→事前申込制
https://www.umashikuni.co.jp/20190729-event/

---------------------------

★初めての方も、再受講の方も大歓迎です!

【菅家廊下・翔塾 本講座(ベーシック)】

講師:菅家一比古 翔塾塾長 美し国代表
堀内明日香 講師(助彦) 元宝塚女優

日程:7月13日(土)〜15日(月・海の日) 2泊3日

会場:湘南国際村センター
神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39
TEL 046-855-1800

アクセス<電車>JR逗子駅または京急新逗子駅からバス(30分) タクシー20分
<車>横浜横須賀道路・逗子インターより、逗葉新道路経由で約15分

【受講料】169,600円(宿泊費・食事代含む)

※カード決済可能。

申込・詳細→
https://www.umashikuni.co.jp/20190713-event/


★日帰り再受講:1日20,800円。
ご不明な点はお問合せください。

--------------------------

【終戦の日・靖国神社参拝】

集合:令和元年8月15日(木)
   午前6時30分
   靖国神社(九段下) 
   神門を過ぎた桜の木周辺

玉串料:1,000円

解散:7時30分頃

その後有志で奥多摩の禊に向かいます。詳細はお問合せください。

==========================

posted by 事務局 at 12:55| Comment(0) | 言霊の華