2018年03月01日

言霊の華 第四六九号

『パラオ鎮魂慰霊訪問記 その(1)』 


私はいま、この原稿を南太平洋の赤道近くにあるパラオ共和国の空港で書いております。早朝四時半パラオ発成田行きの便まであと一時間。時刻は未明の三時です。


今回初めて、パラオに有志の方々と鎮魂慰霊のため彼の地を訪れました。以前より、必ず一度はパラオを訪ね、英霊たちの霊魂のご供養をしたいと切望しておりました。そして漸く、それが実現できたのです。


先の大戦では百数十万英霊の柱が南太平洋に散華し、その多くのご遺骨がいまだ収容されず、放置されたままです。その数、百二十万柱と言われております。


パラオ諸島の一つであるペリリュー島の激戦では、約一万二十二名の日本兵が玉砕、戦死したのです。そして米軍の戦死者は千六百八十四名、戦傷者七千百六〇名に及んだのです。


東西三キロメートル、南北九キロメートルの狭い小さなほぼ平坦な島に、米軍は先ず猛烈な空爆、艦砲射撃を行い、島全体がハゲ山同然となりました。


地形は原形をとどめることのない程無残な姿になってしまい、もう日本兵は一人も生きていないとまで思われる程でした。


米軍は三日間で島を占領してみせると豪語していたのが、この激戦は二ヶ月にも及んだのです。それは何故か。日本軍は島全体に五百にものぼる洞窟を張り巡らし、米軍を充分に上陸させてから反撃に出たのです。


この洞窟はわずか四ヶ月、寝る間も惜しんで急ピッチで完成させたのでした。そのためにパラオの島民の力も借りたのです。日本軍とパラオ島民は、まるで家族同然の触れ合いをしていたのです。


愈々、米軍の攻撃が近づいた時、パラオ原住民の人々を本島(コロール島、バベルダオブ島)に避難させなければなりません。その時、島民の酋長が中川州男(くにお)大佐(パラオ方面守備連隊長)に、我々も共に日本軍として戦うと申し出たのでした。


しかし、中川大佐は島民の酋長に「帝国軍人が貴様ら土人たちと一緒に戦えるか。足手まといになるから立ち去れ!」と一喝したのでした。酋長はひどく傷つき、失望しました。「今までの日本軍の親切、礼儀、信愛、友情は嘘だったのか、やはり原住民を蔑(さげす)んでいたのだ」と。


日本軍が用意した船に全ての島民たちを乗せました。日本軍は誰一人見送りに来ていません。船が島から離れ始めた時、一斉に日本軍が砂浜に集まりました。島民たちの船に向かって敬礼をし、共に過ごし日々歌った日本の唱歌を歌い始めたのです。


その時、酋長はじめ島民たちは知ったのでした。中川大佐の島民たちを戦禍から救おうとした親心を。島民たちは泣きました。大きく手を振り続ける日本兵を見て、共に泣きながら日本の唱歌を歌う島民たち。


今回、中川大佐(死後中将に昇進)が玉砕された終焉(しゅうえん)の地をお参りしました。

戦後、中川大佐のご遺骨が発見され、それを収容して日本に持ち帰ろうとしたとき、未亡人である夫人がそれを断ります。理由は「部下の兵隊さんたちのご遺骨を置いて日本に主人だけ先に帰ることを、主人が絶対に願わない筈です」とのこと。武士の妻、大和撫子を感じずにおれません。


世の中絶対戦争をしてはならないと言います。戦争を美化してはならないとも言います。


靖国神社で「不戦の誓い」をしたと言った元総理もいました。確かに戦争は悲惨な出来事でありましょう。しかしその中で美しくも悲しく切ない人間ドラマが生まれ、後世の人々に感動をもたらすことが多いのも事実です。


中川大佐の行なった行為、日本軍と島民の心の絆と、美しい心と魂の物語。何度聞いても涙が溢れ出るほどの感動をもたらします。


何故、人間の歴史や文学、詩歌に英雄伝説や戦記物、軍記物が必然として付いて回るのでしょう。古代ギリシアの詩人ホメロスの英雄神話の叙事詩は何故、何千年もの時を経た現代に於いてまで感動をもたらしているのでしょう。


次回の「言霊の華」では更に、この度のパラオ鎮魂慰霊訪問で強く感じたことを述べたいと思います。


合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】参加者募集中!
--------------------------

★なでしこオピニオンの会★

【佐波優子講演会】

『この国を取り巻く身近な国難に私達はどう向き合うか』

【日時】3月12日(月)18:30〜20:30  

会場:神楽坂セミナールーム
   東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
   (東西線「神楽坂駅」出口1から徒歩1分)

セミナー参加費:
【事前振込】一般 3,000円 / 美し国会員:2,000円

【当日受付】一般 4,000円 / 美し国会員:3,000円

懇親会:6,000円。限定20名。要予約。

●下記サイトからお申込みください。ご入金をもって申込完了となります。

http://kokucheese.com/event/index/503607/

--------------------------

【伊勢研修】
3月21日(水・春分の日)
三重県 伊勢神宮の参拝と禊

★3月2日振込までは特別価格!!


詳細・申込→ http://kokucheese.com/event/index/504023/

※お申込みは下記まで

==========================
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 09:54| Comment(0) | 言霊の華

2018年02月22日

言霊の華 第四六八号

『 「花(華)のある人」になるために 』

中々金メダルの朗報が届かなかった冬季オリンピックで、羽生結弦君がケガから立ち直り見事金メダルを射止め、多くの国民が歓喜の声を上げました。そのくらい感動的な出来事でした。

ケガによる三ヶ月間のブランクにより、今度のオリンピックでの連覇は絶望的と思われていたにも関わらず、それを乗り越えての快挙です。


以前より結弦君を見て思っていたことは、この人には「花(華)」があると云うことでした。人にはそれぞれ固有の花があります。それを見事に咲かせることこそが人生でありましょう。

結弦君の演技は勿論美しくエレガントであることは誰の目にも判ります。その美しさは何処から来ているのか。彼の嫌味のない表情、言葉、姿にただ感心します。そして何よりも礼儀正しい姿に更に好感度が増すのです。

リンクに上がる時、一礼をし、リンクから出る時も一礼します。「この青年は相当教育がなされているな」と誰もが思います。彼の美しさの根底にあるものは「鎮魂」です。


プロ野球で大活躍した選手も鎮魂が行き届いた人々でした。川上哲治(巨人軍V9)は参禅で、王貞治は日本刀で、長嶋茂雄は徹底した素振りで鎮魂をしました。そうすることにより勘骨肚(かん・こつ・はら)が活発に鋭く働きます。

「ボールの縫い目が見える」「ボールが止まって見える」とは、この人たちの共通の感觸でありました。これこそが鎮魂の結果なのです。羽生結弦の金メダル連覇の秘訣はここにあったのです。

その美しさ、エレガントさ、それは「鎮魂美」として現れたもの。一流人とは結局、鎮魂美と云う花(華)を咲かせた人々のことなのです。


それはスポーツの世界ばかりではありません。中学生でありながら朝日杯で羽生善治さんを破った藤井聡太六段もそうです。彼は中学生とは思えない程の落ち着きと態度、言葉を持っており、やはりスターになるだけの花(華)を備えていたのです。

花のある人は遅かれ早かれ、必ず舞台の中央に出て来るものです。花とはオーラであり、波動であり、その人の根底から溢れ出てくる決して隠せない、誤魔化せない真実です。いかに「花のある人」になるか。


美しい心音(根)を奏で続けること。「美しい」を見続けること、聞き続けること。「美しい」をし続けること。私は、それは先ず禊と祈りだと思い、し続けております。それにより、私の魂は喜び、鎮魂されるのです。そして私の固有の花がやがて大きく咲き始め、芳香を放つ時が訪れます。

花のある人とは、心の田畑を耕し、美の種子(言葉、行為)を蒔き続け、それを育て上げた人のことを云うのです。

合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】参加者募集中!
--------------------------

★なでしこオピニオンの会★

【佐波優子講演会】

『この国を取り巻く身近な国難に私達はどう向き合うか』

【日時】3月12日(月)18:30〜20:30  

会場:神楽坂セミナールーム
   東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
   (東西線「神楽坂駅」出口1から徒歩1分)

セミナー参加費:
【事前振込】一般 3,000円 / 美し国会員:2,000円

【当日受付】一般 4,000円 / 美し国会員:3,000円

懇親会:6,000円。限定20名。要予約。

●下記サイトからお申込みください。ご入金をもって申込完了となります。

http://kokucheese.com/event/index/503607/

--------------------------

【伊勢研修】
3月21日(水・春分の日)
三重県 伊勢神宮の参拝と禊

★3月2日振込までは特別価格!

詳細・申込→ http://kokucheese.com/event/index/504023/

※お申込みは下記まで

==========================
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 10:01| Comment(0) | 言霊の華

2018年02月14日

言霊の華 第四六七号

『国家があってこそ我らがある  〜「お蔭さまで」を取り戻そう〜 』 


「 駄々を捏(こ)ねていてはならないのです。」と言いたいのは、世間一般の幼児の振る舞いなどについてではありません。いい歳をした、しかも国民を代表して選ばれた国会議員の意識、見識、感覚、行為、姿勢の甘さに対してです。


我々現代日本は、「誰のお蔭で」「何のお蔭で」がスッポリ抜け落ちているのです。したがって、物事を立体的に捉えようとはせず、自分たちの権利や自由を主張するばかりの薄っぺらな平面的人間観や人生観のオンパレードになるのです。


日本国は既に神話世界に誕生し、現世に於いては神武天皇が建国を宣言されてから皇紀二千七百年近くまで存続しております。その間一度も外国に侵略され植民地にされたことはありません。


神々はいつも寄り集い、語り合い、笑い合い、和気藹々(わきあいあい)としております。即ち高天原世界は大歓喜に包まれており、その現(映)し世であるこの御代(世)は大和楽となるのです。


一神教の欧米や諸外国では、神は決して笑い(和来)ません。その国や、民族、世界を動かしているものは神話構造そのものです。世界は一神教の神とサタンとの善悪闘争に明け暮れて来ました。


中国大陸や半島であっても、王朝転覆とそれに伴う大虐殺(皆殺)の連続でした。日本には大虐殺や植民地、奴隷制支配の歴史は全くありません。世界で一番穏やかな国と言っても過言ではないのです。


民のことを天皇(スメラミコト・オオキミ)は大御宝(オオミタカラ)と言って、我が子の如く大切に考え、思い続け、祈り続けて来られました。君民一体です。天皇、皇室は常に祭祀、祈りの中心であり、国の霊性、魂の中心であり続けました。


天皇陛下御自ら執り行われる宮中祭祀は、年三〇回を超えます。陛下自ら古式装束を身に纏(まと)い行われます。日本神話が日本を在(有)らしめてやまないのです。文化、伝統、精神を形づくってきたものとは神話です。


お伊勢があり、出雲があり、全国に十万社に及ぶ神社が存在し、春、秋の大祭が行われ、月次(つきなみ)祭、歳旦祭、大祓、新嘗祭なども入れたら、毎日毎日が祈りと禊祓いの連続です。これが日本の底力であり、「永遠の日本」の根拠であり、証しです。


日本神話のお蔭です。そしてそれを体現されている天皇と皇室のお蔭なのです。それに因って国家があります。その国家があるから、それも不安定で貧しい国家ではなく自由を満喫し餓死者もいない、学校教育も受(享)けられる国家があるからこそ、私たちは安心してより一層進歩、発展を成し遂げられるのです。


その国家がこの先、いかに自主独立主権を守り、生き延びることができるか。為政者たちである国会議員は、先ずその氣概が第一でなければなりません。


憲法改正の九条の二項がどうのこうのと言う前に、本当に日本を守る氣があるのかないのかを問いたい。自衛隊が憲法違反であると言うのなら、「憲法学者よ、野党議員よ、自衛隊を本当に失くしていいのか。」と問いたい。


日本を他国の脅威から守りたいのなら、守るための軍隊の保持、充実、法の整備など、ごく当り前のことなのに、何故、幼稚なことを言い続け、駄々を捏ね続けているのか。


いつまでも甘え続け、依存症の病的姿を見せ続ける日本。先人たちに本当に申し訳ない思いでいっぱいです。

〇〇のお蔭、これをもう一度原点にして、国家のことを考えてみる必要があるのです。


合掌 かむながらありがとうございます

菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】参加者募集中!
--------------------------

★なでしこオピニオンの会★

 赤尾由美出版記念講演会
 『我が伯父・赤尾敏』

日時:2月19日(月)18:30〜20:30

会場:神楽坂セミナールーム
   東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
   (東西線「神楽坂駅」出口1から徒歩1分)

セミナー参加費:
【事前振込】一般 3,000円 / 美し国会員:2,000円

【当日受付】一般 4,000円 / 美し国会員:3,000円

懇親会:6,000円。限定20名。要予約。

●下記サイトからお申込みください。ご入金をもって申込完了となります。

http://kokucheese.com/event/index/500244/

--------------------------

【伊勢研修】
3月21日(水・春分の日)
三重県 伊勢神宮の参拝と禊

★3月2日振込までは特別価格!

詳細・申込→ http://kokucheese.com/event/index/504023/

※お申込みは下記まで

==========================
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 13:27| Comment(0) | 言霊の華