2018年06月15日

言霊の華 第四八三号

『傲慢な文明(人間)は滅びる(その一)』                  


宝塚歌劇団や阪急グループを創設した小林一三翁が地方出張に行った折の話です。近くの温泉宿に、関西で成功を遂げた親しい経営者夫婦が長期滞在しているとのこと。それを知った小林一三翁は早速連絡を取って、その宿を訪ねました。


成功者として有名な企業家のことだから、さぞかし立派な旅館だと思って訪ねたところ、何とそれはみすぼらしい古い安宿を思わせるような旅館でした。仲居さんに案内され通された夫婦の宿泊しているその部屋は薄暗く粗末なものです。


驚いた小林一三は尋ねました。「貴方程のような成功を収めた方が何故、このような質素な宿にお泊りになっているのか」と。


その事業家曰(いわ)く「私どもは今日迄、大変に人様のお力や、神仏のお力を頂き、あまりにも運が良かったとしか思えません。このように一年に一回、夫婦で質素な宿に長期泊り、自らの心の垢を取り除き、御恩に感謝し、お互い自らを見つめ直しているのです」。小林一三翁は深い感銘を受けたと述懐しています。


成功や順調、幸せの絶頂に居る時、忘れがちになっているのが「御恩」と「感謝」です。当り前と思っている日常の中に身を置いていると、自分を見失いがちになるものです。


そこで人間は人生に付きものの「喪失感」を天から与えられます。失った時、有(在)ることに氣づくためなのです。「失う時は得(う)る時」。病氣をするのは健康のありがたさを知るためです。貧乏するのもお金や、人の親切、人情の大切さを知るためです。


子どもの悩みを抱えている親は子どものいない夫婦にとって贅沢な悩みに聞こえます。夫がいる、妻がいる、子どもがいる。それは当り前なのではありません。「いる」のではなく「いてくれている」のです。「会社が有(在)るのではなく、会社が有(在)ってくれている」が正しいのです。


私の倅(せがれ)がまだ幼い頃から「生まれて来てくれてありがとう」と言い続けています。その時、息子は嬉しそうににっこりと笑います。家族だけでなく、会社の社員たちも会のメンバーの方々も共同体の一員に対しても「生まれて来てくれてありがとう」と心の中で呟き、合掌するのです。


私は禊(みそぎ)をさせて頂いております。禊は思いっきりの、最大の「下坐行」と心得、禊をしながら家族のこと、会社のこと、会(美し国、なでしこオピニオン、菅家廊下)のこと、日本、世界の光明化、天皇、皇后両陛下、御皇室の弥榮、そして自らの反省をし、亡くなった会の方々の鎮魂供養を祈り続けております。


禊はその瞬間一度死んでいると位置付け、新たに生まれ変わる儀式と捉えます。禊を通して全てが観えてきます。


合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

後半は、次号につづきます。

--------------------------
【ご案内】
--------------------------

★なでしこオピニオンの会★

『イチから分かる!本当の憲法のはなし』

講師:倉山満先生(憲政史研究者)
   杉田水脈先生(衆議院議員)

日時:7月9日(月) 18:30〜20:30 (受付18:00〜)

会場:神楽坂セミナールーム (東西線「神楽坂駅」1出口より徒歩1分)
    東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階

参加費:【事前振込】

セミナー:一般 3,000円 / 美し国会員:2,000円

懇親会:6,000円。限定20名。要予約。

お申込みは下記サイトより受け付けております。
https://kokucheese.com/event/index/518089/

締切:7月2日(月)

【当日受付】一般 4,000円 / 美し国会員:3,000円


posted by 事務局 at 10:24| Comment(0) | 言霊の華

2018年06月07日

言霊の華 第四八二号

『「真剣に生きる」そこに叡智と勇氣が訪れる』

昔の人は生きることに真剣でした。現在(いま)のような豊かな社会ではなく、社会福祉も当然充実などしていません。家族は大家族で兄弟姉妹も五人も六人もあたりまえでした。貧しさの中で兄弟同士思いやりを持ち、助け合って生きていったのです。


「思いやり」「分かち合い」「家の掃除や買い物(おつかい)、台所、家業の手伝い」。「兄や姉のお下がり」の時ほど悲しい、切ないことはありませんでした。皆、ピカピカのランドセルなのにどうして僕だけがと不幸のドン底になったものです。


クラスには弁当を持ってこられず、皆から少しずつ分けてもらっていた同級生が何人かおりました。猛者の一人に、ズボンのベルトが買えず、縄をベルト替りに巻いていたのがおりました。私は厳冬の北海道で、学生服だけでマフラーもせず、手袋と言えば軍手一本で過ごしていたら、仲間たちはそれがカッコいいと真似をし始めました。


皆、貧しいながらも生きることに真剣だったと記憶しています。生きることに真剣だと、そこに知恵が生まれ、勇氣が生まれ、愛が生まれます。


二足歩行が人間の機能として備わっているため、一歳児や二歳児は大ハシャギでよちよち歩きをします。野の獣たちは大地の空間を走り抜ける。鳥たちは空を自由に飛び交う。備わっている機能を発揮した時、鋭い悦びが生じます。それは、自己実現を伴うからです。


自己実現とは魂の願いであります。そのためにも人間に備わった機能を思いっきり使う必要があるのです。それにこの機能を使えば使うほど機能は高まって行き、黙って放っておくと機能はみるみるうちに衰えて行きます。


生きることに真剣であることは生きるための生命力が増大し、叡智が生まれ、チャンスが訪れます。


ニュージーランドの飛べない鳥「キーウィ」をご存知ですか。今から8,500万年以上も前の太古の時代、島が他の陸地と完全に隔離されてしまったため、敵がいなくなりました。そのため喰われる心配がないので飛ぶ必要もなくなり、羽が退化して行ったのです。


ところが近年になって白人が現われ犬や猫、その他、色々な動物たちが入ってくるようになり、キーウィはいとも簡単に喰われてしまい、絶滅寸前まで行きました。日本は現在、生きる真剣さを失っております。こういう時、狡猾で悪の論理で動く外国勢力に喰われてしまうのです。いとも簡単に。


国を愛する、他者のために生きる。立派な誇りある日本人を育てる。先人たち、英霊たちの鎮魂慰霊を国家、国民挙げて行う。とくに国防意識が希薄になることは危険すぎます。ニュージーランドの国鳥「キーウィ」状態を招くのは必至です。


日本人には日本人としての「機能快」が備わっているのです。それを教えず、使わなかったらその機能はやがて死に、日本は滅亡するでしょう。


日本が日本であるため、日本人が日本人であるため、日本をし続けなければならないのです。


合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】
--------------------------

★なでしこオピニオンの会★

『国際左翼の近況とディベートのメソッド』

深田萌絵×はすみとしこトークショー

【日時】6月11日(月)18:30〜20:30

【会場】神楽坂セミナールーム
    東京都新宿区神楽坂6-42  神楽坂喜多川ビル5階
    (メトロ東西線「神楽坂駅」出口1からすぐ)

【事前振込】一般 3,000円 /  美し国会員:2,000円

【当日受付】一般 4,000円 /  美し国会員:3,000円

懇親会:6,000円(別途)。限定20名。要予約。

申込先→
https://kokucheese.com/event/index/515393/


posted by 事務局 at 11:53| Comment(0) | 言霊の華

2018年05月31日

言霊の華 第四八一号

『生命(いのち)を捉える永遠の今』

人は何故、「美しい」を感じるのでしょう。「美しい」の感じ方は人それぞれ違います。私が「美しい」と感じたものを誰しも「美しい」と感じる訳ではありません。

名前を忘れましたが一昔前「石ころ」ばかりを描いていた画家がおり、個展が開かれていました。当初、「何が良くて石ころばかりを描いているのだろう」と思っておりました。

会場を一巡して帰ろうと思いましたが、もう一回、見学して少しでも納得しようと、今度は少々本氣で観(み)続けたのです。


私は若き時「明恵上人(みょうえしょうにん、鎌倉初期頃の高僧、華厳宗の中興の祖)」に魅かれ、強い憧れを抱いていたのです。明恵上人の対象に対する「命」の捉え方が凄まじいのです。

合掌一つにしても明恵上人のそれは半端(はんぱ)ではありません。本当にそこに仏(神)を観るのです。

その明恵上人が道端に転がっている石ころに合掌し、その石ころにおむつをしてあげたいと思ったと言います。そのことが頭の中にあった私は、石ころの絵に何か尊いものを感じたかったのです。

真剣に見て回っているうちに段々と絵の方から私に囁き、語りかけてくる「何か」を感じたのです。


一見、無機質のような「石」の中に生命が躍動している。その石の生命の「永遠の今」を捉えた絵。それは竹内栖鳳(せいほう)の三個の茄子の絵もそうです。

三個の茄子など八百屋で買えば1個が三十円〜五十円の世界です。しかし竹内栖鳳の三個の茄子の絵は何百万とするでしょう。

それは何故か。過去、現在、未来へと流れる時間、その瞬間の「永遠の今」を捉えたからです。それは決して朽ちたり腐敗したりなどしません。「永遠の輝き」というオーラを放っているのです。

それが生命であり魂なのです。それを捉えられる人が「美しい」が解る人なのです。



私が何故、西郷さんや良寛さま、明恵上人、昭和陛下のことを心から尊敬し慕っているのかと言えば、それは「美しい」からです。

偉人たちに共通して言えることは「弁解せず」です。従容(しょうよう)として運命、天命に身を委ね、潔く生き、死ぬ。これはとっても美しく、カッコいいと思ってしまうのです。

宇宙は愛から始まった。宇宙大中心の神は愛です。これを「大御心(おおみこころ)」と言います。従って、「美」とは、「美の出発」とは「大御心」から生まれ、始まったのです。

大宇宙の大御心に適う行為こそが美しいと言えるでしょう。日本国天皇は、この大御心の体現者として存在します。


私は国家を救おうとして生命を散華して逝った偉人、先人、英霊たちを限りなく美しいと感じてしまうのです。とくに特攻隊の英霊たちに神を観るのです。

私にとって日本国は最高で最大に美しい。天皇陛下もご皇室も至高であり至宝なのです。この美しい日本に私も生命を捧げたい。

反日、左翼の人々はきっとこの「美しい」が「「醜い」としか観えないのです。
この「美しい」が解った時こそ、本当の日の本の民に帰ることでしょう。

合掌 かむながらありがとうございます  

菅家 一比古

--------------------------
【ご案内】
--------------------------

◆名古屋 菅家廊下 特別公開講座◆

『日本人のバックボーンと商人道−近代日本を築き上げた明治の勘・骨・肚−』

日程:6月5日(火)18:30〜
会場:オルクドールサロン
   (大名古屋ビルヂング33階)

受講料:セミナー 3,000円
    懇親会 4,000円(希望者・豚金名古屋本店)

申込:美し国事務局まで(締切:6月1日)

---------------------------

★なでしこオピニオンの会★

『国際左翼の近況とディベートのメソッド』

深田萌絵×はすみとしこトークショー

【日時】6月11日(月)18:30〜20:30

【会場】神楽坂セミナールーム
    東京都新宿区神楽坂6-42  神楽坂喜多川ビル5階
    (メトロ東西線「神楽坂駅」出口1からすぐ)

【事前振込】一般 3,000円 /  美し国会員:2,000円

【当日受付】一般 4,000円 /  美し国会員:3,000円

懇親会:6,000円(別途)。限定20名。要予約。

申込先→
https://kokucheese.com/event/index/515393/

==========================
【美し国 事務局】
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 喜多川ビル5階
TEL:03-5227-1778
FAX:03-5227-1772
mail@umashikuni.co.jp
http://www.umashikuni.co.jp

posted by 事務局 at 10:19| Comment(0) | 言霊の華